2018年08月18日

キュレネのヴィーナスの行方

Vinus Cyrene.JPG

ARTGALLERY アートギャラリー テーマで見る世界の名画 全 10巻 - 集英社
https://www.shueisha.co.jp/artgallery/
第1巻 ヴィーナス
https://www.shueisha.co.jp/artgallery/vol01.html
 を借りてきて読み直していたとき、

故 澁澤龍彦氏が芸術新潮に書いたエッセイ を思い出しました。
ヴィーナス--処女にして娼婦(古代美術館-14-) : 芸術新潮1975年11月号
 澁澤龍彦氏は、ギリシャ・ローマ彫刻のヴィーナスでは、「キュレネのヴィーナス」を最も高く評価していたようです。

 この号には、長く芸術新潮 専属  写真家であった 野中昭夫氏が素晴らしい写真(イメージ)を撮影し、掲載しています。
 これは、キュレネのヴィーナスの写真の中でも、最も美しいものではないかと思います。
 ローマのサイトが掲載している画像
Venus (Aphrodite) of Cyrene
http://penelope.uchicago.edu/~grout/encyclopaedia_romana/miscellanea/museums/venuscyrene.html
と比べてもずっと素晴らしいものです。彫刻の写真は写真家によってそうとう差がでることを実感するところです。
 著作権の問題でクレームがあればすぐ削除しますが、ここで危険を顧みず、縮小したイメージをあえて掲載した理由は、 このキュレネのヴィーナスが、今どうなっているか、破壊されていないか、心配な状況だからです。。
 実は、この彫刻、2008年にイタリア政府からリビアに返還されております。そして今はリビアは無政府状態であり、一時はISの根拠地、訓練基地になっておりました。いまでもイスラム原理主義的武装勢力の巣、欧州へ移民を輸出する人身売買ビジネスの拠点の一つになっております。

 ISがパルミラ遺跡を破壊し、ニムロドの遺跡も破壊し、彫像破壊を欲しいままにしていたことは周知の通りです。このようなヴィーナス像なんか一番危ないのではないか?と思います。
2010年にキュレネを旅行した人の記録では平和に彫像を観賞できたみたいですけどね、ただ、これは返還品だから、首都トリポリの美術館にあったのかもしれませんが、このブログでは記録されてはいないようですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/k4216503/68127000.html
 このブログ主が旅行したころや、イタリアが返還した時点では、カダフィ大佐が賢明な独裁をやっていたのですが、2011年に、わけのわからない勢力の援助で革命が起きて、イスラム原理主義勢力中心のムチャクチャな政治状態になっております。
  キュレネは、もともと北アフリカのギリシャ・ローマ都市 キューレーナイカであって、今は絶滅した貴重な香草・医薬であったキューレーナイカのシルフィウムの産地として有名な町だったのです。 また、「アフリカのアテネ」とさえ言われた学術の町でもありました。イタリアが1912年ごろ植民地支配したころに、このキュレネのヴィーナスが発見され、ローマにもっていかれました。テルメニ駅の近くディオクレティアヌス帝の浴場跡のテルメ博物館に長く展示されておりました。

  2008年の返還
は、リーマンショック後PIIGSと呼ばれて苦しむイタリアとその前の原油価格高騰で潤うリビアを背景にした、善意とリベラリズムによるものだったんでしょうが、完全に裏目に出ました。
 ルーブルがミロのヴィーナスを絶対返却しないのは、正しいと再認識した次第です。
posted by 山科玲児 at 07:15| Comment(0) | 日記

2018年08月17日

八破画


八破画.jpg

  香港の美術雑誌 Orientations 最新号 volume  49  No.4  JulyAug  2018
で 知ったのだが、
  米国ボストン美術館で、「八破画」 という奇妙な絵画の展覧会が昨年あったようだ。
China’s 8 Brokens
 Puzzles of the Treasured Past
June 17, 2017 – October 29, 2017
 Lee Gallery (Gallery 154)
https://www.mfa.org/exhibitions/chinas-8-brokens
https://www.mfa.org/exhibitions/chinas-8-brokens/highlights
 これは、一見コラージュのようにみえるが、実は皆、ハイパーリアリズムで描いてある、一種の静物画である(1911年という年紀が絵の中に入っているが、署名はない)。


