2017年03月12日

デヴィッド卿の チキンカップ

Chicken Cup David.jpg Percival_David_Collection_A749_Kangsi Mark.jpg

    チキンカップは、有名でムチャクチャに高価なので、特に偽物 コピーが多いので有名である。



の両方をもっていた収集家 デヴィッド卿は、訪問客にこの2つをみせて鑑定させるのが癖だったそうだ。客が判断したあと、卿はカップを裏返して底の銘をみせる「大明成化年製」「大清康煕年製」と入っているので一目瞭然、テストされた専門の学者や古美術商はさぞかし焦っただろうなあ。普通の客なら笑ってすませて終わりだろうが、学者や古美術商ならそうはいかないだろう。
 ちなみに、ロンドン ラッセル街の古いデヴィッドファウンデーションのギャラリー(今はない、大英博物館にうつってしまった)で2つをみたことがあるが、判別はつかなかった。それほど真に迫っていた。触らないと重さを感じないとわからないのかもしれない。

 故:デヴィッド卿夫人 レディ=デヴィッドは1980年代のころの古美術商には「魔法使いのお婆さん」という印象をもたれていた人ですが、このテストにはパスしたのかな?

 デヴィッド卿は、西太后が銀行に担保にいれて、質流れになってしまった陶磁器群を買っているから、チキンカップもそのなかに入っていたのかもしれない。このとき銀行頭取の汚い妨害があったという話は、レディー ダヴィッドの回想に記されている。

 実はこのチキンカップ、1980年に東京、京都、名古屋で公開展示されているんですよねー(下のカタログNo.68)。私はこのときは観ていないですけれどね。主催者に日経新聞が入っているんですがこのころは日経はまともだったな。今は文化部は朝日よりずっと低級です。ちなみに、1998−9の東京・大阪・福島で開催されたデヴィッドファウンデーション展ではチキンカップは展示されておりませんでした。

david  foundation 1980.JPG
posted by 山科玲児 at 13:01| Comment(0) | 日記

2003年秋 台北 成化陶磁器を観る

成化ジ器 特展.JPG


チキンカップのことを書いたので2003年秋に台北国立故宮博物院でどっさりみたことを思い出しました。

このときは、成化瓷器 特展(そのカタログのイメージ) というのがあったので、勇んで台北へいったのですが、2つのことに驚嘆しました。
  ・ 展示のすばらしさ
  ・ 観客の少なさ
 観客が少なかったので思う存分鑑賞できたのは良かったので、、そのときの記録をあげておきます。
 カタログは、本当に「図録」で解説が少なかったのですが、裏事情があったようです。

ーーーーー  記    ーーーーーー
2003年10月3日4日
成化名磁特別展
  明の成化年間の官窯陶磁器は、残っているものが少なく、当然、異常なくらい高価です。特に最初の多彩色色絵磁器である闘彩は、億を超します。
なかでも有名なのが、鶏を描いた小さな盃で、チキンカップと欧米ではいわれていますが、
どんな大きな美術館にも1点あればいいほうです。
  この台北の特別展(−11/2)では、同時に5点も無造作にならべてありましたので仰天しました。
他の色絵も、日本の展覧会なら、ありがたそうに1点だけケースにはいっているのが普通です。デヴィッドコレクションに1点あるだけ と某先生が書いた皿が3点もありました。価格がわかるだけに数十億の札束をみてるような感じもしました。
なお、日本には、染付けを含めても10点ぐらいしかないでしょう。

12時
驚くべきことだ。
 チキンカップが5個もそろいで並んでいて、その一つは裏返して高台をみせている。実は6個あるのだが、そのうちの1個はあきらかにそろいではない。ユウの色が違うし形も微妙に違う。1個が偽か5個が偽かと考えるべきだが、普通の美術館では5個が偽になるのだが、ここでは真逆のような気がする。さらに、デヴィッドに1個しかないということになっている如意宝皿が3個もある。これは揃い。世界に完全なものは、ここ故宮に1個のみであろうと思っていた脱胎暗花竜紋小盃が2個もあり、無款ながらそれにせまるものが更に1個ある。これは少し曲線が違うが清朝よりは古いだろう。ああいやになる。
それにしても客がいないのは不思議だ。金曜とはいえ時には私一人になった。世界の中国陶磁器愛好家はなにをしているのだろう。
10・4  成化 展示
チキンカップが6点も展示されていた。ただ、1点は少し異なる、他の5点はほとんど揃いである。違うのが、拡大鏡が添えてあるのが皮肉である。もっと変なのが団花紋盃で、拡大鏡がついているのは、「万暦」とされている。どうも拡大鏡がふれると危険というおそれがあって、近づけてないのかもしれない。実際、奥のケースにはいっているものは、市場価格100億を軽く越える。骨董屋らしい人がガラスをとんとんと叩いていたのは不気味だった。
高足盃も同じ手が2点あるものは一方をひっくりかえしてある。
2つ以上もっていなければできない芸当である。
ただ、2つが本当に同じ手ななのかちょっと、疑問に思った。確かに成化は20年以上あるし、出光で開催された「皇帝の陶磁器」展でみた景徳鎮出土陶片をみても、2種類の生地があるようだ。ややクリーム色がかったものと、青色がかったものである。
嘉靖、万暦の類品も展示しており、ちょっと違うなと思ったら、それらのものか、「成化款」である。ただ、「成化款」のなかでも っっXについては、そうとういいものだと思った。また点彩 の成化 のものがみあたらなかったのは不思議に思った。嘉靖のものがあり、むしろ嘉靖のほうが点彩は盛んだったのかもしれない。
あきれたことに、あれだけ多量に出しているのに、常設展にも成化のものをちゃんと出しているのである。「茶具」展に1、宋元明清陶磁展示に4である。どうりで、特別展示のほうに、やや高足盃が少ないとおもったら、常設のほうに1点あった。また、茶道具展にも成化の小盃が1点あった。


 
posted by 山科玲児 at 10:18| Comment(0) | 日記

マドリードでタラを食べる

LHARDY madrid.jpg

イメージはレストランラルディを中心にしたマドリードの繁華街の街角
ーー


 
現地ツアー旅行社もやってる「スペインの扉」
さんが、マドリードのタラ(鱈)の揚げ物・コロッケの気軽な/老舗

をご紹介されています。
ううん、マドリード滞在中に、ここに一度いっとくべきだったかなあ?

ただ、外国人が安易に注文できるか?という問題も感じました。

スペインのタラはガチガチの干物を戻して料理するものらしいのですが、戻すのに手間と時間とノウハウがいるので

同様にタラを食べてるポルトガルでは、「タラをもどせるようになれば、一人前の主婦」ということになっているようです。

日本では「甘塩タラ」を代用するのがベストのようですが、本格的な「戻したタラ」料理はスペイン・ポルトガルでないと食べられないでしょう。

私は、老舗ラルディのディナーのスターターに出た タラのコロッケの旨さには驚きましたので、一応ベストのものを体験しているんですが、3個ぐらいだからなあ。 タラをいやというほど食べたというわけではないわけです。
 同じ魚の揚げ物でもロンドンのフィッシュアンドチップスとは「月とすっぽん」「天地別なり」でしょうから、比較の意味でもかなり期待がもてます。もっともロンドンの英国料理は自分で味をつけて食べるものだそうで、料理の枠組み食べ方自体が違う、悪口いうな、という声もありましょうが、それって料理といえるのか?と当方は思っております。ロンドンでフィッシュアンドチップスは一度体験してこりごりしたので。


posted by 山科玲児 at 09:24| Comment(0) | 日記