2019年04月30日

ゲント美術館での討論会  詳細翻訳


をアップした。
BRCPがヒエロニムス・ボスの真蹟から外したゲント美術館の 「十字架を担うキリスト」について、ゲント美術館側との激しい応酬があったようである。

 しかし、この討論を読むと、BRCPもあまりに主観的で杜撰なところがある。絵の縁を切り落としてある絵なのに、縁の部分の特性がないなど、いいがかりもいいところだ。その他にもかなりブーメランが突き刺さっているようである。
 ここでは、Jos Koldeweij先生が一人で火の粉を浴びているわけだが、実際に厳しく否定したのはBRCPの他の人(Dr. Ron Spronk)じゃないか?という疑義もある。

 当方としては、ボスの作品のままでいいのではないかと思っている。別に外す理由はないしね。もしこれがコピーだとして原画があったとしたら、ほとんど人間の作品とは思えないような超絶的なものになってしまうだろうから。将来、修理して周囲にくっつけた木片をはずして年輪年代測定をやって、ダメだったら、まあそのときはそのときでいいではないか、と思う。我々はまた一人偉大な画家を見出した、彼は誰なんだろう??と考えればよい。


日本のマスコミ・出版社や学者は、すぐ事大主義でBRCPに追従しているようであるが、このような事情は、知っているのだろうか?

1979年3月11日の週刊朝日百科  世界の美術50の表紙まで飾った(イメージが証拠)作品に対して、このしうちはなさけない。


posted by 山科玲児 at 15:37| Comment(0) | 日記

太宰府で「令和」を書く催し

令和.JPG

新元号の名所:太宰府の九州国立博物館で
新元号「令和」記念「元号を書いてみよう!」
という催しが明日あるようです。
https://www.kyuhaku.jp/event/event-190407.html


手本というか、サイトにあがっているのは島谷弘幸館長の書ですね。
島谷さんは、古筆に詳しく、書学書道史学会にも参加されている人ですから。
 煽られてしまい、私も一発勝負で書いてみました。

 他でも、この手の催しはたくさん開催されているようです。平成のときは暗ーい「自粛」でしたから、こういうのはなかった。「譲位」というのもいいものだな、と思いました。

大きな字といえば、広島府中イオンモールで、
安田女子大書道部による大字揮毫パーフォーマンスがあるようです。
https://hiroshimafuchu-aeonmall.com/news/event/2042 (リンクが消えてます、中止??)
 これは、昔、広島で書学書道史学会があったとき拝見しましたが、
 なかなか大変なものだと思いました。

posted by 山科玲児 at 09:18| Comment(0) | 日記

2019年04月29日

スペイン旅行お奨めの時期と避けたい時期

Casa albert Madrid 2016.JPG



マドリード旅行のとき、お世話になった「スペインの扉」
さんがやってる現地旅行代理店のサイトで


いつがいい?スペイン旅行お奨めの時期と避けたい時期
https://vitalspain.com/travel_tips_when/

という記事がありました。
ムチャクチャに混む時期を避けるのも大事ですので、推薦したい記事だと思います。

イメージはマドリードのセルバンテス旧居があったところ、1Fはカーサ・アルベルトというレストランになっています(当方撮影)。

posted by 山科玲児 at 09:37| Comment(0) | 日記

瓢箪の筆筒

瓢箪筆筒 detail (2).JPG



をアップしました。こういうのは、英国ではNatural Objectというそうですね。

瓢箪の工芸品は大部分がコオロギ籠というかコオロギをいれる壺なので、それ以外のものは、色々な意味で珍しいものだとは思います。

posted by 山科玲児 at 08:04| Comment(0) | 日記

2019年04月28日

1枚だけ

戴本孝met.jpg




玲児の中国絵画入門 4 吉村 貞司の煽り
https://reijibook.exblog.jp/22914314/

で紹介した、戴本孝の画册1枚(イメージ)だが、

現在メトロポリタン美術館のサイトで全12枚をみることができる。
Dai Benxiao | Landscapes | China | Qing dynasty (1644–1911) | The Met

しかしながら、他の11枚の作品は常識的なもので、これ1枚だけ異様なもののようである。
こういうことがわからないと、戴本孝の作品は皆こんなふうなのかと思い込んでしまいそうだ。
posted by 山科玲児 at 06:24| Comment(0) | 日記

2019年04月27日

コシード

コシード 2019dec30 (3).JPGコシード 2019dec30 (2).JPG

マドリード旅行のとき、お世話になった「スペインの扉」
さんのサイトで、コシードというスペイン料理のレシピつきの話をみつけたので、紹介したいと思います。



上のイメージは、私が去年作った略式のコシード、まずスープにパスタをいれて飲みます。そのあと具を食べるというのがコシードの作法のようですね。写真ではあまりうまそうにみえないかもしれませんが、結構良かった。

マドリード周辺の郷土料理みたいです。

なんと  セルバンテスの「ドンキホーテ」にも、コシードらしいものがあったことは、

2018年04月01日
ドンキホーテの献立
に書いておきました。


posted by 山科玲児 at 06:41| Comment(0) | 日記

望月衣塑子は全体主義者



菅官房長官 記者会見 2019.04.24午前
https://www.youtube.com/watch?v=V1P28UTI1LE
の5分38秒からの東京新聞社会部 望月衣塑子(もちづき いそこ)記者の質問のなかで、

