2018年08月25日

クープランの仮面舞踏会

クープラン ボーモン.JPGCouprin Domino 1920.jpg


  フランソワ・クープランのクラブサン曲として、1つとるとしたら、やはり、
  クラブサン曲集第三  第13組曲の  フランス喜劇または仮面舞踏会でしょう。

   第13というのは、第一集からの通番で、第三曲集の一三番目ではない。仮面舞踏会は第13組曲では第4曲から第17曲になります。ただ、第1,2,3曲も似たような曲想ですし、最後の第18曲も、続きのようにきこえる曲想ですから13組曲全体でまとまっているようにみえますね。 仮面舞踏会には、「フランス貴婦人の一生」のような皮肉で粋な表題が各曲についています。下記に第13組曲のデータをおきます。

 なんか、各節で色替わりの衣装を使ったファッションショーみたいな感じがいたしますね。

 表題を横でフランス人ナレーターが読み上げる形式の演奏会 動画があったのでご紹介します。濱田アヤさんの演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=ZReyXPd2taI

   当方がスタンダードで聴いているのはオリヴィエ・ボーモンの演奏です(イメージ)。この絵は、ランクレの作品の一部分です。 
  ボーモンの最近の演奏ではパリ音楽院美術館の豪華な18世紀の名器を演奏した最近の動画があります。抜粋というかサンプラーみたいな感じで、一部分しか見ることは出来ませんが、一応、紹介しておきます。楽器はアンドレアス・リュッカースA.Ruckersが 1646年に作り、パリのタスカンP.Taskinが 1780年に改造したという名器です。
https://live.philharmoniedeparis.fr/concert/1042772/olivier-baumont-interprete-couperin-sur-le-clavecin-ruckers.html
これには仮装舞踏会は1曲ぐらいしかはいっていませんがスタンダードなクープランだと思います。ボーモンも頭髪が薄くなったなあ。このとき朗読されているのは、あのサロン時代の人:サン・シモンの回想録の一部です。

  このクラブサンにもロココ風絵画が描いてあります。浜松楽器博物館にあるブランシェのクラブサンもそうです。このような絵のなかに名家の傑作が混じっているということはないのでしょうか?

 エドワード  バーン ジョーンズ作のグレアム・ピアノの例http://reijiyamashina.sblo.jp/article/182479528.html

もありますから、そういうのがあってもおかしくないと思うんですけどね。
  前、紹介したユゲット・ドレフィスの演奏は LPからのせいか、ピッチのせいか少し音に違和感がありますね。昔、FMラジオやカセット聴いていたときはきにならなかったのですが、ある意味贅沢になったものです。
  LP時代に好んだのは、ランドフスカに師事した南米コロンビア生まれのラファエル・プヤーナ Rafael Puyanaの演奏でした。 彼がこのとき使った楽器も、アンドレアス・リュッカースA.Ruckersが 1646年に作り、パリのタスカンP.Taskinが 1780年に改造したという名器でしたが、どうも、前述のボーモンが弾いているのと同じ楽器らしい。。。
  https://www.youtube.com/watch?v=Gm3Ep0_-cpc

 この曲は、舞台や絵にむくのにな、と思っていたら、案の定 絵入りの本が1920年に出版されてました(イメージ)。
木版画でやや大まかな感じがします、もうちょっと繊細な味がある銅版画のものがないかな、と思うところです。
ーーー記 ーーー
Treizieme ordre en si mineur
1. Les Lys naissants Moderement et uniment
 2. Les Roseaux. Rondeau Tendrement, sans lenteur
 3. L’Engageante Agreablement, sans lenteur
 Les Folies francaises, ou Les Dominos
 4. La Virginite sous le Domino couleur d’invisible. Premier couplet Gracieusement
 5. La Pudeur sous le Domino couleur de rose. 2e couplet Tendrement
 6. L’Ardeur sous le Domino incarnat. 3e couplet Anime
 7. L’Esperance sous le Domino vert. 4e couplet Gaiement
 8. La Fidelite sous le Domino bleu. 5e couplet Affectueusement
 9. La Perseverance sous le Domino gris de lin. 6e couplet Tendrement, sans lenteur
 10. La Langueur sous le Domino violet. 7e couplet Egalement
 11. La Coquetterie sous differents Dominos. 8e couplet Gaiement
 12. Les Vieux Galants et les Tresorieres surannees sous les Dominos pourpres
 et feuilles mortes. 9e couplet Gravement
 13. Les Coucous benevoles sous des Dominos jaunes. 10e couplet Coucou coucou
 14. La Jalousie taciturne sous le Domino gris de maure. 11e couplet Lentement et mesure
 15. La Frenesie ou le Desespoir sous le Domino noir. 12e couplet Tres vite
 16. L’Ame-en-peine Languissamment

posted by 山科玲児 at 11:03| Comment(0) | 日記

長崎の冷やし中華5 冷やし酸辣湯麺



冷やし酸辣湯麺 red lantern.JPG


暑いので、またも新しい冷やし中華のメニュー求めて、昨日、出島ワーフのレッドランタンにいきました。
レッドランタン。

ここのランチの冷麺(890円)は、夏限定しかも平日限定なんですが、週替わりでいろいろと工夫がありますので、毎年注目しています。
今回は、
冷やし酸辣湯麺
写真では一見、普通の湯麺料理にしかみえないのですが、
ところがどっこい
容器まで、本当に冷えています。

なかなか美味しい料理でしたが、これは、かなり難度が高い料理ではないかと思います。
というのも、冷えた状態でおいしく食べられるように、見た目も美しくなるように味付けや料理をしなければいけないわけで、熱い料理とは違った配慮が必要になるからです。
一般に味は冷やすと薄くなるので濃いめにしたり、冷やすと固まって変になってしまう材料はいれないとかいろいろやらないといけません。
限定とはいえ、こういう手の込んだ料理を安く供してくれた店主の譚さんに感謝したいと思います。
posted by 山科玲児 at 06:08| Comment(0) | 日記