2017年07月01日

アルチンボルド展 その6 源流

Son Taccuino dei disegni grassi Bergamo.jpg



  このアルチンボルドの変わった「寄せ絵」について、中東のミニュアチュール(本の挿絵としての細密画)に源流を求める説もあるということがアルチンボルド展のカタログのアンドレアス=バイアーの論説(137-141p)に紹介されてました。バイアー自身は、影響は東西両方からあるわけで、一方的にトルコなどの ミニュアチュールの影響だとはいえないという立場でした。 実際、現存するイスラム ムガールなどのそういうミニュアチュールは全て年代的にはアルチンボルド以降十七世紀以後のもので、勿論日本の浮世絵などもずっと後世の十九世紀のものですから、源流とはしにくいものがあります。光は東方から、という先入観や、変わったものは異国からの影響と考えてしまう傾向がこういう考えを生んでいるのではないか?と思います。勿論「ないことの証明」「悪魔の証明」はできませんが。。

  むしろ、もっと素直にイメージのようなゴシック末期十四世紀後半のミラノ、まさにアルチンボルドのご当地ミラノ大聖堂で働いていた建築家ジョヴァニーノ=デ=グラッシ(-1398)のスケッチブックのような絵・細密画が源流になっていると考えたほうが自然ではないかと思います。
 イタリア ベルガモ市立図書館所蔵

イメージ ソース  J.J.G. Alexander, The Decorated Letter,  Thames and Hudson,1978, plate36



posted by 山科玲児 at 07:52| Comment(0) | 日記

アルチンボルド展 その5 逆

Anonym  anthoroph.jpg

 アルチンボルドのあの変わった肖像は、物を集めて顔や人体を作っているわけですが、その反対に、風景の中に顔があるような絵画もあります(イメージ)。
  これはブリュッセル王立美術館にあるもので、1988年に寄贈された似たような2点の絵画の一つです。
Anonym, Paysage Anthropomorphe  portrait d`homme(男の顔を風景にとけこませたもの) 2点、緑が強い画面 
Dr. et Mrs. van der Meinen 寄贈,1988

アルチンボルド展のカタログ V.04 ホラー  擬人化された風景
は、どうもこれ、もしくはこれの類品をもとにしてるみたいなんですけどね。展覧会カタログの解説では単にマティウス=メルランの版画をもとにしたもの、としか書いてありませんでした。言及がないということは、こういう絵については,国際的にも認知度が低いということのようです。こういうものに関する研究ってイロモノ扱いか現代美術シュルレアリズムの先駆という形の研究かしかないのかなあ。アルチンボルドの研究が遅れているのもそういう偏見のせいかもしれません。

もともと、人の顔にみえるような自然の岩とか、現実に結構あるわけで、こういう絵画は他にも多いと思います。

有名画家の絵にはあまりないようですが面白いとおもうんですけどね。


posted by 山科玲児 at 06:32| Comment(0) | 日記