2019年02月28日

ヘンドリック・ドゥーフと米国

長崎古地図.JPG




長崎出島の商館長ヘンドリック・ドゥーフ(Hendrik Doeff、1777年12月2日 - 1835年10月19日) は、フランス革命戦争・ナポレオン戦争のあおりで、出島に 17年もいて、しかもその間にフェートン号事件にあうという波乱の人生を過ごした人だ。
  ただ、ちょっと昔からわからなかったのはオランダがフランスの属国になったあと、交易は全くなくなったのか、インドネシアのバタビアとの間には船が往復していたのか、、などである。
  前、長崎の日蘭貿易古文献を調べた雑誌論文を呼んだとき、少なくともある時期には、長崎出島の輸入品の筆頭は清(中国)産の生糸・絹であって、この東シナ海や南シナ海のまわりのローカルな交易が出島商館の主な収入源であることがわかって唖然としたことがある。オランダやヨーロッパからはるばる運んだ荷物や、日本からヨーロッパへ輸出する貨物は、出島オランダ商館の商売では、実はそう大きな部分ではなかったのだ。ただ、17世紀での陶磁器輸出はかなり大きな商売であったようだ。
 まあ、ローカルな交易で食っていけるなら、船さえあれば、出島を維持できたんだろう、、と思っていたが、実は違った。

 ネットで簡単に調べただけだが、イギリス船が海上封鎖をやっていて、フランスに降ったインドネシアのオランダ船を拿捕略奪したりしたようである。なかには英領のカルカッタまでひっぱっていかれた船もあるようだ。
  このへん、ちょっと複雑なんだが、フランス革命軍に追われたオランダ王ウイレムが英国に亡命して、英国の支持で「フランスの属国である」オランダ船への攻撃を容認するというめんどうな形になっているのである。一応大義名分はあるわけである。

  ジョナサン・スイフトの「ガリバー旅行記」にもあるように、海ではオランダ人と英国人は、もともとひどく敵対していたようだ。さらにドレイク以来の海賊まがいの英国船はオランダ植民地オランダ船をおそった。

 そうなると、出島にオランダ船はほとんど入れない。それで、なんと、ヘンドリック・ドゥーフ商館長をはじめとする出島のオランダ人とジャワのオランダ人は中立国の米国船をチャーターして交易することを考えた。ヨーロッパとの交易はともかく、インドネシア・インドシナ・中国(広州)・出島の交易ができれば、なんとか事業の維持はできるということのようである。公海というか英国船がいそうなところでは米国の旗をあげ、乗員もだいたい米国人だろうから臨検されても問題ない。 だいたい水夫は現地で雇いいれたりするのでいろんな国の人間が混じるのが普通だろう。
 そして、長崎港にはいる前にはオランダの旗にかえて幕府の役人を納得させたのである。そうはいってもオランダ語しゃべらない水夫や高級船員だらけだっただろうけれど、長崎通詞 も、出島のオランダ人たちにまかせて黙認したのだろう。オランダ船でもオランダ語をしゃべらない水夫なんてざらにいただろうから。

 しかし、米国船は、
 このネット記事
http://www.japanusencounters.net/
にみるように、9回も 長崎に入っている。とくに多いのがイライザ号で、イライザ号船長スチュアートは他の船の船長としても来ている、おそらくオランダ語に堪能で重宝されたのではなかろうか、、、ただ、1809年を最後にして1815年にオランダ王国が復活し、1817年?にオランダ船が来るまでの約6−7年間は米国船チャーターもできなくなり、出島のヘンドリック・ドゥーフとしては一番苦しい時代だったと思う。

 偽装されていたとはいえ、米国人が何度も長崎に入っていたということは、いままで全く知らなかった。

posted by 山科玲児 at 19:12| Comment(0) | 日記

イタリア風はヴェネチア風

F_シニョリーナ広場から3.JPG


 初めてフィレンチェに行き、ピッティ宮をみたとき、宮殿にしてはごついなあ、と思ったものである。それは市庁舎のパラッツォ・ヴェッキオ(イメージ)もそういう感じである。

  どうもね、日本や米国や英国の19,20世紀小説なんかで、しばしば語られる「イタリア風邸宅」とは、イメージ違いすぎないか?

これについてのヒントが、

海の都の物語 第7話 ヴェネツィアの女

にありました。

どうも、日本や米国や英国でいわれるイタリア風邸宅、はヴェネチア風なのかなあ、と思ってます。実は、ベルギーのブリュージュも、あるブラッセルの人にいわせれば イタリア風の街なんだそうです。北方のヴェネチア とも呼ばれてますが、建築様式としちゃ、確かにフィレンチェというより、ヴェネチア的かな??

posted by 山科玲児 at 07:02| Comment(0) | 日記

2019年02月27日

ヤポンセ・ロック

vermeer  geograph  francfort.jpg

 フェルメールの「天文学者」「地理学者」(イメージ)がはおっている丹前みたいなガウンは、ヤポンセ・ロックというもので、日本の和服の影響を受けたものらしい。


「オランダ紳士たちの優雅なガウン ―ヤポンセ・ロックと呼ばれた衣裳 (深谷訓子)

