2017年12月31日

ヴァトーの素描

Watteau Huyghe Rijks ss.jpg


ワトー(アントワーヌ・ヴァトー(Antoine Watteau 1684-1721)の作品は、ロココの典型だとされて、なんか優雅なだけで精神性がないような、妙な軽視がされてるような感じがします。


私は英国のダリッチの「舞踏会の楽しみ」の実物を見たとき感心してファンになりました。

Dulwich  Les Plaisir  du Bal

ロンドンのウォレス・コレクション、ルーブルのワトーなども観ましたが、油絵ではダリッチ
のものが好きですね。

西洋美術館の元館長:山田さんにいわせればワトーの絵は傷みやすいそうなので、そういうことが関係してるのかな。

最近、Huygeの本をまたひっくりかえしてたら、素描も素晴らしいなあ、とおもいました。
イメージはアムステルダムのライクスにある素描の細部ですが、そうとう良いものだと思います。

Watteau Rijksmuseum
Two Studies of a Woman Seated on the Ground
RP-T-1953-181
Jean Antoine Watteau
1709 - 1721
Material
paper, chalk
Measurements
h 202 mm × w 339 mm

posted by 山科玲児 at 11:58| Comment(0) | 2018年日記

美術展の記録を探す


  10年以上前に行った美術展の場合、どこの美術館でみたのかさえ
、あやしくなってしまうことがある。 東京で観たという記憶があっても、池袋なのか新宿なのか上野なのか?  あやしくなってしまっている。

カタログを買っていればともかく、全部は買わないし、絵葉書でも、巡回展の場合は、年や美術館名が書いていないことが多い。

 この問題に対処するために、

 最近、良いデータベースをみつけた。

国立新美術館が公開している
日本の美術展覧会記録1945-2005

である。これはかなり使えますよ。



タグ:美術展
posted by 山科玲児 at 09:28| Comment(0) | 2017年日記

エルミタージュのムリーリョ

Hermitage Murillo 1996 東武  ss.jpg


宗教画のリストを出したときに、エルミタージュのムリーリョの画像を間違えてしまった
1996年に、いまはなき池袋:東武美術館で開催された
「エルミタージュ美術館 16-19世紀スペイン絵」で
実見した「無原罪のおやどり」(イメージは、そのとき買った大判額絵)のほうを挙げるべきだったのだが、
もう一点ある別の「無原罪のおやどり」にリンクを貼っていた。遡って訂正した。

   しかし、同じ位の大きさとできの、ムリーリョ「無原罪のおやどり」を2点ももっているとは、さすがにエルミタージュである。ちなみに、Wikimediaでは、イメージの方の絵は「聖母被昇天」となっているが、エルミタージュの公式サイトは「無原罪のおやどり」としているので、そちらが正しいと思われる。これは、イメージの絵が球体を踏まえていて、三日月を踏まえる「無原罪のおやどり」と異なっていることから異説がでたのだろうが、やはり「無原罪のおやどり」で良いとされているようだ。イメージの絵は、ウォルポールの「無原罪のおやどり」Walpole immaculate conceptionとされていて、もとは英国貴族のウォルポールSir Robert Walpoleのコレクションだった。このSir Robert Walpoleは、あのゴシック小説作家 Horace Walpole の祖先である。

  私としては、2点のうち、イメージにあげたほうWalpole immaculate conceptionが優れていると思う。
  ちなみに、プラドでムリーリョの絵を多数観たとき思ったのは、大きい絵ほど出来が良い傾向があるということだ。大きいほど画料が高いという原因もあるのだろうか。

  どうも、ムリーリョの絵画のカタログレゾネや本は、、意外なほど少ないようだ。
例によって、Rizzoli Flammarionには一応あるようである。
**2点の画像::




posted by 山科玲児 at 05:00| Comment(0) | 2017年日記