2017年04月13日

九州国立博物館のタイ古美術展 続


  展示品の中で,意外なほど青銅像、青銅のものが多かったのに驚きました。
一般には、アンコールのものなどは石像が多いのが普通でしたから。それに青銅のものは腐食があって取り扱いにより注意を要するので、貸し出しに消極的になるでしょうに、今回多量に貸し出していただいたタイの方々に感謝したい。

33 ナーガ上の仏陀坐像スラートターニー県チャイヤー郡ワット・ウィアン伝来シュリーヴィジャヤ様式12世紀末〜
 がまず印象的でした。大きな青銅像です。光背+座のナーガはアンコール風なのに、尊像はどちらかというとタイに近い面長の顔、すらりとした身体で、不思議なものでした、補修はあるのかもしれませんが保存はずいぶん良いようにみえます。


17 仏陀説法図頂板ナコーンパトム県ナコーンチャイシー郡ワット・サイ遺跡出土ドヴァーラヴァティー時代7〜8世紀プラパトムチェーディー国立博物館

は、大きな石なんですが、ユーモアを感じる 異風な作風で、クメール風でもタイ風でもないものを感じます。
総じてドヴァーラヴァティー時代のものはそういう感じがありますね。

一方、クメール風が濃いものもありますが、微妙に違うものを感じます。
37 菩薩立像ブリーラム県ラムプライマート郡ファーイ町プレ・アンコール時代8世紀バンコク国立博物館
38 菩薩頭部ナコーンラーチャシーマー県ノーンスーン郡タノート村プレ・アンコール時代8〜9世紀バンコク国立博物館

純粋にクメール風なのはジャヤバルマン7世肖像風のこれ、
43 観音菩薩立像カンチャナブリー県ムアンシン遺跡出土アンコール時代12世紀末〜13世紀初バンコク国立博物館

  現在のタイの東部はクメールの版図だったのですから、当たり前といえば当たり前です。ただ、タイ政府の意図か意識的にクメール風の美術品を避けて貸し出しているのではないか?と疑いたくなりました。

スコターイ時代のものでは陶磁器の大きなマカラ
60 マカラ像カムペーンペット県ワット・コーンチャイ遺跡出土スコータイ時代15世紀カムペーンペット国立博物館
が印象的でしたし。
下記三点の小さな陶磁器は基準作としてありがたいものでした。ただ、もっとあとのスワンカーロクなんかが展示されていなかったのは残念です。
61 白褐釉刻花瑞鳥唐草文水注
62 鉄絵唐草文水注
63 緑釉蓋付壺

スコターイ時代のものは
51 舎利塔
  をみても錆の具合など前時代と全く違うのがわかります。

また、
57 仏足跡には、細かい線刻があるのですが、みすごさないように、、そうはいってもみにくいので、私も全部は到底鑑賞できませんでした。

  そのあと、アユタヤー時代ですが、
日本人町の頭領が日本に出した手紙の紙が和紙だったのには驚き。和紙をタイまでもってきていたんだ。。。
また、当時の壁画の模写に、日本の僧兵(延暦寺とか、、)が傭兵として参加しているのがあってびっくりです。
まずはこのへんで。。

posted by 山科玲児 at 08:05| Comment(0) | 日記