2018年01月09日

ウイーンのブリューゲル展


新年ですでに秋の話ですが、
2018年 10月2日〜2019年1月13日まで
ウイーン美術史美術館で
ブリューゲル展です。
2 October 2018 to 13 January 2019
http://www.khm.at/en/bruegel2018/


  しかし、ここは 12点もブリューゲルの大きな絵をもっているところなんで、1昨年のプラドのボス展よりも、もっとじぶんのとこの作品中心ですね。
  したがって是非いくべきか、という点では、躊躇するところもあります。

 例えば、2020年にウイーンに行ったとしても、観る作品はあまり変わらないということですからね。
 2つのバベルの塔(ウイーンとロッテルダム)が同じところで展示されるという噂は前から聞いていましたが、その展覧会がこれですね。

ちょっと考えたんですが、この展覧会の影響というのがありますね。

貸し出されたブリューゲル作品は本来のところにないわけです。
この展覧会時期の前後に、ロッテルダムのボイマンスを訪ねてもバベルの塔は、まず観ることはできないでしょう。
また、仮にアントワープの狂女グリート(今、修理中だそうですが、、) が貸し出されていた場合、アントワープを訪ねたら、空振りになってしまいます。

そういうことも注意しないとね。


posted by 山科玲児 at 09:12| Comment(0) | 2018年日記

ゲント美術館の反論

Gand Ghent Bosch SKIRA.JPG



一昨年、2016年02月19日

ゲントのボッス「十字架を運ぶキリスト」否定説
を書きました。


BRCPがゲントのボッス「十字架を運ぶキリスト」(イメージは左下部分)が真蹟ではないと判断しました。 ゲント美術館が反発し、すぐ近くの北ブラバント美術館で開催された特別展に出品しませんでした。

オランダの ス ヘルトヘンボスの北ブラバント美術館
  2016年 13 February - 8 May


実は、このときの展示目録がよくわからないんですよね。リストがどこかにないものですかね。


BRCPの方の主張は、日本でも流布している人もいるようですが、根拠がはっきりしませんでした。 一方、ゲント美術館側の主張もネットで公開されておりました。


これはBRCPの筆頭学者:Kordeweijを呼んで、他の学者や修理担当などとシンポジウムしたときの要約です。

これでみると、BRCPでは絵の下の素描が快楽の園なんかとは様式が違うということが一番の疑義みたいです。

ゲントの絵の下書きを赤外線でみたものは、、

BRCP Infrared refrectgraphy Photo

どっちかというとメムリンクの下書きに近いですね。 この下書き問題については、

2016年07月25日
快楽の園の下書き

で比較紹介しました。



しかし、BRCPで真蹟にしてる 


守銭奴の死

 なんか、快楽の園の下書きの様式と全然違いますし、むしろBRCPが偽/コピー/模倣作とする「七つの大罪」と似てますね。


また、

ゲントの「十字架を運ぶキリスト」と
「聖ヒエロニムス(ゲント)」

とは下書きの様式がやや近いですね。


  どうも下書きの様式で、ボスの真蹟と確定するなら、BRCPよりもずっと少ない作品しか認定できないようです。なんか三種類ぐらいに分かれているようです。じゃボスって三人いるのかなあ。


 この件は、まだまだ二転三転しそうです。

posted by 山科玲児 at 08:24| Comment(0) | 2018年日記