2018年02月05日

国宝 「智永 真草千字文」谷跋

真草千字文 谷鐵臣 跋.JPG


太宰府の九州国立博物館:特別展『王羲之と日本の書』
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s50.html
に、3月13日〜4月8日まで公開される
国宝 「智永 真草千字文」について、あまり知られていない資料を提供しましょう。
雑誌「墨」で小さく紹介し、ネットでも1997年にも、紹介したんですが、かなり粗雑な画像だったので、また提示する意味はあるでしょう。この国宝 「智永 真草千字文」、もと正倉院にあったものだという推測もなされていますが、明治時代には京都の谷鐵臣の所蔵でした。谷の跋がついていましたが今は谷跋は行方不明のようです。

   行方不明の跋文の珍しい焼き付け写真が手元にありますので、紹介します。焼き付けがセピア色になってしまっています。紫色の部分は変色のようです。現物が行方不明である以上、こういうものでも価値はあるでしょう。もともと「智永 真草千字文」、全部の焼き付け写真セット册だったようなんですが、かなり落丁した册を偶然古書展で入手したら、これが末尾についてました。

原文の草書を読むと次の通りです。
右楷草二千字紙用向麻墨光如/漆初有異僧伝之云昔時空海入/唐所獲与諸□観賞或以為永師真蹟/或以為虞[衣者]臨模余即宝秘之不/斉文皇禊帖也/   甲申之夏/太湖翁識
/は改行箇所
拙訳> 右の楷書草書の二千字は、黄麻紙を用い、墨色は漆のようである。もともっていた僧侶の言い伝えでは、空海が唐でえたものだそうだ。いろいろな人が観賞して言うことには、「智永の真跡だ」「虞世南かちょ遂良の模写だ」。私がこの墨跡を宝としていることは、唐の太宗皇帝が蘭亭序を宝としたことと同じではないだろうか? 明治17年夏太湖翁識
posted by 山科玲児 at 07:25| Comment(4) | 2018年日記

第2のウォーターゲート事件

2016年秋の大統領選挙期間に、
米司法省とFBIがトランプ陣営を盗聴していた件は、

第2のウォーターゲート事件 しかもウォーターゲート事件よりはるかに悪質なものなのに、

日本ではほとんど報道されておりませんね。

あの大統領選挙期間に、「ヒラリー 当選確実」とフェイクニュースを垂れ流していた日本のマスコミですから、無理も無いことだと思います。

さすがにアメリカではかなりの騒ぎになっているようです。

CNNなどは、当然、火消しにやっきです。

しかし、この公開されたNUNES メモという機密文書ですが、
このDevin Gerald Nunes議員は、実はポルトガル系で、WASPじゃないんだね。むしろヒスパニックに近い方です。顔が浅黒いから、ひょっとしたら、と思ったのですが、やはりそういうかたでした。



posted by 山科玲児 at 06:47| Comment(0) | 2018年日記