2017年07月06日

イタリアでバスケニス 企画展

Basniques.JPG


国立西洋美術館に、2015年に入ったバスケニス作品を今回観ることができました。
もと、シルヴァーノ=ローディ コレクションで、1986年に埼玉で鑑賞したものです。
そのときのカタログの図版だしてみますね。

エヴァリスト・バスケニス [ベルガモ, 1617年 - 1677年]
楽器のある静物
http://collection.nmwa.go.jp/P.2015-0002.html

再会して鑑賞してましたが、やはり優れた作品ですね。
とくにリュートの木目を仔細に描き、その上に薄く積んだホコリの描写がまた良いですね。
また、見事な織物の描写も素晴らしいです。

ところで、このエヴァリスト・バスケニス生誕400年ということで、
イタリア  ベルガモのアッカデミア カラーラで4点だけの企画展をやっています。

個人蔵のちょっと変わった「パン籠をもつ少年」がいいですね。
イタリア風の変わった形のパンがあって現代でも作っているのかな?と思ったものです。




posted by 山科玲児 at 09:08| Comment(0) | 日記

スイートシェリー飲み比べ


  上野パークサイド ホテルのフォンタナが閉めてしまったので、新しい店を開拓したいという気があったので、いろいろな店をのぞいてみました。

 上野駅アトレ内の店なんか, いまさらという感じかもしれませんが、

   スペインバール バニュルス 上野駅店
 は悪くないようです。開放してるので冷房が利いてないし、狭い感じなのが難点だが、まあバールだしね。チェーン店の一つですが店長代理ソムリエの佐藤氏が意欲的なようです。

  最近スイートシェリー3種飲み比べセット900円というのをやっていて、これは大推薦。
 ほんとに小さなまともなグラス3つに高級なシェリーをいれてもらえる。
 (3種ともLUSTAU社  East India Soleria , Moscatel Emilin,   Vermut  )

  ここのグラスワインはマドリードのバールと同じで愛想のないコップにいれるのだが、このセットでは小さなちゃんとした3つのグラスに入れるのでお得感も高い。

  甘いポートワインのような色々な味を楽しめるので、よかったですよ。
posted by 山科玲児 at 07:36| Comment(0) | 日記