2018年07月31日

中国古代史研究の最前線 書評 東方

中国古代史研究の最前線.JPG

東方書店の宣伝紙:東方の最新号に

山田崇仁氏の中国古代史研究の最前線 の書評がでてました。
なかなか良かった
当方も、書評をおいときました。

中国古代史研究の最前線  書評  続2 [2018/04/10 07:49]
中国古代史研究の最前線  書評  続 [2018/04/09 10:03]
中国古代史研究の最前線 書評 [2018/04/08 10:12]

posted by 山科玲児 at 20:30| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

個人的 名曲

個人的に好きな 名曲 を  下のような感じでリストしようとしているんですが、

かなり大きくなってしまいそうなので、どうしようなかあ、、と思っています。

ブログ カテゴリーをわけて1曲づつやったほうがいいのかな。

***** 記 ***


Samuel Scheidt,  Duo Serafim
Vocaloid 演奏
https://www.youtube.com/watch?v=rDSZLdB3iCc

Heinrich Schutz. Musikalische Exequien SWV279-281
  Aurelius Sangerknaben
   https://www.youtube.com/watch?v=wWOVAw7s1Sw

HEINRICH SCHUTZ - O lieber Herre Gott (Kleine geistliche Konzerte) - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=HX9JhVVC-l8

henry Purcell  Tavern Songs

Johan Vierdnck  Capriccio
F. Biber  Guardian Angel
Marc-Antoine  Charpentier 
  lecon  de tenebre /
  messe pour  port royal

Monsieur de Sainte-Colombe  Prelude  Les  Couplet
ヒレ・Perlの名演
https://www.youtube.com/watch?v=_cN_JbX8ggA

Francois  Couperin 
Pieces de Clavecin - Troisieme Livre - Treizieme Ordre
La folie francoise ou   domino
Huguette Dreyfus (harpsichord) Francois Couperin, Pieces de clavecin
https://www.youtube.com/watch?v=5R2brIXwhRc

Vivaldi  Motet Nulla Pax in Mond
Vivaldi - ''Nulla in mundo pax sincera'' (with soprano Zinovia Zafeiriadou Vidovic)
https://www.youtube.com/watch?v=G_ETroHLPGk

Vivaldi  Cello Sonata  e minor RV40
Antonio Vivaldi Cello Sonata RV 40 Muller - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=dqOUx2VhU6Y

J.S. Bach  Goldberg variations
最近は、弦楽トリオ編曲でばかり聴いてます
 J.S.Bach  Goldberg Variations (arranged for string trio by Dmitry Sitkovetsky) - YouTube 小樽での清新なライブ
http://www.youtube.com/watch?v=LdIXzJyENTs

J. S.Bach   Musicaliche  Opfffer BWV1079
バッハ:音楽の捧げもの  
有田正広
http://columbia.jp/artist-info/arita/discography/COCO-73090.html
J.S. Bach   De Kunst Fugue

Francesco Durante  ConcetとDuet
この胸を騒がせるような劇的予感に満ちたコンチェルトをコレギウム・アウレウムの演奏で聴いて以来
注目していましたが、
Concert No.1 Concerto Koln
https://www.youtube.com/watch?v=LPJC6OQxB9k
デュエットはもっとよかった。スカルラッティなどのナポリ派のアリアを編曲し磨き上げたものらしいのですが、
出藍の誉れです。
Francesco Durante - Andate o miei sospiri (duetto)
https://www.youtube.com/watch?v=5LjRdrCx0vY

Mozart Singspiel  :: Zauber flote
魔笛の曲では、このデュエットが好きです
Mozart - Duet Pamina und Papageno - Die Zauberflote. Alina Yarovaya and Konstantin Shushakov -
Alina Yarovaya(1984,Ukraina-)
https://www.youtube.com/watch?v=JbCsGZtHcjM

Mozart  motet :: Ave Verum Corps

Richard Wagner :: Parsifal
Parsifal and Venice  序曲をヴェネチアを背景にした動画
https://www.youtube.com/watch?v=z4XqLceY64E

