2017年06月08日

15世紀ブリュージュでの個人的ミサ曲演奏 動画

Obrecht PratensisB Missae Sancto Donatiano.JPG


  ちょっと面識があった、ルネサンス音楽の声楽アンサンブル:カペラ プラテンシスのDVDを日曜に出してきてつまみ食い的にPC+ヘッドフォンアンプ+ヘッドフォンで聴くつもりで始めた。そしたら、ひきこまれてしまい最後まで視聴してしまった。意外にもコーラスより司祭や助祭の式次第や動作、言葉のほうが引き込まれた。やはり何百年もやってるカトリックの儀式の力は侮れない。第二バチカン公会議以後にラテン語でのミサが少なくなり各国語でやるようになったのは良かったのかどうか?と思い直したものだ。
このDVDのサワリが動画として公開されている。
Cappella Pratensis - Josquin in Rome - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=1Xw2_eqjC5c
十五世紀 1487年ごろのブリュージュで、有力市民の未亡人が追善のミサにいくという設定で再現されている。ロケはブリュージュの聖ヤコブ教会で、私も入ったことがある。実はカペラ プラテンシスのメンバーと話したことがあるのは、この聖ヤコブ教会でのリハーサルのときだった。面白いのはコーラスが司祭たちとは反対の方向をむいて歌っていることである。古い絵にもこういうのがあるから、やはりそうなのかな。祭壇に広げられているのは、
Pieta Triptych - Master of the Saint Lucy Legend  Museo Thyssen-Bornemisza
https://www.museothyssen.org/en/collection/artists/master-saint-lucy-legend/pieta-triptych
たぶん複製だろうと思う。
ブリュージュ風景は下イメージのような感じ::
brugge 2001.JPG


posted by 山科玲児 at 09:16| Comment(0) | 日記