2018年01月13日

ブリューゲルの修復



アントワープのマイヤーファンデアベルヒ美術館の看板


が修復中のようです。

    とすると、ウイーンには貸し出さないな。

修復作業の件をマイヤーファンデアベルヒ美術館のClaire Baisier 館長
.が解説している動画がありました。

修復作業に関係する調査で次のことがわかったそうです。

・Prof Martens によると、題名  DULが書いてあったので、DULL Griet という題名は当初かららしい。

・青顔料としてスマルト(花群青)を使ってあったので、現在は青が褪色してしまっている。これを
戻すことができたら、相当 現在とは 変わった画面になるでしょう。


posted by 山科玲児 at 20:12| Comment(0) | 2018年日記

忘却されていたブリューゲル

Breugel Marijnissen  ss.jpg

中野京子  はじめてのルーブル   集英社、2013
http://bunko.shueisha.co.jp/recommend/satsuki_01.html
を読んで、またひっかかったのは、
カラヴァッジョのことを書いた13章の中で

13章>生前から現代に至る数百年間、評価も人気もぴくりとも揺るがないミケランジェロ、ティティアーノ、ブリューゲル、ルーベンスなどの凄さを、改めて認識させられよう。
というところです、ブリューゲルを入れるのは、明らかに筆が滑ったのでしょう。



>18世紀から19世紀になると、ほとんど顧みられることがなかった。
 ソース:: 森洋子 ピーテルブリューゲルの芸術 1968 みずえ No.53に掲載

>18世紀全部と19世紀の大部分で長く忘れられていた

 拙訳 ソース P. Bianconi,Tout l'oeuvre peint de bruegel l'ancien , Flammarion, 1968, Paris

ブリューゲルの作品として有名で、サインもあるブリュッセル王立美術館にある  反逆天使の墜落(天使と魔物の戦闘)  (イメージのマレイニセンのブリューゲル本の表紙カバーに使われています)は地獄ブリューゲルの作品というふれこみで、1846年に、500フランで美術館が購入したものです(REF1)。

   その14年後に、ミレーは「晩祷」  をベルギー人Victor de Papelenに1000フランで売り、それが世紀末ごろには75万フランになって世界一高い絵と称されておりますから、当時の500フランというのはそうとう安いんじゃないかと思います。

  アントワープのマイヤー  ファンデアベルヒ美術館の「悪女グリート」は、1894年ケルンのオークションで 390マルクで買いました(REf1)。
   フリッツ・マイヤー  ファンデアベルヒ以外、だれも入札しなかったので、最低値だったそうですが、390マルクというのもはそうとう安い価格のように思えます。しかも、現在 傑作として賞賛されているこの絵をマイヤー以外、だれも入札しなかったとは。。。

 ちなみに、スペイン政府が、最近、買い上げた「聖マルチヌスのワイン」は、ブリューゲル最大の大作ということもありますが、約10億円ぐらいだったと聞いています。これは国外に出さないというようなこともあって、このへんで落ち着いたのでしょう。

   これから考えてブリューゲルの評価が19世紀に高かったとは思い難いところです。実際、ブリューゲルについての18世紀以後、最初の研究は1869年のドイツ人ワーゲンGustav Waagen(ベルリン美術館館長)の記事6P(遺稿)です(Ref1)。

   また、ミュンヘン  アルテピナコテークの「怠け者の天国」は、なんと1917年の購入です(REf1)。他のルーベンスの傑作などが、18世紀以前のバイエルン選帝侯の収集であることと、ずいぶんな違いがありますね。

   REF1.  P. Bianconi,Tout l'oeuvre peint de bruegel l'ancien , Flammarion, 1968, Paris
  絵の名前は森洋子 ブリューゲルの世界、とんぼの本、に倣いました。こういうのは統一しとかないと、、


posted by 山科玲児 at 07:17| Comment(0) | 2018年日記