2019年02月17日

高かった拓本


 団塊の無知な日本人老人が、日本の東博などで中国絵画などの展覧に触れて

 「略奪したものだ」
 「安く買いたたいたんだろ」

とかいってる例を何回か見ました。

 実は違うんだなあ。。
 今回、【公式】特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」
    https://ganshinkei.jp/
で、出た  地味な拓本でも、とんでもない価格で買ってるんですよ。

 国際シンポジウム報告書「関西中国書画コレクションの過去と未来」
 http://www.kansai-chinese-art.net/report_of_symposium2011.pdf

 の68−70Pを読むと、当時の取引価格がわかります。
 顔真卿展ででてた孟法師碑の拓本は、中国所蔵家が得たのは約2万5千円でした。三井が買った価格は3万円以上、当時は小学校教師の初任給が50円ぐらいでしたから、現在の8000万円〜1億円ぐらいですね。

  他の拓本も名品クラスなら数千円〜1万円(〜約3000万円)ぐらいですからねえ。意外に安いのが旧拓争座位帖(高島コレクション)で300円(100万円ぐらい)といっても結構なお値段で、私には、易々とは手がだせないだろうな。顔真卿展の最初に出てた書道博物館所蔵の泰山刻石拓本も2万円(6〜7000万円)ぐらいだったんだろうね。ここで、中間に立った日本の業者が暴利をむさぼり、中国人蒐集家は安値で手放したとかいうストーリーをつくるヤツもでてくるでしょうが、文書を読むとそういうことはない、まあ普通に商売やってることがわかります。また中国商人も活躍してるしね。





posted by 山科玲児 at 12:14| Comment(0) | 日記

ゆずラガー



 スカイマーク航空に乗ったとき、「ゆずラガー」というフルーツビールを機内サービス販売に入ってました。なかなか美味しい物で、二缶も飲んでしまいましたので、調べてみました。スカイマークも宅配で販売するとかやればいいのにね。

常陸野ゆずラガー
https://kodawari.cc/ec_shop/goods.php?no=458

欧米に輸出が先行して、日本国内販売があとだったそうです。
どうも、ベルギービールのクリークみたいに、果物をなかにいれて醸造する方式みたいみたいですね。
買ってみたくなります
posted by 山科玲児 at 10:13| Comment(0) | 日記

書道博物館の展覧  続



台東区立書道博物館企画展
王羲之書法の残影ー唐時代への道程ー  3月3日まで
http://www.taitocity.net/zaidan/shodou/oshirase/news/1246/
エイ鶴銘が一番の見物だとは思うが、他にも良いものは多い。
エイ鶴銘の横の鄭羲上碑 拓本はあまりに大きいので、たいていのとこで展示されていない。そういう意味では珍しいものではある。ちょっと碑の石それ自身の摩滅がひどいのが残念で、鄭羲下碑ほどは親しまれていない。
その 「 鄭羲下碑」は、2Fに展示されている。
29     鄭羲下碑     鄭道昭     北魏・永平4年(511)     台東区立書道博物館
たぶん、これがあの五円で買ったと不折翁が自慢したものではないか?と思う。

東博との提携で、東博に貸すと同時に、東博から借りたものもあり、
13     定武蘭亭序ー独孤本ー     王羲之     東晋・永和9年(353)     東京国立博物館
なんかは、案外、日本唯一の定武蘭亭真本じゃないかと思う。

本館は、石碑や仏像などのコレクションがあるが、かなり並べ方などを変えてすっきりしているようである。ただ、不折翁の別号である永寿霊壺斎のもとになった永寿2年の壺
がどうもめだたない/展示されてない?のは残念だった。

実は、この台東区立書道博物館のグッズや複製が  東京国立博物館の
【公式】特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」
https://ganshinkei.jp/
の売店でも売っていた。
 色々貸してるからかな??

posted by 山科玲児 at 08:53| Comment(0) | 日記