2017年04月05日

川島さんのトーク 2017

tokyo artfair2017.JPG


2016年04月01日にもUPしましたが、
川島さんのトーク

Tokyo ART Antique 2017
の一環として、

 繭山龍泉堂の レスペクタブルな古美術商:川島公之  氏のトークがあるそうです。
今回は「紀元前」、、彩陶なんかかなあ、、
4月14日、午後三時〜 東京京橋 繭山龍泉堂にて

入場無料予約不要、ただし、いつも混むので、考慮していってくださいね

posted by 山科玲児 at 12:00| Comment(0) | 日記

中国とはインドだった?

中村元 シナ人の思惟方法.JPG



  中村元「東洋人の思惟方法」第二巻 「シナ人の思惟方法」
 には面白いことが書いてあった。この「東洋人の思惟方法」(全四巻)は仏教学者 パーリ語、サンスクリット学者である中村元先生が仏教の受容を中心に「東洋人の思惟方法」を解釈している面白い本である。

 この第二巻には、「中国」の用例として、シナ人チャイニーズの仏教徒は「インド」を「中国」と呼んでいた
、という例があげてあった。つまり「世界の中心」「中央の国」という意味であり、地域名ではなかったのだ。

  高僧法顕伝 「道整は既に中国(=中央インド)に到り、沙門の」

 シナが嫌なら今昔物語で使っていた「震旦」というのがいいのかもしれないな。
 ただ、もう慣用で中国を使いすぎているので、なかなか止めることは難しいと思う。

posted by 山科玲児 at 10:40| Comment(0) | 日記

金正恩は統一の英雄になれた


 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が謎なのはいつものことだが、今回は一段とわけがわからない。
去年から、トランプは金正恩と会談しようというような言辞を何度か言っていた。現時点で、トランプもティラーソンも「もう遅い」と言っているということは「遅くない時点」があり「会談する意志」が十分あったということだ。 それに応じて「前向きに検討する」「歓迎する」「事前検討会議をしたい」とか色々牽制球を投げて引き延ばしておき、ミサイル実験も来年まで延ばしておけば、何もしないでも北朝鮮主導の高麗連邦ができ、金正恩は統一の英雄・賢帝・大帝・中興の祖の栄誉に輝いていたはずである。プーチンに頼んでウラジオストクでのトランプvs金会談を提案するという手もあった。

 ただただ、韓国内の政治状況を混乱させ、朴槿恵弾劾を後援し、次の親北政権に、
・高麗連邦条約の締結
・米韓安全保障条約を破棄
をさせるようにすればよかったのだ。

 そのあと、ミサイル開発停止、核廃棄 朝鮮半島内部の米軍基地の一部を租借という形で保存するのを条件に米国と国交を結べば、万々歳でしょ。キューバなんか米国と国交断絶していたのにグアンタナモ基地租借はずっと継続していた。

  ミサイル実験でペンタゴンを挑発しなければ、全朝鮮半島の実質支配権が金正恩のもとにころがりこんだはずである。
 ただただ南朝鮮あいての謀略に専心していればよかった。
 森友学園で、日本国内政治を停止させた手腕は見事なものだった。
核兵器もっているのはもう明らかなんだから、別に更に実験して誇示する必要なんかない。

 金正恩は軍の意向の人形だという説もあるが、北朝鮮の情報部(秘密警察)と軍の両方の意向に矛盾がでてきているように感じる。北朝鮮を利用しているという(旧)瀋陽軍区軍閥、江沢民派、ウォールストリート、クリントンなどのからみがあってそういう方向にいけなかったのだろうか。。

 北朝鮮の秘密文書が公開されたら、たぶんそうはならないだろうが、驚くような秘密がわかるかもしれない。


posted by 山科玲児 at 07:24| Comment(0) | 日記