Tyaikovsky   nutcracker Waltz of Flowers
Montreal Orchestre  Charles Dutois
https://youtu.be/AP-4nXdKlGU
posted by 山科玲児 at 08:42| Comment(0) | 日記

2018年07月29日

韓国SK建設のラオスダム決壊 カンボジアまで被害

Laos Map ss.jpg


韓国SK建設が施工した ラオスのダムが決壊し、大変なことになっているようです。

ラオスのダム決壊、カンボジアでも2万5000人が避難

なんか、この件のニュースは、かなり混乱して、不正確不明瞭な感じがします。

例えば、五十億トンもの水が下流を襲い。。と言ってますが、
黒部ダムでも四億トンです。 
あの化け物じみた三峡ダムで220億トンですから、

「補助ダム saddle dam」が五十億トンもの水を一時的にでも貯水するのでしょうか??
本ダムがこわれたのではないか?
ラオスの山の中ですから、洪水の写真はありますが、現在のダムの写真はないようです。

韓国のSK建設のいいのがれでしょうか? 

カンボジアは、被害補償をラオス政府に要求するでしょうし、そうなるとラオス政府はいやでも韓国に要求せざるをえなくなりますよね。

しかも、豪雨というのも嘘くさい

これはラオスの首都ヴィエンチャンですが、、
木 07/19   予想降水  24 mm    最高気温31°/最低24°
金 07/20         7 mm           31°/24°
土 07/21         2 mm         31°/24°
日 07/22         2 mm          31°/24°
月 07/23  予想降水 0 mm    最高気温31°/最低24°
火 07/24        1 mm           30°/24°
水 07/25       2 mm            30°/24°
木 07/26       7 mm            30°/24°


降らなさすぎでしょう。関西の豪雨では1時間で100ミリクラスというのもあったというのに。
予想ですから、実績は違うということもあるかもしれませんが、この3倍降ってもたいしたことないでしょうね。

当方、なぜかラオスの地図をもってます。アンコールワットにいったとき、なぜかラオスの地図をタイのドンアム空港で買ったものです(イメージ)
posted by 山科玲児 at 09:46| Comment(0) | 日記

いかなくてよかったかも



奈良県 記録的短時間大雨次々と
https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/07/29/1344.html

ううむ、これからすると
奈良国立博物館にいくのをグズグズのばしていて、よかったかもしれないなあ。

posted by 山科玲児 at 09:33| Comment(0) | 日記

2018年07月28日

バロックダンス

Versailles 舞踏 ダンス.jpg


 2005年3月13日に、上野 東京文化会館小ホールで、バロックダンスの実演を観たことがある(イメージ)。

 それ以後、当時の舞曲や組曲は、舞踏なしで独立して演奏されることも多かったとはいえ、舞踏をある程度 前提にしているんだな、とは思っていた。
  舞踏のBGMとしての器楽曲という性格をついわすれがちである。

  しかし、最近、フィギア  スケートでクラシックを使っている例をみて、また再認識したものだ。

  リュリのオペラ・バレーなどは、とくにビジュアルがないと価値がわかりにくいものだが、
  最近みたバロックダンスの動画では、下のものがよかったと思う。
   軽やかなダンサーはNatalie Van Parys  オランダ系フランス人かな??
    画像精度がいまいちなのでわかりにくいが、仮面をつけて舞踏しているようだ。
passacaille armide lully

 同じ曲のダンスで、豪勢な衣装だが、ちょっと重苦しい。ただ音質・画質はよりよい。
Baroque Dance - Passacaille from Armide (L'Abbé, Lully) - YouTube

パッサカリアやシャコンヌの、あの執拗な繰り返しも、舞踏ならむしろ自然に感じられる。


posted by 山科玲児 at 10:23| Comment(0) | 日記

政治家スキャンダル話


  最近、週刊誌などで、、でてる話題なんですが、2件あって、相互の関係はなさそうです。
名詞だけ列挙します。真偽のほどはわかりませんが、マスコミはどうせあまりださないでしょう。

