2017年08月06日

ギヨーム・ド・マショー

machaultMS music lay 122v ss.jpgmachaultMS music laylast123v  ss.jpg


  トリノ時祷書の関係で、パリのBibkioteque Nationaleのサイトをみてたら、ギョームドマショー(Guillaume de Machaut, 1300年頃 - 1377年4月13日)の作品集がありました(イメージ)。

Guillaume de Machaut,Oeuvres narratives et lyriques : Prologue

  西洋音楽史の中で、顔がみえる最初の大作曲家です。
  これは、どうもマショー自身が監督して制作したものらしいので、貴重です。少なくともマショーの同時代に編輯制作されたものですね。

  そのなかで、私が愛好する「泉のレ」という曲の楽譜の部分です。
Youtubeで該当部分の演奏がありましたので、紹介しておきます。憂愁に溢れ、神秘的な作品です。
1972年
Guillaume De Machaut -  Studio Der Fruhen Musik  Chansons I

Le lay de la fonteinne I  冒頭
https://www.youtube.com/watch?v=Zpk7_D2mM70
Le lay de la fonteinne XII (最終曲)
posted by 山科玲児 at 09:51| Comment(0) | 日記

金縁の鼻眼鏡

ジェレミー=ブレットのシャーロック・ホームズの冒険TVシリーズにも入っているが、
ブレットの病気のせいかいまいちのできの


である。
もともとは、  1904年7月にストランド誌に掲載され、The Return of Sharlock Holmes(1905)に収録されたもので、なんと原稿が残っているらしく、テキサス州オースティンにあるそうだ。
Ref Oxford 版。


しかし、このもとのストーリーには、面白いところがある。
それは、足の悪い車椅子生活のコラム教授(実はロシア人 セルゲイ)が別荘で、助手の手助けを受けながら著作している大部の本が、

>シリアとエジプトのコプト キリスト教修道院で発見された文書に基づく研究

なんだそうだ。

これは、当時、エジプトの古代のゴミ捨て場で発見されたパピルス文書(オクシュリンコス=パピルス)が評判になり、それにともなって更に100年以上前に発見され大英博物館図書館などにおさめられていたコプト語の文書;ブルース写本が1894年に刊行されたりしたことと関係があると思う。また、こういう文書のなかにグノーシス派キリスト教の著作もあったので(トマス福音書やマグダラのマリア福音書) 、後年に心霊主義:スピリツュアリズムに傾倒したコナン=ドイルを惹きつけたのかもしれない。




posted by 山科玲児 at 08:51| Comment(0) | 日記