2017年04月03日

フォリオ  ソサイティ

Folio Society sss.jpg  Mabinogion.jpg


  BBC音楽マガジンの頁の間にフォリオ  ソサイエティの広告パンフが挟まってました(イメージ)。

  もともと英国のブッククラブで、予約で本を制作、販売していた会社なんですが、今では単品でも売っているようです。
  とにかく、製本 印刷 用紙ともに美しい上質なものが多いので、自分が好きな本で洋書が欲しいとき、このフォリオ  ソサイエティ本を買ったりしてました。初めて買ったのは神保町の洋書店で、マビノギオンの本(イメージ)を買ったのが最初でした。
  英国は、昔から貸本屋が発達していたせいか、出版時点でクロスでしっかり装幀した本が多かった。そのためにこういうブッククラブがあるんだろうなあ。大陸とくにフランスの出版はいかに高級な本でも装幀なしで出版して(フランス装)買った人が装幀屋にもっていって自分好みで装幀するという習慣なので、こういう出版があまり発達しなかったのだと思われます。
posted by 山科玲児 at 09:28| Comment(0) | 日記