に書いてあった。

 この論文では、長崎から輸出した「絹のガウン」の少なさ(1642年で36枚、1708年で50枚)を不審がっているが、それはおかしい。絹は中国 広州のほうが安いということもあるかもしれないが、原因はもっと別のところにあるのでは? 
  絹は熱帯であるインド洋の高温多湿状態に耐えるには、よほど頑丈な密閉梱包でないと無理だったようである。カビと虫だらけ・痛み放題になったはずである。昭和24年ごろの学者の対談で、「日本から絹糸を輸出するとき、インド洋でカビだらけになったので、密閉梱包をしないとダメ」という話があった。木綿はわりと大丈夫だそうである。絹は熱帯では傷みやすいらしい。タンパク質だからかな。シルクロードが砂漠の道なのは、そのためだと考えている。大量輸送なら海のほうが有利であろうに、長い間、絹が砂漠の陸路輸送だったのはそのためだろう。
  その上、オランダ人と日本人の身体のサイズの違いなどから、東インド会社では、仕立て直しや特注が必要だっただろう。市販のものを買ってすますわけにはいかない。だから、最初はともかく、その後はイタリアやフランスの絹や生地でつくったのではないだろうか、とも思う。
  和服の実物が直接 モネなどの絵にでるようになったのは、蒸汽船で航海日数が少なくなり、より安全にはこべるようになった19世紀からなのは、偶然ではないのかもしれないなあ


posted by 山科玲児 at 08:14| Comment(0) | 日記

漢字名 出そうね



17世紀オランダ美術と〈アジア〉 2018年11月30日発行
(Amazon のURL)
のなかで、
  
グローバルな文脈における一七世紀後期から一八世紀初頭デルフト多彩陶器について (シー・チンフェイ〔山田今日子訳〕) という報告があります。
  
この シー・チンフェイさんって誰なんでしょうね?  台湾大学らしいけどなんで漢字名出さないんでしょう?? 不思議ですね。

ちょっと 調べたら、

Shi Ching  Fei  施静菲  國立台湾大学 教授 の女性みたいです。
http://homepage.ntu.edu.tw/~artcy/03_1_t02.html


posted by 山科玲児 at 07:40| Comment(0) | 日記

2019年02月26日

陶磁器とオランダ絵画



  2017年01月21日
  今日、東京でもやってる
    http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178491077.html
2年前に、この記事に関して、 花耀亭 様のコメントでご教示いただいた、シンポジウム論文集

17世紀オランダ美術と〈アジア〉 2018年11月30日発行
(Amazon のURL)
を図書館から借りてきました。

目次は、ここでみることができます。
https://honto.jp/netstore/pd-contents_0629341252.html

西洋美術館の幸福輝(こうふく・あきら)氏の編輯によるもので、氏の論文や序も、なかなか興味深いものでした。
例えば、1680年代にオランダ静物画から東洋陶磁器の描写が消滅する、、という指摘です。

風俗画なんかにはその後も東洋陶磁器らしいものが描かれることがあるんですが、静物画からは消滅。。

もともと、豪華な贅沢品・宝物として描かれていたことが多かったのですから、値段が安くなったのかな?それとも明清交替で輸出が止まって有田焼が入ってきたのが影響しているのか、、この辺はよくわかりません。

ただ、中国や日本美術を多く見てきたものにとっては、どうもおかしなところも眼につきました。

:::
 画中のアジア  ―一七世紀オランダ静物画に描かれた東洋磁器 (幸福 輝)
 フェルメールの描いた陶磁器 (タイス・ウェストステイン〔城靖之訳〕)
で、論じられている画中の「東洋陶磁」は本当に東洋陶磁だったのか?という問題です。
昔「セラミック・ロード展」でブリュッセルのコレクションをみたとき、オランダのデルフト窯やヨーロッパの窯がチャイナの景徳鎮や日本の有田の製品を、いかに巧妙に模倣できたのかを実感しました。そうするとデルフトのフェルメールが描いた陶磁器がデルフト製であってもおかしくない。現実問題として絵画になってしまうとそのもとが中国製なのかデルフト製なのかを区別するのは、例外的に側面からの証拠がある場合を除き、ほぼ不可能じゃないかと思います。更にヴェトナムやイズニーク(イラン)の製品もありますし。。

例えば、44Pにモノクロ図版であげてある 
ヤン・ブリューゲルの「花瓶の花」ウイーン美術史美術館
Flowers in a Painted Ceramic Vase (Vienna) | Brueghel Family: Jan Brueghel the Elder
https://janbrueghel.net/object/flowers-in-a-painted-ceramic-vase-vienna
の花瓶を景徳鎮の青花とみることはできません。広東の地方窯のものか、欧州や東南アジアでの模倣品じゃないだろうか?? 
わからない。。
***

和紙についてのコメントを削除したのは、
どうも和紙の用語・分類が地方や企業によって違いがあるようですので、それで通じないようになっているのかな、と思い、さしあたりは削除しました。
「鳥の子紙」と「雁皮紙」は私の感覚では全く違うものですが、「雁皮」を主原料にした鳥の子紙が古来からあるようなので、どうも偏見だったようです。

