2017年04月19日

鄭文公碑

鄭文公下碑.JPG



 北魏の鄭道昭が書いて磨崖というか大きな石に刻した鄭文公碑(下碑)は19世紀以降、包世臣が絶賛したせいもあり、人気が高い。そのためか偽物の拓本も多いようである。なんでもレンガに全部彫ったのが某所にあるそうで、その荒れた表面の感じがいかにも風雨に摩滅した古碑の感じになっているそうである。また、この大きな磨崖を大きな石に全部そっくりに彫ったというものもあるそうで、その努力には呆れるばかりだ。拓本によっては墨が非常に濃くて石面の感じもわからず、字の線にも墨が入ってしまっているようなものがある。そういう拓本では真贋はなかなかわからないし、また鑑賞価値も低いと思う。
 1990年ごろでは、拓本を二册の折り本にしたてたものの完本(一応 本物)が10万〜20万円ぐらいだったように記憶している。龍門二十品のセットがやはり二十万円くらいだった。

 イメージは、前にも出した一冊だけの端本の一部だが、これはたぶん本物だと思っている。もっとも最初みたときは表紙など廃墟のように傷んでいた端本なので買ったときも安かったし、現在でも高いものではないだろうが、まあ個人的には良いものなので修理して愛蔵している。

 もともと、非常に多数の拓本があるものなので、そう珍しいものでもないはずだが、人気があるので偽物も多いということだろうか。
  有名な旧拓本としては、比田井南谷 旧蔵本、中村不折旧蔵本、松井如流旧蔵の全套本などなど、とにかく数は多いので、まともなものを観るのに困るということはない。それなのに、ずいぶん変なものを使っていることがあるのは不思議なことである。
posted by 山科玲児 at 08:10| Comment(0) | 日記

2017年04月18日

ラーマーヤナのマンガ版がほしい


ラーマーヤナ.JPG


今回、タイやインドネシアのことを思い返して、再度思っているのは、
ラーマーヤナの日本のマンガ版がないものだろうか、というこだ。
翻訳というか初心者向け抄訳物語本(ラムのシェークスピア物語みたいな)ものとしては、


ラーマーヤナ―インド古典物語 (上) (レグルス文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4476010016
がある(イメージは旧版)。
しかし、マンガによる導入があればずいぶん理解が早いだろう。インドにもマンガはあるだろうが、インドのマンガはちょっと日本人には親しみにくい。アメコミに近いところがある。

  まんがで読破シリーズがずいぶんあるようで、
神曲、資本論、フロイト、わが闘争、カラマーゾフ、古事記、ケインズの雇用・利子および貨幣の一般理論、クラウゼビッツまであるようなので、
出版社にも希望を出しておいた。

posted by 山科玲児 at 09:00| Comment(0) | 日記

博多のパン:ポールがあった

PAUL PAiN.JPG



博多でパンを買うとき、昔はパルコの神戸屋でハードパン買っていたのだが、最近は神戸屋にヨーロッパ風のハードパンがなくなったようなので、困っていた。

先週、天神三越の地下でポールをみつけた。
PAUL 福岡  天神 三越地下
http://www.pasconet.co.jp/paul/shop16.html

 ここは、かなりずっしりしたカンパーニュやセーグルパンを出しているので、ようやくこれでOK

ポール自体はフランスのリール発祥のパン屋で世界展開しているようである。
PAUL 1889
http://www.paul.fr/fr/

長崎だとマルコポーロ
http://umakamon.area9.jp/article/0168308.html
長崎で、意外にいいのが、ポンパドゥル
http://www.pompadour.co.jp/topics/shop/nagasakihamaya
posted by 山科玲児 at 05:57| Comment(0) | 日記

