2017年06月12日

宮ア市定と濱田耕作

論語の新しい読み方IMG_6758.JPG



宮ア市定先生の
論語の新しい読み方
http://www.amazon.co.jp/dp/4006000227
は、最初に岩波の宣伝誌「図書」に連載されたもので、その切り抜きが上イメージである。偶然古書展で100円?で買ったので紹介しておく。
この論語の新しい読み方 はとても面白い講義で、後に宮ア版「論語」の端緒となったものだが、中にこういう話がある。

京大の濱田耕作という考古学の先生がこう言ったというのである。
 「西洋の横文字の本は読めばよくわかる。だから読んでいるとだんだん頭がよくなるような気がする。いや、読まないでも横文字の本を書棚へ並べて、それを見ているだけでも、何だか頭がよくなる気がする。ところが漢文というものは実に分からないものだ。漢文は読めば読むほどわからなくなる。それを無理にわかろうと思って読むと頭が悪くなる。その証拠には支那の学問をしている学者というのはたいてい頭が悪い。お前たちはそうなるな」

  なんか、夏目漱石「吾輩は猫である」の苦沙弥先生や 大正昭和時代の西洋崇拝を思わせる話だ。現在のように、普通に西洋人と英語で議論するのがあたりまえになっていると、是々非々でやらないととんでもないことになる。 また、横文字の本でもトンデモ本は山のようにある。これでは、上のような教えは通用しにくいだろう。


posted by 山科玲児 at 09:25| Comment(0) | 日記