・ 東京医科大学裏口入学、 吉田統彦 衆議院議員(眼科医)  羽田雄一郎 参議院議員

・ 野田聖子事務所 仮想通貨 スピンドル(GACKTコイン) 金融庁

タグ:マスコミ
posted by 山科玲児 at 09:36| Comment(0) | 日記

2018年07月27日

古典派以降のオルガン音楽

Famous Organ Music 10CD.JPG

このオルガン音楽の選集

は、各地のオルガンを聴くという意図で買ったのだが、必ずしも古楽器ではなく、最近建造したオルガンもあったので、その点では、評価は半々というところだった。

一方、刺激になったのは、古典派以降、現代までの作曲家の作品も収録されていることです。
なかでも、ベートーヴェンの自動オルガンのためのアダージョ

は、美しい曲だった。

メンデルスゾーンのオルガン ソナタ  作品No.6も、なかなか良いものでした。

シューマンのB-A-C-Hによるフーガは  セバスチャン バッハに寄せるオマージュだった。ただ、あまり良い曲だとはおもわなかった。
このシューマンのB-A-C-Hによるフーガは6曲あるようだ。

かかし朝浩のマンガ「ムジカ」にあるように、シューマンは、平均率クラヴィーア曲集を学び。友達のメンデルスゾーンが、マタイ受難曲を再演したバッハ再興の騎手だったのでこういう曲も作ったのだろう。
また、ひょっとしたら、フーガの技法の最終曲のだい3主題がB-A-C-Hであることを知って、こういうものを作ってみようと思ったのかもしれない。
フランツ・リストのB-A-C-Hによる作品は、騒々しい感じで、あまりよく思わなかった。
そういう意味じゃ、19世紀のB-A-C-Hによる作品は、あまり成功していないのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 10:25| Comment(0) | 日記

エッシャー展


  近くのハウステンボスにもエッシャーの大収集があるので、あえていかないかもしれませんが、
 イスラエルの収集で、構成された大きな展覧です。
  東京は、今週末で終わり、大阪 福岡 愛媛と巡回するようですが、結構間隔があいてますね。

ミラクル エッシャー展
http://www.escher.jp/
東京 2018年6月6日(水)〜7月29日(日)上野の森美術館 開催中 [終了まであと2日]
大阪  2018年11月16日(金)〜2019年1月14日(月・祝)あべのハルカス美術館 開始
福岡  スケジュール未定
愛媛  スケジュール未定
タグ:エッシャー
posted by 山科玲児 at 07:58| Comment(0) | 日記

2018年07月26日

シェクスピア物語にはなかった


LAM shakespear (1).JPG

憂国のモリアーティ  のPVででてる
http://jumpsq.shueisha.co.jp/rensai/moriarty/
地獄はもぬけの殻だ。全ての悪魔は地上にいる。
という惹き句は、

シェクスピア劇  テンペストかららしい。
Tempest  Act1, Scene 2
で、嵐の中で叫ぶ言葉をエアリアルがプロスペロに語る部分の一部のようである。
Hell is empty and all the devils are here
地獄はもぬけの殻だ。全ての悪魔は地上にいる。

これは名言集にも、とりあげあられているようなのに、、
チャールズ・ラムのシェクスピア物語(イメージ)
にはなかった/省略されていた。
ヴィクトリア時代の良識からすると、刺激が強すぎたのだろうか。。
posted by 山科玲児 at 10:33| Comment(0) | 日記

餃子のサイト



餃子 平和楼 ss.jpg

偶然みつけたんですが、東京・神奈川・京阪神を中心とする餃子サイトがあるようです。
東京餃子通信

長崎では水餃子の老李しか名前がでてないようですね。

長崎なら、やはり平和楼の餃子(イメージ)が一番良いとおもいました。このサイトで紹介されている焼き餃子の写真は、だいたい焦げがつきすぎ、あまりみかけがきれいでないように感じられました。

長崎の外の店では、慶華園の餃子(二種類ぐらいの盛り合わせでした)も良いし、雲龍亭の1口餃子も店主と面識あるから、まあ悪くないと思います。


posted by 山科玲児 at 06:41| Comment(0) | 日記