2017年04月23日

ブリューゲル(父)のサイト

カリフォルニア大バークリー校が、
ピーター ブリューゲル(父)のデータサイトを構築したようです。

まあ、こういうのは、カリフォルニア大バークリーは、得意だろうけれど、ありがたいものでもありますね。

絵画はともかく、素描=デッサン=ドローイングについてはまとまった資料が少ないか高価なので、
疑問作・流派作も含めて
ここで集成していただければありがたいと思います。

意外に版画については、集成が多いのですが素描は少ない。

このサイトは、まだ版画については準備中のようです。
まあ、岩波書店のブリューゲル全版画など、ブリューゲル版画については、日本でも本がありますから
さしあたり問題はないでしょう。





posted by 山科玲児 at 21:05| Comment(0) | 日記

バベルの塔  ポスター

Banel Breugel Boymans ss.jpg

2001年にロッテルダムのボイマンス美術館におけるボス展の際に、 顔を画面近くにつけるぐらいに、なめるように鑑賞できたブリューゲルの「バベルの塔」ですが、今、東京で公開されているそうです。夏には大阪でも開催するようなので鑑賞できる人も多いでしょう。ただ、細密画ですから、近くで観ないとわからない部分が多いのですが、展示環境を考えると無理だろうな。まあ、全体の感じや肌合いを観るだけでもそうとう刺激になると思います。

 ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
        公式サイト http://babel2017.jp/
   2017年4月18日(火)〜7月2日(日)東京都美術館
     http://www.tobikan.jp/exhibition/h29_babel.html
   2017年7月18日(火)〜10月15日(日)国立国際美術館

 2001年にボイマンスの売店で買って日本に郵送してもらったのが、このイメージの額絵・ポスターなんです。 原寸より少し小さいのですが、相当大きいものなので細部もわかります。左上の30cm物差しとくらべてみてください。原寸が60 x 75 cmだから15%縮小ぐらいですかね。

 今回の展覧会の売店でも売っているかもしれませんね。ロッテルダムでも相当高かった記憶があるので、日本だとかなりな値段をつけるんじゃなかろうか?

posted by 山科玲児 at 08:36| Comment(3) | 日記

フランス大統領選挙


日本時間では今日午後から夜に投票が行われる、フランス大統領選挙が混沌としているようだ。
選挙は決選投票を含めて2回行われる。次は5月だったと思う。


去年の時点では、

国民戦線のマリーヌ  ルペン と中道のフィヨンの勝負になるというような風評だったが、
共産党のようなメランションが躍進してきたし、中道からわったマクロンが躍進し、フィヨンがスキャンダルで滑り落ちそうなので、
まったくわからなくなった。


思えば、前回も鉄板とされたドミニク ストロスカーンが米国で強姦疑惑(無罪)で陥れられて脱落したあと、間に合わせのように出たオランドが当選するという大波乱だったので、毎回こうなのかなあ、、と思い直した。しかしグローバリスト::サルゴジってほんとに嫌われていたんだなあ。

  マリーヌ ルペンは、前回の選挙では、消極的ながらオランド支持をしたという、政局を読むのに長けた、そうとう賢明なオバサンだ。ルペンが消極的支持をしたからこそオランドが大統領になれた。もし前回の恩をオランド支持者が返すつもりなら、ルペンが当選するだろう。

  しかし、マクロンみたいな無個性にみえる顔の人に人気があるなんて、意外だな、フランスマスコミのミスリードかもしれない。ルペンもメランションもいやだ、、というマスコミの願望ですかねえ。



posted by 山科玲児 at 06:52| Comment(0) | 日記