2017年08月31日

電源が切れた


洪水でなんで化学工場が爆発せんといかんのか?と
思ったら、2m近い水位の洪水のため

電源が切れてしまって、制御装置が一切動かなくなったのが原因らしい。

会社の幹部は「何もできなくなった」となさけないことを言っている。


日本語ニュースはそこを省略してるので、なにがなんだかわからない。

電源が切れた。。。全電源喪失。。
どこかできいたような話だ。
posted by 山科玲児 at 21:26| Comment(0) | 日記

ヴィヴァルディの難曲 再


ヴィヴァルディの難曲「Agitata da due venti」(2つの風にかき乱され) 
は、モーツアルトの「夜の女王のアリア」以上の超絶技巧のコロラトゥーラというので、注目していて、二年前にも
2015年07月17日
ヴィヴァルディの難曲
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/153350834.html
という記事を書いておきました。

どうも、このアリアは、ヴィヴァルディの愛人 優れたメゾソプラノ歌手だったらしい アンナ=ジローが歌うために書いたものみたいですね。オペラ  グリセルダの中のアリアなんですが、アンナ=ジローが出演したのでしょう。

普通、こういう大向こうをうならせるアリアは、カストラートか、ソプラノ用のものが多いんでしょうが、
これだけは、ちょっと違って、メゾソプラノ用なのは、そのためだと思います。もっともソプラノ歌手が歌うことも多いようです。

もともと、ボーカロイドによる演奏
A.Vivaldi ”Agitata da due venti” (Griselda, RV 718)
http://www.nicovideo.jp/watch/nm24971676
で知った曲です。

最近、動画でてた優れた演奏としては、
ステファニア ヴィエトリの演奏がいいんじゃないかな
Stefania Vietri - Agitata da due venti - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=wg3Jr45Bggg
ちょっとメリスマで弱くなるけれど、正統的な発声演奏法ですね。

ヴィヴィカ・ゲノーの演奏は、技巧的にはおかしいそうです。確かに口が動いてますね。
https://ameblo.jp/nishiguchiakiko/entry-11412581843.html

御大・長老?のモンセラート=カヴァリエが、あえて叙情的に歌った動画もあって、珍しいと思います。
これは技巧というより、御大の表現・気まぐれを愉しむべきものでしょう。
Montserrat Caballè - Agitata da Due Venti - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=et4O-fjcb3M

posted by 山科玲児 at 09:28| Comment(0) | 日記

ハプスブルグ風の顔


ヴィバルディのスタバートマーテルの演奏を漁っていたら、

カウンターテナーとして有名なフィリップ=ジャルスキーさんの演奏ライブ動画をみつけました、

なんかジャルスキーさんの顔って、なんとなくハプスブルグ家風ですね。
顎のところなんかが、特に

あの賢明な、マルグリット ドートリッシュに似ているような気がしました。

ロシア革命でフランスに亡命した血筋だそうですが、帝政ロシアにもドイツ系の人々はたくさんいたから、案外、回り回って関係があるかもしれませんねえ。



posted by 山科玲児 at 08:11| Comment(0) | 日記

2017年08月30日

スクロヴェーニ礼拝堂演奏会


ヴィヴァルディのスタバト=マーテル動画をみていたら、
なんとあの ジョットの代表作:パドウアのスクロヴェーニ礼拝堂
演奏会した動画がありました。

VIVALDI STABAT MATER RV621 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=yuEHr2zJYm8
なんか、すごく贅沢だなあ。国宝の中で演奏会。。
短い動画ですが、コンサート全部のDVDがあれば買ってみたいな。指揮者は長老のクラウディオ=シモーネみたいです。変な言い方ですがまだ活躍していたんだ。長生きだなあ。。

ちなみに、この曲、J.S.Bachがロ短調ミサの中にパクったらしい部分があるようです。

似たような例としてヴェネチアのサンマルコ寺院内部で演奏した
モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り (ガーディナー)がとても良かったな。
サンマルコでの マニフィカート Vespro Della Beata Vergine - Claudio Monteverdi
http://www.youtube.com/watch?v=TbBRub-rlms