Orientationsの  ベルリナー(ベルリン人???)という人の解説では、
孫鳴球 という画家の 拓本やその模写、他人の作品の模写偽作などを絵に再現したコラージュ風の作品が紹介されていた。
この図は オークション会社BONHAMSの去年のオークションで一万ドルでおちたものだから、そう超高価に評価されてるわけでもないが、現在はボストン美術館に入ったものだという。
 まあ一種のおもしろさはある。

  文物商店で売っていたというようなものもあるのだが、私は観たことがない。ちょっと残念な気がする。

  どうもこういうものの原型を作ったのは、道光年間に活躍した文人僧侶の六舟という人のようだ。六舟の作品(浙江省美術館  下イメージ 1832)があげてあった。六舟は、懐素の草書千字文 墨跡をもっていたので有名であるが、金石僧というあだ名のとおり、拓本とりの技術に優れ、青銅器などの収集もしていた。六舟の遺徳というべきか。
百歳圖  六舟ss.jpg
posted by 山科玲児 at 09:23| Comment(0) | 日記

巨大な漆器

昨日、言及した大倉集古館  の巨大な漆器は、まだ、
東京国立博物館のアジア・ギャラリー(東洋館)に展示され続けているようなので、
九州国立博物館でのオークラ・コレクション展には出張しないようである。

夾紵大鑑(きょうちょたいかん)

展示すれば、そうとうインパクトがあると思うのだが、やめた理由は、東京国立博物館との契約の問題か?  移動中に壊れる心配が大きすぎるためか? はよくわからない。
これは、夾紵(きょうちょ)  つまり乾漆 張り子つくり、の漆器である。まあ、こんな大きなものは、大木を削って漆器の素地・器胎にするわけにもいかないだろう。張り子といっても実物を観たところでは布だけでなく竹や木材の薄い板も使われているようにみえた。  あるいは、修理部分がそうみえたのだろうか??
いずれにしても、ここまで大きな乾漆器というのも珍しい。

1980年ごろに、田口善国(1923-1998) という人間国宝にもなった漆藝家が復元修理したものらしい

こういう発掘ものの古代漆器は、なんらかの修理しないとこわれてしまうのが普通なので、脱水・修理などはしないわけにはいかないものなのだが、そのときどういう処理をしたかでかなり印象が違うことになる。




posted by 山科玲児 at 04:51| Comment(0) | 日記

2018年08月16日

オークラ コレクション展


九州国立博物館では、この秋、

オークラ コレクション展  10月2日(火)〜 12月9日(日)
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s52.html
 ということで、大倉集古館から借りてきた特別展をやるようである。

大倉集古館は日本最初の私立美術館ということで大正6年開設ということである。
 この古いということには、よいところもあれば悪いところもある。
 現在なら希少かつ高価で買うチャンスがまずないようなものを容易に獲得できたという面もあるが、一方で当時は高く評価されていたものをコレクションの代表にしようとして高価に獲得したのだが、現在ではそれほど高くは評価されないというようなこともある。

 大倉集古館の特別展のちらしが横山大観と前田青邨であって、国宝の古美術品でないのは、そういう事情も背後にあるのかもしれない。名の通った客よせできそうな古美術品をあげられなかったのかもしれない。もちろん  優れた古美術品がないわけではない。国宝の随身庭騎絵巻(ずいじんていきえまき)も良いし、国宝の古今集序も優れている。ただ、ちょっと地味な感じがあるのだろう、また、関東大震災のときかなり被害を受けたことも残念なことである。

 ただ、こういう古い美術館博物館には、収集当時はつけたりやまとめ買いのおまけ、安かったらついでに買った、というような目録にもあまりのっていないようなものの中に、現在では貴重なものが発見されることも少なくない。

  現在はどうか知らないが、東京国立博物館の東洋館に長く貸し出されていた、中国の2000年以上前の1mもある漆器の大きな鉢がある。こんな大きな漆器、しかも模様があるものは、現代中国の発掘品でも少ないのではなかろうか。
 また、清明上河図巻のヴァリアントも1つ展示されるそうである(展示期間10月2日〜11月4日)

 私としては、おもわぬ掘り出し物があるんじゃないかと期待している。英国最古のダリッチ美術館も相当良かったこともあるしね。

posted by 山科玲児 at 18:33| Comment(0) | 日記

NHKとフェイクニュース

テレビはもっていないので、知らなかったのですが、NHKの土曜ドラマで「フェイクニュース」というのが放映されるそうです。

NHKのドラマは、昔の「聖徳太子」であきれかえって以来、「フェイクニュース」「洗脳装置」「この番組は、フィクションで、実在の人物・団体とは関係ありません」というようなものだと、みなしておりました。