2017年04月17日

マンクヌガラン王宮のガムランと舞踊


Mangnugaran_7059.JPG


4月14日に、書いた

のなかで触れた

インドネシア、ジャワのソロにある
マンクヌガラン王宮のガムランと舞踊 の動画を紹介します。

 Gambyong Langenkusuma (Pangkur) at Mangkunegaran Palace, Sabtu Ponan May 4, 2013 

  https://www.youtube.com/watch?v=ZUVmu95t-Bg

当方は、東京などで、何度か公演を観ておりますが、当然その都度演者は違っています。
しかしながら、その都度、深遠な音楽と優雅な舞踊を味わうことができました。

イメージは、マンクヌガラン王宮のガムラン演奏を収録した優れたCDです。キングレコード,
posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(0) | 日記

2017年04月16日

タイの古典舞踊と音楽 動画と東京公演

タイ古典舞踊 sheet 2017ss.jpg

4月14日に、

というのを書きましたが、

この公演の雰囲気に多少近いのが、
このインドでの公演ですね。

このインド公演より太宰府の公演のほうが良かったと思います。

 他の動画でワシントンDCのタイ大使館での公演があったのですが、
あまりに素朴な民族舞踏で、米国人ばかにされてるなああ、、と思ったものでした。

 
東京での公演は7月4日 
     タイ芸術局舞踊団来日特別公演「煌めきのタイ〜古典舞踊と音楽の世界」
平成館 大講堂  2017年7月4日(火)   (1)11:00〜12:00、 (2)14:00〜15:00    
380名(先着順)
        
同じプログラムを1日に2回やるようですね。ただ、太宰府のものより30分短いので、ちょっと不安な感じがあります。ラーマーヤナが入っていれば是非みるべきでしょう。

 >無料(本展観覧券が必要。半券でも可、その場合別途入館料が必要)
と書いてあるので、、タイ展に入らないと鑑賞できないようなんですかねえ?、注意。結構 東京国立博物館も商売上手ですね。

  たぶん、、お薦めです。


posted by 山科玲児 at 09:58| Comment(0) | 日記

センスの良いCM


  ラーメン屋や親戚の家などでTVを観る機会が最近ありましたがCMの質が低いと感じました。
  ネット動画のCMが必ずしも良いとは思いませんが、
太田漢方胃腸薬2
https://youtu.be/lcPwSEyxJW0

 みたいなものもあるからね。
posted by 山科玲児 at 09:41| Comment(0) | 日記

2017年04月15日

戦争・大災害と文化

 東日本大震災と福島原発事故の大惨事があったあと、独自性の高いボーカロイドのクラシックカバー演奏が急に失速し激減したのをよく覚えている。

 やはり、文化は平和と潤沢のなかで生成されるものだと思った。例え、戦争を描く小説でも現実の執筆は塹壕やトーチカの中で書かれたわけではない。ヘミングウェイにしてもスペイン内戦小説をキューバで執筆していたのだ。例外はプロパガンタ書というべき神皇正統記を戦争中に書いた北畠親房卿、藤田嗣治の戦争画ぐらいではないか。藤田の場合も戦場にいって描いたわけではない。戦争が文化文明を発達させるのなら、30年戦争をやったドイツは30年戦争後最高の文明国文化の国になったはずである。
事実は、荒廃し欧州の後進国になって呻吟した。

戦争の影が深くなっている現時点で、たまに、「文明は戦争によって発展する」とか「文明の高いほうが勝利する」とかいうようなプロパガンタを言う学者もいるだろうから、あえて言っておきます。

未確認原爆投下指令―フェイル・セイフ (創元SF文庫」にもそういう学者がでてましたので、そういう謬論は、論駁しておきたい。

 


posted by 山科玲児 at 08:56| Comment(0) | 日記

2017年04月14日

タイの古典舞踊と音楽


 九州国立博物館のホールで4月11日に開催された、「タイの古典舞踊と音楽」
という催しを最前列 かぶりつきで鑑賞することができました。タイ文科省芸術局による公演です。