大塚国際美術館にも スクロヴェーニ礼拝堂内部を再現した施設があります。これは良く出来ていたなあ。
http://www.o-museum.or.jp/japanese/index.html
大塚国際美術館でコンサートってのもあるのかなあ?と思いました。


posted by 山科玲児 at 08:01| Comment(0) | 日記

パワードスーツ実用化



日本のサンバーダイン社(大和ハウス工業出資)によって、一種のパワードスーツが
商用として、発売されているようです。

サイボーグ型ロボットHAL
https://www.cyberdyne.jp/products/HAL/

筑波大学と産学共同研究開発したもののようですね。
これで重要なのは、そのレンタル料金が法外なものではなく初期費用50万、その後は数万という、完全な民生品価格であることです。
こういう実験的商品は、最初は数億円とか数千万とかいうような価格になりがちなだけに驚きました。
しかし、この名前、A。C. クラークや、故スタンリー・キューブリック(1999没)周囲からクレームこないのかな??

更に、その一部、足の保護部分などでは、なんと厚生労働省が「保険適用」しているというから驚きます。

厚生省、ロボットスーツ「HAL」に保険適用 歩行のリハビリに活用
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1601/29/news108.html

更に、羽田空港での荷物取り扱い作業に本格導入されているようです。これは腰部分の保護強化みたいですね。重い荷物を中腰でとりあつかうのは大変だからなあ。。

日刊工業ニュース

産経ニュース  インタビュー

欧米でも、当然開発しているでしょうが、こういうふうに商用になっているのかな??
あるいは軍事目的に特化しているとか??
しかし、なんというか二十一世紀になったと、実感するニュースでした。

ロボットスーツHAL - YouTube  発表会でのプレゼン動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=HjHyNNyC62Q

HALレジスタードマーク|ロボット事業|法人のお客さま(生活環境ソリューション)|大和ハウス工業
http://www.daiwahouse.co.jp/robot/hal/


posted by 山科玲児 at 07:20| Comment(0) | 日記

2017年08月29日

日経新聞社の存在価値はあるのか



古い話になるが、
日経新聞7月31日に、池上彰の挑発的な見出しのコラム
「科学」を認めない人々  パリ協定離脱と米国(下)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO19063580Q7A720C1000000/
があったそうだ。

✕>「科学」
〇>「疑似科学」/「温暖化信仰」
じゃないの、ほとんどカルケドン宗教会議のような協定だしさ。。

日経サイエンスの2017年7月号が、
特集:トランプVS科学
で、どうしようもないものであったのは、

2017年06月13日
トランプVS科学
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/180030420.html
で書いた。

もともと、「日経に従うと株で損する」とさえいわれていたような新聞だが、
経済面も、二十世紀末からの中国賛美 「バスに乗り遅れるな」「中国進出煽りまくり」
さらに
消費税増税  賛成
TPP賛成
移民万歳
のどうしようもない新聞で、信頼が失墜していた。

1970年代、円城寺会長のころは古美術に深い理解がある活動もやっていたが、その後 まったくダメになったので学芸部・文化部もあまり感心しない、
かろうじて「日経サイエンス」が、まあ良い出版だと思っていたら、この始末だ。
自然科学にも盲目同然の新聞社であることを誇示しているようだ。

朝日新聞でさえ、学芸部=文化事業は、水準が高く、かろうじて存在価値を示している。
いったい、日経新聞社の存在価値はあるのか?と感じるところである。


posted by 山科玲児 at 08:31| Comment(0) | 日記

2017年08月28日

ポンペイで新発掘壁画展示

Pompeii の輝きss.jpg


2006年、東京渋谷のBUNKAMURA で行った、
にいきました(イメージ)。
  ここで実見した、かなり良い壁画は、ポンペイの近くの Moregineというところの邸宅の壁で発見されたもののようです。
 このアポロは、なんとなく「神格化されたネロ肖像」という感じがありますね。時代も合っているようです。
この壁画は日本を始め、世界各地へ巡回展示したみたいですが、どうやら、ポンペイ遺跡の南部にある回廊に設置 展示されることになったようで、
紹介動画があるようです。

posted by 山科玲児 at 10:09| Comment(0) | 日記

2017年08月27日

ドリヤス工場

水木しげる風のマンガというと、ガロを舞台に発表していた、もと水木しげるのアシスタントもやっていた
つげ義春 とか を思い出す。しかし、彼らはそれぞれ個性が強い人で、別々の道をいく人が多かった。

最近、ある意味  様式の忠実なコピー  リスペクト というか、
水木マンガの形式的様式を継承したマンガ家/プロダクション が活動しているようだ。


ドリヤス工場(主宰者は後藤康有紀氏)