NHKドラマで、いまさら「フェイクニュース」って、冗談がきついですね。フェイクの総本家が「フェイクニュース」というドラマをつくるとは、、常習的なうそつきが「ウソつきは他人だ」と言ってるようなものなのかな? もう自己言及というか、何重もの入れ子になっているというか、複雑すぎてわけがわかりません。


続きを読む
posted by 山科玲児 at 07:52| Comment(0) | 日記

2018年08月15日

敗戦の日に読む昭和天皇独白録

昭和天皇独白録.JPG



昭和天皇独白録  文藝春秋社,  1991年3月10日
を読んでます。
現在出版されてるのは、
昭和天皇独白録 (文春文庫) 文庫   1995/7/1
です。

この本で、一番気になり、とても違和感があるのが、
【三国同盟  昭和15年】
  【昭和21年3−4月に聴き取り】
 >同盟論者の趣旨は、ソ連を抱き込んだ、日独伊ソの同盟を以て英米に対抗し以て日本の対米発言権を有力ならしめんとするにあるが、一方独乙(ドイツ) のほうからすれば、以て米国の対独参戦を牽制防止せんとするにあったのである。
  この「ソ連を抱き込んだ、日独伊ソ」ってところですね。そもそも、何年も前に「日独伊」「防共協定」をやっていたはずですからね。共産主義のソ連と同盟するって、、おまけに、そのあと
>1941年6月22日3時15分、ドイツ軍は作戦名「バルバロッサ」の下にソ連を奇襲
でしょ。
   昭和帝の耳に入った「同盟論者の趣旨」が こういうものだったということは、当時の日本の指導層の大きな部分が、全く世界情勢・情報に疎い、めくら同然であったのか、共産主義者が入り込んでいて、日本を敗戦革命しようとしていたかということですかね。北一輝の綱領も天皇をいただいた共産革命であって、まあシアヌーク殿下をいただいたクメール・ルージュ政府のようなものでしたから、軍内部にもそういう勢力はあったんでしょうね。
 そのあと、結局、三国同盟やったわけですから、このような「同盟論者」が主導権をとったということでしょう。

また、

日米戦争は油で始まり油で終わったようなものであるが、

と書いてあるのですが、
  じゃあ、なんで ハワイの真珠湾なのか、当時既に大油田が開発されていたオランダ植民地 スマトラや東カリマンタンを侵略して石油を確保することをやるのが先決でしょう。普通考えて。
 しかも、当時インドネシアを植民地にしていたオランダは、ドイツに本国が占領されていた状態でしたからね。
  ほんとに、どうしてでしょうね。
  参謀本部の作戦は真珠湾ではなく、ミクロネシア・フィリッピンラインでくいとめるというもので、真珠湾攻撃は山本五十六の独断だったそうですが、まったく不可解なことです。 真珠湾攻撃のとき、ハワイの石油燃料備蓄基地は手もつけてない。破壊も接収もしていないというのも、本当におかしなことです。
  真珠湾は、戦術的には勝利だが戦略的には敗北だといわれるのも、もっともなことだと思いました。


続きを読む
posted by 山科玲児 at 11:52| Comment(0) | 日記

フレマール修道院はなかったのか?

flaemaal1.jpgflaemaal2.jpgflaemaal3.jpg

  初期ネーデルランド絵画の本を覗くと、たまに、
  このフレマールという名前の由来について、、

  フランクフルトの3枚(イメージ)が、リエージュ近郊のフレマールの修道院に由来すると口承されていたことから、フレマールの画家 と仮称されていた (実はそのような修道院は存在していなかった!)
Source: 週刊朝日百科 世界の美術 49,1979年3月4日 

と、得意そうに書いていることがあります。
  これは、どうも、
Martin Davies, Rogier van der Weyden, 1972,London
に書いてあるとこらから出たんじゃないかなあ、、と思っているんですが、
偉い先生の本だからといって軽信して 得意になるのは、考え物かもしれません。

