2017年05月02日

フランスの言論弾圧

>>「圧倒的有利」のはずのマクロン候補が,「フランスのEU離脱(FREXIT)」を言い出した。

>どうも、BBCのインタビューに対して英語で答えたもののようで、フランス国内には案外直接は伝わっていないかもしれない。最初は英語サイトばかりが報道していた。 が、現代では数時間でフランス国内にも流布されるだろう。

と思っていたら、フランス語では、あまり出てないようですね。

フランスの新聞や雑誌のサイトでは、 「報道しない自由」を駆使しているようですね。





posted by 山科玲児 at 20:54| Comment(0) | 日記

アスコリ  ピッチェーノの観光動画

ascoliPiceno2 (1).JPG

2005年に行った、アスコリ ピッチェーノの絵画館のサイトに
良い観光動画がありました。

画家;カルロ=クリヴェッリが後半生を過ごした街ですが、なかなか良い街ですよ。シエナみたいに街全部が中世みたいです。
ただ、フィレンチェから行くのは結構たいへんでした。フィレンチェ−>ボローニャのりかえ−>サン・ベネデット・デル・トロントでのりかえ−>アスコリ=ピッチェーノ

宮アみたいに、鉄道が沿岸沿いが主要で川沿いに奧に支線がのびてるんですが、これがあまり頻繁じゃないし、、


絵画館には、破損したクリベッリの作品がありましたが、破損してても細部は良かったと思います。


posted by 山科玲児 at 11:35| Comment(0) | 日記

ルペン大統領になるかもしれない

「圧倒的有利」のはずのマクロン候補が,「フランスのEU離脱(FREXIT)」を言い出した。

どうも、BBCのインタビューに対して英語で答えたもののようで、フランス国内には案外直接は伝わっていないかもしれない。最初は英語サイトばかりが報道していた。 
が、現代では数時間でフランス国内にも流布されるだろう。

選挙運動中の発言とはいえ、これでは EU堅持の利権のためマクロン支持していた人々は、なんのために今までマクロン支持していたのかわからなくなって混乱するだろう。

選挙前には、

ルペン  「フランスに得にならなければEU離脱」

今の
マクロン 「EUを改革しなければフランスのEU離脱(FREXIT)」

なんだよ、これは、、同じこと言ってる。



英国TELEGRAPH
The EU must reform or face a Frexit, says Emmanuel Macron 

「we will have a Frexit or we will have (Ms Le Pen's) Front  National(FN) again」

なんて喋ったらしい。完全にこれ、人事だろ。マクロンはいつからプールサイダー評論家になったんだ。

 そもそも、圧倒的有利なら、こんなこと言う必要もないわけで、「EUはフランスの経済政治にとって最重要だ」とか言っておけばいい。やはりトランプVSヒラリーのときと同じか、ヒラリーもずいぶん選挙中に譲歩したものだ。

  おそらく、マスコミの報道は捏造で、実際は接戦なのだろう。

  しかし、オランドは、大統領になってから腰砕けになったものの、選挙中は非常に立派な首尾一貫した演説をしていて、「オランドはレーニンより危険」 とさえ言われたものだ。

一方、マクロンのこの体たらくは、どうしようもないな。


posted by 山科玲児 at 09:29| Comment(0) | 日記