というもので、

文藝春秋社が出している 文學界 2017年6月号
に連載しているもので、その一端に触れることができる。

まあ、文藝春秋社の松井清人社長は、あの危ない参議院議員  有田芳生  と数十年来の盟友だそうだから、文系春秋社には、あまり好意はもてない。
しかし、まあ、こういう企画は評価できるのではないだろうか?


posted by 山科玲児 at 07:58| Comment(0) | 日記

水木しげるとドイツ

水木しげる ヒットラー.JPG


  鬼太郎を始めとする作品で、妖怪マンガ家として高名な故:水木しげる氏の作品は、私も長年愛読してきた。特に「河童の三平」は傑作だと思う。一般には土俗的な妖怪ものというイメージが大きい水木しげる氏の作品の中に、ドイツのモチーフや風景。アイテム、ドイツ絵画からの借用などが結構あることは、昔から気がついていた。
 なんでかというと「悪魔くん」のイメージのなかに  ドイツのシュルレアリスト  マックス=エルンストの作品が借用されていたし、「妖花アラウネ」にニュールンベルグのデューラー=ハウスが描かれていたりしたからである。 そういう点で、ヨーロッパ的なものが相当 水木マンガには入っているな、とずううと思っていた。

というより、、「妖花アラウネ」自体  1928年のドイツ無声映画に影響を受けたものだろう。手塚治虫のメトロポリスが、フリッツ=ラングの1927年のドイツ無声映画メトロポリスを借用しているように、どうもこの世代のマンガにはドイツ映画の影響がかなりあるようだ。

 水木しげる氏には、戦争マンガ、歴史マンガも結構あるが、直接の戦争経験とは関係のないものでは、なぜかドイツのものが多い。

 イメージは講談社の全集の「ヒットラー」である。なかなか良い味を出していると思う。勿論、いろいろ足りないところはあるとはいえ、
 特に、「ナチスの思想的母体をつくった英国人」 チェンバレンHouston Stewart Chamberlain 1855年9月9日 - 1927年1月9日
にちゃんと言及しているところが優れていると思う。
 このチェンバレンのアーリア人至上主義を煽った1000ページもある大著「『19世紀の基礎」が二十版以上を重ね、当時25万部も売れたというのが、現在では信じがたい。パンフレットじゃなくて、現在の英訳でも2巻あわせて1300ページ以上ある巨册である。

  同じ巻に収録された「ベートーベン」は昔、初出ごろに読み面白いと思ったものだ。鬼太郎の髪は意外とこのベートーベンヘアと関係あるかもしれない。


posted by 山科玲児 at 07:13| Comment(0) | 日記

2017年08月26日

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展

ルドルフ二世 福岡.JPG

今年の11月は福岡通いかな?と思いたくなるような魅力的な展覧会が、これです。
東京渋谷でもやるし、京阪神では 滋賀の佐川美術館でもやるので、あえて博多まで来る人は早くみたい著述家や記者ぐらいでしょうが、これはありがたいものですね。
一応、日本におけるチェコ年 とかいうのですけど、チェコからのものばかりではなく、
目玉のアルチンボルド作品を含めてスウェーデンからのものが多いし、監修がもとベルギーのリール美術館館長というから、かなり汎ヨーロッパ的なハプスブルク風味なんですかねえ。。

それに、コルトレイク美術館という、知らない美術館からも作品がでてました。ベルギーにあるそうですが、なんとこれ2014年末までクローズドしていたというところです。 バベルの塔など結構面白い物があるようで、今回拝見できるのを愉しみにしています。

このコルトレイク Courtrais というフランス語読みのほうが、歴史書では有名なようですね。クルトレ
なんか、いろんな事件が起こった、戦場にもなった土地のようです。クルトレーのなんとかとか憶えております。 第二次大戦でも、「連合軍の爆撃」でひどいめにあったようです。ホントに連合軍の文化破壊はひどいですね。この点では、ナチスドイツのほうがずっと紳士的でした。没収したり、強制買い上げするわけですから、少なくとも破壊することはないからなあ。

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展
The Empire of Imagination and Science of Rudolf U
2017.11.3. FRI. - 12.24. SUN. 福岡市博物館(福岡県福岡市)
2018.1.6. SAT. - 3.11. SUN. Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
2018.3.21. WED. - 5.27. SUN. 佐川美術館(滋賀県守山市)

 
posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(4) | 日記