2018年02月28日

トリプティックは祭壇画だとは限らない

triptych.jpg


  昨日、米国ノースカロライナ美術館にあるアールストの華麗な絵のことを書いたが、
なんでノースカロライナ美術館を覗いたのかというと、イメージの絵がここにあるからだ。
この絵は宴会の絵なんだが、矢印で示したようにその真ん中にトリプティック(triptych). 三連祭壇画が飾ってある。宴会場だし、どうみても祭壇にはみえないところに飾ってあるし、下のリンクで細かくみても、必ずしもキリスト教的な絵画ではないようにみえる。宗教画だとしたら、真ん中は「キリストの捕縛」か「十字架の道行き」かな??

Bartholomeus van BASSEN  and Esaias van den Velde
Interior with Banqueters, 1618-20
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:BASSEN,_Bartholomeus_van,_Renaissance_Interior_with_Banqueters,_1618-20.jpg
North Carolina Museum of Art
http://ncartmuseum.org/

 ボスの「乾草の車」や「快楽の園」もどうも祭壇画とはいえない。
 16世紀ごろには、こういう「祭壇画でないトリプティック(triptych). 三連祭壇画」があったようだ。なんか用語が矛盾しているような感じで、triptychの翻訳語を買えたほうが良いようにさえおもいました。

  逆に、オーソドックスな、宗教的な三連祭壇画としては、メムリンクの作品をあげておきます。
 下の写真では、構造がよくわかります。ブリュージュのメムリンク美術館にあるこれらの絵ではオリジナルらしい額の構造がよくわかります。




posted by 山科玲児 at 08:18| Comment(0) | 2018年日記