 とても良い経験で刺激になりました。
 タイの古典舞踏と音楽について、全くイメージがなかったのですが、なんとなくイメージをつくることができたようです。
 さて、女性の舞などもあったのですが、男性中心のラーマーヤナの一場が特に印象的でした。歌舞伎的な型と振り付け、無言で動作だけで物語を表す舞踏劇ですが、豪華絢爛、妖美なところもあり、とても刺激を受けました。また、タイ カンボジアなどの人々が黄金の装飾品を好み上手にまとうことができるのはなぜかということが直感できました。
 また、女性の舞や少数民族?北部?の踊りなどもありましたがファッションセンスが面白く、世界のファッションの幅というのはまだまだ広い、欧米や日本のファッションデザインはまだまだ狭い範囲で変化をもとめているだけかもしれないと思ったものです。

  適当な動画をみつけられなかったので、まだ紹介できないのは残念です。みつけたら紹介します。

  音楽については、舞踏にはとてもよくあった音楽だと思います。音楽単独としては、ジャワのスラカルタ (ソロ) マンクヌガランの音楽のような深遠さはないので、独立した鑑賞には耐えられないかもしれません。逆にジャワのラーマーヤナ上演は、タイのものほど充実してはいなかったようにおもいました。 一方、女性の舞についてはジャワのほうがより縹渺とした感じがあります。これは音楽の差でしょうね。ただ、タイのもののほうが、より「若い」「逞しい」「積極的」な感じがありました。

 実のところ、当方のねらいは、「タイ古典舞踊と音楽」 テーマでの一番正統な真っ正面の奇をてらわない変格でないものを観る絶好のチャンスだと思ったからです。また、タイ文科省芸術局のスタッフによる上演ということなので、標準以上のレベルが高い演者だと期待できます。
  なぜかというと、現代の意欲的な劇団の場合、つい新味を出して独創的になろうとするので、古典や正統からはずれてしまう。ところが私のような日本人外国人の観客のほとんどは正統や古典そのものを知らないので、変格の面白味自体がわからず、ひどいときには西洋や日本におもねった折衷的な駄作にしかみえないことになる。

   したがって、無知な外国人としては、まずタイの正統・古典をダイジェストでもいいのでわずかでもみせてほしいとおもいます。 演者にとっては、平凡で因習的でありきたりかもしれないが、私のような心得のない外国人にとっては、そのほうがエキゾティックであり目が開かれるものがある。タイ文科省芸術局なら、そういうプログラムでやってくれそうだ、と期待していきました。

 このような機会が多いとはおもえません。東京 国立博物館 平成館ホールでも2回公演があるそうなので推薦します。


posted by 山科玲児 at 09:46| Comment(0) | 日記

2017年04月13日

九州国立博物館のタイ古美術展 続


  展示品の中で,意外なほど青銅像、青銅のものが多かったのに驚きました。
一般には、アンコールのものなどは石像が多いのが普通でしたから。それに青銅のものは腐食があって取り扱いにより注意を要するので、貸し出しに消極的になるでしょうに、今回多量に貸し出していただいたタイの方々に感謝したい。

33 ナーガ上の仏陀坐像スラートターニー県チャイヤー郡ワット・ウィアン伝来シュリーヴィジャヤ様式12世紀末〜
 がまず印象的でした。大きな青銅像です。光背+座のナーガはアンコール風なのに、尊像はどちらかというとタイに近い面長の顔、すらりとした身体で、不思議なものでした、補修はあるのかもしれませんが保存はずいぶん良いようにみえます。


17 仏陀説法図頂板ナコーンパトム県ナコーンチャイシー郡ワット・サイ遺跡出土ドヴァーラヴァティー時代7〜8世紀プラパトムチェーディー国立博物館

は、大きな石なんですが、ユーモアを感じる 異風な作風で、クメール風でもタイ風でもないものを感じます。
総じてドヴァーラヴァティー時代のものはそういう感じがありますね。

一方、クメール風が濃いものもありますが、微妙に違うものを感じます。
37 菩薩立像ブリーラム県ラムプライマート郡ファーイ町プレ・アンコール時代8世紀バンコク国立博物館
38 菩薩頭部ナコーンラーチャシーマー県ノーンスーン郡タノート村プレ・アンコール時代8〜9世紀バンコク国立博物館