というのも、ベルギーのご当地の人は別の伝承を伝えているからです。Jacques Lassaigne, の記述を紹介してみますね。
>1849年、アーヘンで購入されたこの3枚は、リエージュ近郊のフレマール城(シャトー・フレマール)由来のものという伝承をもっていた。その後、誤解の結果「フレマール修道院」由来ということになってしまった。ところがそういう修道院は存在していなかった。一方、フレマールには「エルサレムの聖ヨハネ騎士団(いわゆるマルタ騎士団)」の病院兼教会施設があったのは事実である。
Source: LASSAIGNE, Jacques.  Flemish Painting: The Century of Van Eyck.
               Published by Skira, Geneva, 1957

   つまり勝手に誤解して修道院といい、誤解から出た架空の「フレマール修道院 Abbey Flemalle」が存在しなかったことがわかると、根も葉もない伝承だと非難したわけです。

  研究史というのは、いろんな誤りはあるのだから、慎重にとりあつかいたいものです。
  ちなみに聖ヨハネ騎士団の施設というのは、修道騎士だから修道院といえないわけでもないし、病院でもあり、また軍事施設でもあるから城でもある。ちょっと分類しにくいものですから、誤解が生じやすかったのかもしれません。
フランクフルト  市立 美術館のサイト
posted by 山科玲児 at 06:57| Comment(0) | 日記

2018年08月14日

ダリの宗教画の修理動画

・サルヴァドール=ダリ、十字架の聖ヨハネのキリスト(1951)、ケヴィン=グローブ美術館、 グラスゴー


いうまでもないことですが、「十字架のヨハネ」というスペイン人のカトリックの幻視者・聖人が感得したキリスト磔刑のイメージです。間違えている人もいたので。


というのを


私的宗教絵画リスト  下


にあげておいたのですが、


この絵は1961年に暴漢が切り裂いたそうで、そのときの修理動画があるようです。


How to Restore a Salvador Dali Masterpiece - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=xsabULGXuuY


タグ:ダリ
posted by 山科玲児 at 14:03| Comment(0) | 日記

快楽の園(Wiki)の間違い

Bosch Prado 2016.JPG


初期ネーデルランド絵画のWikipedia  で間違いが多い件は、先に指摘しましたが、
あの、プラド美術館の快楽の園 についての記述もかなりおかしい。
2,3 誤りと思われる点があるのですが、英語版でも同様でした。
なんかなあ、長文の英語版で、間違ってるんだから、困ってしまうなあ。。

 これは、Hans Belting, Hieronymus Bosch: Garden of Earthly Delights (Art Flexi Series)2005/4/28 の記述にもとずくもののようです。
日本語版だけ訂正するのもどうかな、とおもってます

すぐみつかる おかしなところは、

@模写が多数制作された−> そういう証拠はない、現存するものは、中央画面2(ブダペスト・個人蔵)、左翼2(プラド、エスコリアル)、 かなり崩れた出来の悪い右翼1だけです。模写としては聖アントニウスの誘惑や三賢王の礼拝の模写のほうがずっと多い。

A模写はサイズが縮小 −> 中央画面1点、はほぼ原寸模写、ブダペストのものはやや縮小166x158cm  左翼は1つは原寸、1つは縮小

Bヘンドリック3世のブラッセルの宮殿でこれを観た貴顕によってボッスの評判があがった−>観た記録はたった1つ、ここを訪れたデューラーも知らなかったし観ていない。--
posted by 山科玲児 at 13:44| Comment(0) | 日記

十七帖 三井本

十七帖  香港 中文大学 嶽雪楼.jpg



王羲之の十七帖ってのは、王羲之の手紙を書道の手本として模写模刻して集めたもので、拓本として伝えられております。

日本では戦前から有名なのが貫名ッ翁 旧蔵の 三井本ですが、これ、現在行方不明のようですね。私も現物は観たことがありません。色々な文献や聞き書きをチェックすると、どうも第二次世界大戦以後は観た人がいないような気もします。

この拓本とほぼ同じ、たぶん同石(澤田氏 伊藤氏の論文/記事による)なのが 香港  中文大学文物館にある拓本册(イメージ)で、最近、多少図版がでまわってます。
澤田氏の論文はこちら、
伊藤滋さんのは、雑誌「墨」の十七帖特集にありました。


三井本は、「類例が他にない」「唯一」とされてきたんですが、どうもそうではないようです。

これは伝聞ですが、中国大陸で、不全本ながら、また、もう一册  発見された、とも聞いています。

こららは、むかしから宋拓  といわれてきたんですが、どうも信用できません。まあ17世紀より古いのはたしか だとは思います。



posted by 山科玲児 at 09:33| Comment(0) | 日記