「SNSでの記者への攻撃に政府としての対応は?」と質問し、官房長官は「法に基づいて対応します」「現実にそういうことはないと思っています」と答えている。

  これって、政府がSNSの言論を検閲し、弾圧しろと言ってるんでしょ。そりゃ殺人予告や脅迫、テロ予告なんかをやれば警察が動くし、かってそういうことやって検挙・逮捕された人間もいた。2011年3月には新潟日報社の支社報道部長が高島弁護士を誹謗中傷した事件もあった。しかし、そういうものでない反対意見を、中国共産党みたいに弾圧しろ、記者に一般人は抗議してはいけない。と、この望月衣塑子記者は言ってるんでしょう。なんという特権階級意識なんでしょうかね。望月衣塑子記者こそファシストだし全体主義者でしょう。中国共産党御用記者になればいいと思うよ。

  ちなみに、報道自由度ランキングの件もしゃべっているが、このランキングはワインの評価よりずっと信頼がおけないイカモノである。なぜなら、2011年の日本は、22位だった。まさにそのとき、カメラの前で堂々と「これオフレコだから、書いたらその社は終わりだから」と松本龍大臣がマスコミを脅していた。その状態で22位、その一方、現在は、67位である。

「書いたら、その社は終わりだから」 松本復興相「脅し」に屈しなかった地元テレビ
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0704/jc_110704_9522446105.html

タグ:マスコミ
posted by 山科玲児 at 06:06| Comment(0) | 日記

2019年04月26日

バーンスタインのアヴェ・ヴェルム・コルプス

Mozart Brugensis RUNGE.JPG



 老いたレオナード・バーンスタイン(故人)が モーツアルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスを指揮している動画があった。逝去六ヶ月前1990年4月の演奏だという。
Mozart Ave Verum Corpus por Leonard Bernstein - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6KUDs8KJc_c

 なんか痛ましいような、世俗からもはや離れつつあるような、みたいようなみたくないような指揮である。

アヴェ・ヴェルム・コルプスの作詞者は、14世紀のローマ教皇 イノセント六世だといわれているが、モーツアルトが使った歌詞は多少変更省略しているようだ。
 当方の愛聴盤の、アヴェ・ヴェルム・コルプスは、イメージのカペラ・ブルジェンシス(ブリュージュの団体)のもので、なんと Guy de Mayなどの有名人も参加している。

 ジャケットもルンゲの名画でまことに好ましい。
  Mozart Motets  et Offertoires, 1993年  ブリュージュ  シント ヒーリス教会で録音。 1994 FORLANE   UCD 16714

posted by 山科玲児 at 10:01| Comment(0) | 日記

正倉院の墨

正倉院 墨.JPG

大阪市立東洋陶磁美術館の文房四宝展にちなんで、正倉院の墨の写真を出してみます。
これは、東瀛珠光 第四  明治41年12月20日 からとったものなので著作権消滅図版です。

宮内庁のサイト

解説文を読み直してみて、ちょっと驚いたのは、左端の墨は、昔から「開元4年の唐の墨」として有名だったのですが、実はその「開元云々」は、裏に朱書されているだけであって、ひょっとしたら違うかもしれないということです。


 雄山閣 ヴィジュアル書道全集 第十巻、文房具(平成5年)を読むと、発掘された宋時代の墨もまた、多くはこういう形をしていますので、この形は唐から宋時代まではずっと変わらなかったかもしれません。南宋末の墓から、長方形のものが発見されてますから、現在みる墨の形は南宋からというのが妥当かもしれませんね。
 また、カラスミがやはりこの形ですね(唐墨)ということでしょうか。

 ちなみに、最初の古梅園墨譜にも、これを模倣した墨がありますし、以前、古梅園(だったと思う)が新しく作った「正倉院墨」をみたことがあるので、今でもときには製造している墨のようです。


posted by 山科玲児 at 08:44| Comment(0) | 日記

2019年04月25日

ニューヨークの「聖母マリアの夕べの祈り」 続


2018年12月26日
ニューヨークの「聖母マリアの夕べの祈り」
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/185267059.html
で紹介した。TENETのモンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」の演奏ですが、
同じTENETのNYでの別の演奏ですが、
全体を収録した動画があるようです。
Green Mountain Project: January 3, 2019 at Church of St. Jean Baptiste, 173 East 75th St
New York City, 10021 United States
2019 Monteverdi Vespers of 1610 Green Mountain Project - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ifchV9VBA20
あまり欠点のない演奏ですが、強い個性があるかというとそうでもない。

今年の一月三日の新年コンサートなんですねえ。寒そうだな。。

ただ、この、Green Mountain というプロジェクト名がモンテヴェルディMonte Verdiを英語訳したものというのが、ちょっと気がつかなかったんですが、しゃれてますね。

posted by 山科玲児 at 08:49| Comment(0) | 日記