純粋にクメール風なのはジャヤバルマン7世肖像風のこれ、
43 観音菩薩立像カンチャナブリー県ムアンシン遺跡出土アンコール時代12世紀末〜13世紀初バンコク国立博物館

  現在のタイの東部はクメールの版図だったのですから、当たり前といえば当たり前です。ただ、タイ政府の意図か意識的にクメール風の美術品を避けて貸し出しているのではないか?と疑いたくなりました。

スコターイ時代のものでは陶磁器の大きなマカラ
60 マカラ像カムペーンペット県ワット・コーンチャイ遺跡出土スコータイ時代15世紀カムペーンペット国立博物館
が印象的でしたし。
下記三点の小さな陶磁器は基準作としてありがたいものでした。ただ、もっとあとのスワンカーロクなんかが展示されていなかったのは残念です。
61 白褐釉刻花瑞鳥唐草文水注
62 鉄絵唐草文水注
63 緑釉蓋付壺

スコターイ時代のものは
51 舎利塔
  をみても錆の具合など前時代と全く違うのがわかります。

また、
57 仏足跡には、細かい線刻があるのですが、みすごさないように、、そうはいってもみにくいので、私も全部は到底鑑賞できませんでした。

  そのあと、アユタヤー時代ですが、
日本人町の頭領が日本に出した手紙の紙が和紙だったのには驚き。和紙をタイまでもってきていたんだ。。。
また、当時の壁画の模写に、日本の僧兵(延暦寺とか、、)が傭兵として参加しているのがあってびっくりです。
まずはこのへんで。。

posted by 山科玲児 at 08:05| Comment(0) | 日記

2017年04月12日

九州国立博物館のタイ古美術展



太宰府の 九州国立博物館のタイ古美術展にいってきました。実は初日には「タイ古典舞踊イベント」があるので無理して休みをとって高速バスで博多までいったわけです。
古典舞踏・音楽の独自性も堪能できましたが、むしろ刺激的だったのは、古代からのタイ美術を私が知らなかったと痛感したことですね。インドシナ半島の中心であり、東南アジアのど真ん中、タイカレーは食べているし、知っているつもりのタイについて無知であったということを知りました。デルフォイの神託みたいですが、こういう経験はありがたいものです。
  どうも、タイの古美術というのは十四世紀スコターイ時代から一変しているようです。それ以前とは別の国別の民族のようですね。そしてスコターイから現在まで、あまりセンスは変わりません。これが私が「タイの様式」「タイの図像」となんとなく触れてきたものに近いものです。この激変はローマ帝国と西ゴート以上に大きい。それも、形だけではなく、青銅の銅質、石材の選び方まで違うのではないか、と思わせて技術的流派まで変わっているようです。

 そして、現在の中華人民共和国南部からタイ族が南下したということになっているようですが、ヴェトナムと違って中華文明の影響を全く感じません。どちらかというとインド圏ですね。勿論華僑の影響でいろいろ入ってはいるんでしょうが周辺的なものだと思います。それでホントにタイ族は南下したのかと疑問に思うくらいです。北上したんじゃないの? なにかかなり確固とした文明技術美意識をもった民族がいきなり移動してきたという感じです。この展示をみてなんとなく思っているのが謎の国シュリービジャヤが絡んでいるのかも?? と感じたものでした。

 じゃ、十四世紀以前はどうかというと、これはかなりヘテロジェーナスであって、古美術という意味ではこっちのほうが面白い。実はアンコールワットのクメール文明の周辺地だったのかな?と従来思っていたのですが、タイ当局の意図(選び方)もあるでしょうがクメール風味は存外に薄い。もっと複雑です。そしシュリービジャヤの影響があるかも、、ただ7,8世紀からの展示になっていたので、これは日本の奈良時代と同じですね。日本の古美術と対照してみたくなりました。


タイ 〜仏の国の輝き〜
九州国立博物館: 平成29年4月11日(火) 6月4日(日)



posted by 山科玲児 at 08:52| Comment(0) | 日記