***



明代陶磁器と西洋静物画に関する当方の考察::
2017年01月20日
ペーテルスと中国陶磁
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178480937.html


posted by 山科玲児 at 06:06| Comment(0) | 日記

2019年02月25日

百代の過客 日記に見る日本人

逝去されたドナルド・キーン氏の作品としては、
百代の過客 日記に見る日本人
が一番、オリジナリティがあると思う。これには、続編もあって、幕末明治の日記(森鴎外、正岡子規など)も批評している。奇妙なことに朝日選書が最初の刊行なのに、朝日からは賞をもらっていない。

普通の日本人の古典文学愛好家でも、更級日記と奥の細道を中心とした芭蕉の紀行文、蜻蛉日記(翻訳)十六夜日記ぐらいは読むだろうし、「とわずがたり」は話題性があるので一応覗くかもしれない。和泉式部日記や紫式部日記ぐらいはまあなんとか。しかし、讃岐典侍日記あたりになると名前しってるだけ、ましてそれ以降の鎌倉室町などの日記は名前すら知らないというのが普通だろう。
ドナルド・キーン氏の「百代の過客 日記に見る日本人」によって、新しい世界を知った人も少なくないのではなかろうか。

神奈川の図書館の司書のかたのブログ
『百代の過客』ドナルド・キーン著
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/recommend/?p=1575
posted by 山科玲児 at 08:22| Comment(0) | 日記

幅4mのモネ「睡蓮」公開は6月


昨年10月21日にアップした
幅4mのモネの睡蓮
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/184732874.html

の件で追伸があるかと思って検索したが。
NHKのニュース短信がひっかかったとはいえ、、
https://nhkeasier.com/story/2504/

去年3月、約1年前の西洋美術館ご本家のPDF文書より詳しい情報は何もなかった。
http://www.nmwa.go.jp/jp/information/pdf/20180301.pdf

作品 クロード・モネ《睡蓮―柳の反映》
油彩・カンヴァス199.3×424.4 cm(上部欠失) 
1916
左下に署名・年記 Claude Monet 1916

2019年6月までに修理して、公開するという情報すら、このPDF文書の末尾に書いてある。
NHKは無能すぎるんじゃないのかな。NHKは、印象派の話では、少なくとも当方よりは得意のように感じていたのは間違いだったか。

西洋美術館の公開資料みていたほうが、よほどよくわかる。


posted by 山科玲児 at 07:11| Comment(0) | 日記

2019年02月24日

観賞できなかったクリヴェッリ

ascoliPiceno2 (1).JPG



  クリヴェッリの作品を求めて、アドリア海のほうの町、アスコリ・ピチェーノに滞在したときですが
  司教区美術館が閉じていたので、扉の前でみすみす退散したことがあります。
  司教区美術館はアスコリの大聖堂の隣にあるんですが、イメージの矢印があるところです。

  ここを訪ねた人の場合、たいてい閉館していて、無念を呑んで諦めた人が多いんですね、

  まれには、歓迎されて、観賞できた人もいたようです。
    2001年夏の旅(12)マチェラータ(アスコリ・ピチェーノ):てるてる坊主のオペラと美術の旅(2):So-netブログ

   その観ることができなかった絵画は下のイメージのような作品です。
crivelli diocene  ss.jpg


posted by 山科玲児 at 12:11| Comment(2) | 日記

ドナルド・キーン氏 逝去


ドナルド・キーンさん死去 日本文学研究の第一人者、96歳

御冥福をお祈りします。
「百代の過客 日記にみる日本人 」を読んで、日本でもそれほど研究紹介されているとはいえない中世以降の日記文学の真価を紹介されていることに驚きました。竹むきが記(たけむきがき)とか、キーン氏が取り上げなければ読まれなかったでしょう。 司馬遼太郎との対談本[日本人と日本文化―対談]も優れていたと思います。

しかし、共同通信の記者って、、 少なくともキーン氏の著書を読んでない記者が書いているようにみえました。

posted by 山科玲児 at 11:43| Comment(0) | 日記

顔真卿展  最終日

顔真卿―王羲之を超えた名筆  展も今日までですが、
入場するのに並ぶ、、、というのがちょっとねえ。

顔真卿展の混み方については、公式Twitterがあって、
https://twitter.com/ganshinkei2019

入場に並ぶのは昼までが多く、午後はなくなっていたみたいですけど、最終日じゃわからない。
最終日日曜じゃなければ、「祭姪文稿」あきらめて、他をみて終わるという作戦なら午後にいけば並ばずに済むようですけど、最終日日曜だからなあ。。

【追加】
混んでる状況をいろんな人が報告してくださっているが、かなりキツいみたいですね。どうしても、という人は頑張りましょう。台北故宮も2020年末で改修一時閉館するみたいだしね。
自叙帖や千字文、黃山谷の草書  憶旧遊詩巻みるだけでもいいのでは。。

posted by 山科玲児 at 08:46| Comment(0) | 日記