2017年09月23日

龍光院の曜変天目

京都国立博物館の国宝展のリストが公開してあるようです。


どうも字が小さいので、大型ディスプレイの人はともかく印刷しないと読みにくいですねえ。

大阪市立東洋陶磁美術館の小林さんもTwitterしてましたが、

龍光院の曜変天目が展示されるようです。
ただし、
10月17日〜10月29日
龍光院の曜変天目は、昔、ここ同じ京都国立博物館の本館で開催された大徳寺展でみてますが、どうもピンとこなかったなあ。
輝く点が少なすぎたような気がします。
ただ、現在の照明なら、また印象が違うかもしれないな。

なんかね、展示期間が8つに分割されていて、何度もきてくださいね。。
という企画になっているようです。


展示されるのが珍しいものとしては、
喜左衛門井戸 もあります。
10月31日〜11月26日

こういう国宝展というのは、珍しいものを借り出してきてくれるのは有り難いのですが、
そこにたどり着くまでが大変ということが屡々あるのが問題ですねえ。

それに、ここまで会期を細分化するのが良いのかどうか?と思ってしまいます。



posted by 山科玲児 at 16:01| Comment(0) | 2017年日記

今年の秋の台北国立故宮博物院


  例年、秋には有名な書画を展覧するのだが、今年の秋の書画展示のリストがでました。
    国立故宮博物院のダウンロード  サイト
     https://www.npm.gov.tw/down.ashx?sNo=10015382

前期(2017年10/4〜11/14)と後期(11/15〜12/25)にわけて展示するようです。

さっとみると、台北国立故宮博物院の平均値を出しているので、なんども行ってる人には物足りないかもしれません。
平凡というか普通という印象をもつラインアップでしょうね。またか、、というやつです。

ただ、
最初に國立故宮博物院行く人の場合には、見応えのある展示だろうと思います。

ただ、前期後期に分かれているので、行く人は、好きな物が展示されてるときをねらうほうがいいのでは。

前期後期とも展示される絵画では、
は意外とみる機会がないのでいいんじゃないかなあ。大きいし。
偽物だらけの仇英の絵のなかでは、特に筋が良いものです。なんせパトロンの項元汴のために描いたものだしねえ(Ref, James Cahill )。

明の辺文進の 三友百禽図も、なかなかの佳作ですよ。辺文進のまともな作品て意外に少ないんですよ。

宋 四家法書 は中身がなんなのかわからないでしょうから、内訳書いときます。

    蔡襄 海隅帖(またの名は、上資政諫議明公尺牘)
    蘇軾  次韻三舍人省上詩
    黄庭堅  致明叔同年尺牘
    米フツ 徳枕帖

このなかでは、徳枕帖が特に良いのでは? これは明時代中期文徴明時代には、今  大阪市立美術館にある米元章草書巻
の一部でした。いくつかに分割されて、ここに入っているものです。南宋 高宗のコレクションに入っていました。
良く考えたら、高宗って米フツの死後30年で即位してるんだよなあ。こういうのは相当信用おけるでしょうね。


posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(0) | 2017年日記