2017年03月09日

オリエンテーションズの「追悼」欄

  香港の英文 古美術雑誌  オリエンテーションズの最新号(vol.48 No.2 March/April 2017)が来た。いつも真っ先に読むのは目次、 巻末のニュースと「追悼」欄である。

今回は、久しぶりに考えさせられた2つの追悼記事がのっていた。

一つは、ディズニーの「バンビ」を描いた チャイナ系米国人 Tyrus Wong(1910-2016dec) が106歳で逝去されたという記事である。
今や中国資本が経営するニューヨークタイムズにも訃報がのっていた

 106歳!!! キッシンジャー(93歳で活躍中)にしても、デヴィッド=ロックフェラー(>101歳以上 存命)にしても、米国のセレブ(あるいは国際的セレブ)の長命はすごいですね。なんか深い隠微な裏を感じますね。

  ディズニーの絵には、好きでないところや違和感があり、現在アニメDVDでみているのは「ファンタジア」だけである。
 そうか、「バンビ」はチャイニーズのセンスだったのか、、


 もう一つは エドワード=チューのチキンカップを1999年に買ったスイスのコレクター・実業家 Dr. John Rudolph Stephen Zuellig(1917-2017Jan)   この人も99歳100歳である!!。スイス人だが、植民地フィリッピン生まれ(コロニアル?)で、実業家としてはどちらかというとフィリッピンで活動した人のようである。

  この人と、このチキン=カップについても、いうべきことは多そうだ。

  フランスのシラク大統領も観に行ったとかいうMeyinntang Collectionという中国陶磁コレクションは、この人と親族の収集のようであるし。

 普段は表に出ない欧米の富豪の顔が、チラとみえるところが、こういう「追悼記事」「お悔やみ記事」の面白さでもある。



posted by 山科玲児 at 08:14| Comment(0) | 日記