2017年07月14日

ブリューゲルのグリザイユ

adulty london jan2 carra.jpg

ブリューゲルのグリザイユ 「キリストと姦通女」は、
英国コートルードにある、もとセイレン伯爵コレクションのもの
が、本物だとされているんですが、
ヤン の模写とされるものが2点あります。
個人蔵で、今、アントワープのマイヤー美術館に寄託されているもの
http://www.janbrueghel.net/object/christ-and-the-adulterous-woman-munich

さらに別の模写?がベルガモのアッカデミアカララにある。

これで、少なくとも4点あるのだが、ネットを介してみる高精度とはいえないカラーイメージでは、なかなか区別がつかない。まあアントワープのはちょっと落ちるかな??
  彩色画のほうが、まだわかりやすいような感じがしました。グリザイユは模写しやすいのか?実物をみると全く違って判然とするのか?よくわかりません。

森洋子氏はヤンの模写は顔が愛らしいと書かれているが、果たしてそうだろうか?

上のイメージで比較してみよう。。
左から、コートルード、ミュンヘン、アントワープ、カララ

 ここまで似ていると、英国コートルードにある、もとセイレン伯爵Antoine Seilernコレクションのこのグリザイユが本当に唯一のオリジナルで、他は模写と即断できるものであろうか?と思ってしまいました。

posted by 山科玲児 at 08:48| Comment(2) | 日記