2018年02月03日

ひっかかり過ぎる

中野京子  はじめてのルーブル   集英社、2013
http://bunko.shueisha.co.jp/recommend/satsuki_01.html
 この本に、カラヴァッジオが、20世紀まで、あまり評価されず、1951年のミラノのカラバッジョ展でブレイクして、再評価されたような記述があります。
  どうも、これの種本は、
   ジョナサン・ハー 著  , 田中 靖 訳 、消えたカラヴァッジョ 2007/12/12  岩波書店
         https://www.iwanami.co.jp/book/b264570.html
という、小説ではないか?と「消えたカラヴァッジョ」を読みはじめて思いました。
  そういう記述が冒頭近くにありますのでね。

  この小説、さらっと読めるという評判ですが、どうもおかしなところが多く、その都度、ひっかかってしまうので意外に読みにくい感じがします。ダヴィンチ・コードほどのトンデモじゃないんですが、ひっかかるたびに反感をもつので通読できるかどうか怪しく思ってます。
   アイルランド国立美術館に対する偏見に満ちた描写もどうかと思います。 また、修復作業について、そうとうおかしな記述があるようにみえます。キャンバスの裏打ちは、蜜蝋とダマール樹脂でやるんじゃなかったかな?糊なんか使うの?と思ったら、色々流儀があるようです。イタリア式とかドイツ式とか。。それに裏打ちのときは薄い紙を表面に貼るでしょう、、机に直に絵画の面をのせるなんてありえないよね。当方は、東洋画や拓本の裏打ちや修理はやったことがあるので少しはわかりますが、かなりひどい記述ですね。

  なんか、業界で聞いた、真偽不明の噂話やジョークを知ったかぶりにきかされているような感じがして、かなり不快です。読者を無知だと決めつけて、業界用語を使っておまえらは知らないだろう、と得意がっているような感じがします。
    例えば、冒頭にでてくる サー・デニスは、Sir John Denis Mahon, CH, CBE, FBA (8 November 1910 ? 24 April 2011)でしょう。注釈か後書きにでも入れればいいのに、初め、雑誌アポロの編集者・学者として活躍したDenis Suttonかと思いましたが、カラヴァッジョの本を読んだら、こっちの人でした。


posted by 山科玲児 at 10:51| Comment(2) | 2018年日記

米司法省とFBIがトランプ陣営を盗聴


  司法省機密文書から、作成したメモ(これもまた機密文書)の機密が下院での決議によって解除されたものが公開されました。


Politicoというニュースサイトにも画像ででています。
Full Text Nunes Memo


  「TOP SECRET ...」が消されて、UNCLASSIFIEDのゴム印が押されているのが生々しいですね。

なんと、あっというまにWikipediaに
Nunes Memo
として、解説され、画像まででてました。


   精読してはいませんが、


   2016年10月21日から、FBIと司法省が、トランプ陣営の選挙活動の幹部 Carter Pageの電話Emailなどの通信を盗聴傍受していた。それは、司法長官(または副長官)・FBI長官(または副長官)の承認をえていた。

       盗聴の法的根拠は、FISA(Foreign Intelligence Surveillance Act), FISC(Foreign Intelligence Surveillance Court) という法律・制度にある。それは当方の粗雑な解釈では、「外国のスパイやテロリスト の嫌疑を受けたものの調査において盗聴などを許可する制度」らしい。

  ロシアのスパイとみなされたわけなんでしょうが、

   ロシアのスパイと疑った根拠はSteele文書と呼ばれるもので、Christopher Steeleが作成したものである。Steele文書は、民主党とクリントン陣営が16万ドル支払ったもので、Fusion  DPS社とPerkins Coie法律事務所を経由している。

    ウオーターゲート事件よりひどいですね。

     ところで、BBC日本語版は今年の3月に
       トランプ氏、オバマ氏が「盗聴」と主張重ねる 裏付けなく (21017年3月16日)

と報道していたんですが、トランプのほうが正しかったのではないかと思います。



posted by 山科玲児 at 08:33| Comment(0) | 2018年日記