2018年08月23日

郡山城の頭塔石仏

頭塔石仏 大和郡山.JPG

 昔、奈良にいったとき、高畑に近い頭塔にいったものだ。まだ整備中だったころで、近くで石仏を見たりした。
 昨日、拓本を整理中に、10年ほど前、奈良のかたに譲っていただいた 
大和郡山の郡山城石垣に混じっていた頭塔石仏拓本を再度ひっぱりだして観賞した。
これは石材として、奈良から郡山までもってこられたものらしく、城の石垣の一部になっている。
五尊石仏  大和郡山市のホームページ

 どうも石の隙間からようやくみることのできるようなものらしく、拓本も貴重だと思う。

  茫漠としているという印象が先入観としてあったが、こうしてみると結構はっきりしていると思う。



posted by 山科玲児 at 08:37| Comment(0) | 日記

ヴィーナス画を選ぶ

集英社  テーマでみる名画ss.jpg



ARTGALLERY アートギャラリー テーマで見る世界の名画 全 10巻 - 集英社
https://www.shueisha.co.jp/artgallery/
ですが、考えてみると、なかなかこれだけヴィーナス画を選ぶのは難しいことのように思いました。
一つには、外の巻と重複しないように選ぶのが、結構難しいからです。

  特に「第5巻  ヌード かぐわしき夢」とは、重複しがちですから、どっちにいれるか、結構たいへんだったと思います。「第9巻 神話と物語 創造の玉手箱」「第10巻 象徴と寓意 見えないもののメッセージ」とも重複しそうですからね。

また、
《愛の寓意》ブロンズィーノは、 「第10巻 象徴と寓意 見えないもののメッセージ」 にいれたほうがよかったし、
《パルナッソス》アンドレア・マンテーニャ や《プリマヴェーラ》サンドロ・ボッティチェリ は「第9巻 神話と物語 創造の玉手箱」 にいれたほうがよかったとおもいますね。


posted by 山科玲児 at 07:09| Comment(0) | 日記