2017年12月23日

ワーグナーの解毒剤

Vespro Monteverdi Gardiner.jpg



昔から、ワーグナー中毒といわれ、ワーグナーにはまった人が麻薬中毒的なファンになるといわれている。当方は指輪は嫌いだったので、どうやら中毒は免れたかもしれないが、
パルシファルは特に好きで、久しぶりに動画など観ると、頭にメロディがこびりついてしまう。
ハンス  ユルゲンジーバーベルクのオペラ映画「パルシファル」は、
アルブレヒト ・デューラーのメランコリア、カスパール・ダヴィッド・フリードリッヒの絵画など、西洋絵画のファンである私の痛いところを巧みに引用し、無理にでも引き込んでしまう危ない映画である。

  迅速な毒抜きとして、最近考えたのは、同じくらい強烈な、モンテヴェルディの聖母のための夕べの祈りのマニフィカートを聴くことである。これは、かなり効く。
  思えば、ワーグナーはヴェネチアで死んでるわけで、あのワーグナーの魔力を調伏したヴェネチアの霊力が多少助けているのかもしれない。

完治というわけにはいかないが、
パルシファルの一部を2度聴いたら、マニフィカートを複数のCDで2度聴くと効くようだ。

イメージはガーディナーのDVD

サンマルコでの マニフィカート Yotubeでは2つにわかれてます。やはり音質はいまひとつ
Vespro Della Beata Vergine - Claudio Monteverdi 9
http://www.youtube.com/watch?v=TbBRub-rlms
Vespro Della Beata Vergine - Claudio Monteverdi 10
https://www.youtube.com/watch?v=2n85j6O8nIU


posted by 山科玲児 at 18:34| Comment(0) | 2017年日記

ジーバーベルクのパルジファル映画

Parsifal Movie.JPG


ハンス  ユルゲンジーバーベルクのオペラ映画「パルシファル」は、1982年のものである。
リリース当時観て、その圧倒的なイメージの美しさに強く影響された。
正直いって、ストーリーはどうでもよく、その画面だけが、重要だった。
 演奏はモナコのオーケストラで、あまりよくないという評判を音楽関係者から当時きいたものだが、それも,あまりたいした問題ではない。

 そのサワリを観ることのできるYoutubeの動画がある。
    Syberberg - Parsifal in der Gralsburg
  https://www.youtube.com/watch?v=Mic_EOGOTzE
  
  映画冒頭のイントロ・序曲部分も良いのだが、まだ動画をみつけていない。
 この動画は、あまり画質がよくない。
  なぜか、この映画はDVDもそれほど画質がよくないのは残念なことだ。


posted by 山科玲児 at 11:19| Comment(0) | 2017年日記

人民解放軍と東インド会社

ある人が人民解放軍のことを。
武装せる総合商社
と呼んでました。

そういや  オークション会社の嘉徳 保利も、人民解放軍系だったしね。

歴史上
同じような組織が確かにありました。
東インド会社です。
東インド会社が帝国主義の象徴であったと同じように、現代の中華人民共和国 人民解放軍も、帝国主義の先兵なんでしょうね。

posted by 山科玲児 at 09:05| Comment(2) | 2017年日記