2019年05月04日

バッハ クラーヴィア曲の編曲


 有線放送で、2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV1062を聴いたとき、
  2つのヴァイオリンと弦楽と通奏低音のための協奏曲 ニ短調 BWV1043
  と同じだな。と思ったものだが、やはりバッハ自身による編曲である。
 コープマンの演奏だったが、やはりちょっとチェンバロでは、あわないかな?と思ったものだ。
  現代とは違うから、人員やパトロンの需要があって、それにあわせて曲を作るのが普通の時代だから、それはしょうがないのかもしれない。

 同様に、オルガン1台でトリオ・ソナタをやるという6曲があるが、これは息子フリーデマンの教育のためにつくられたというが、これもまた原曲がありそうだ。
 BWV527の第一楽章をトリオ・ソナタでやった演奏を聴くと、オルガンで聴くよりずっと良い曲のように感じる。

  Bach - Andante BWV 527 by Nevermind
  https://www.youtube.com/watch?v=h72SGh3KAhY

 こういうのを聴くと、バッハのオルガン曲、チェンバロ曲のなかに、多量の室内楽曲・声楽曲が埋もれているようだ、という年来の推測は、ますます確信に変わる。

 この件は、何年も前から、感じていたものである。
  2017年01月21日
  ゴールドベルク変奏曲の原形
  http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178497865.html
   2012年05月14日
  バッハは自作をどれだけ編曲したのだろう?
  http://reijiyamashina.sblo.jp/article/55832070.html

 そして、W.A. モーツアルトが、バッハの平均律などのクラーヴィア曲を弦楽四重奏などの室内楽曲に編曲していたのは、単なる勉強とか習作とかいうものではなかったのだと、ようやく合点がいった。モーツアルトには楽譜の背後に別の編成がみえていたのだろう、少なくともそう思ったから編曲したのだ。

ゴールトベルク変奏曲の弦楽トリオへの編曲が大成功したのを機会に、このような運動が盛んになることを期待したい。

バッハの曲が編曲してかえってよくなるような気がするのは、なぜだろうか?あるいは、現在残っている楽譜が、既にかなりの意に沿わない編曲を経ていて、実力の8割ぐらいしかだしていないのかもしれない。。とか妄想したくなる。

その一方、クープランなんかは、全く逆のように感じる。編曲するとダメになるのだ。

posted by 山科玲児 at 19:50| Comment(0) | 日記

テレマンのシャコンヌ


  ゲオルク・フィリップ・テレマンのイメージは、大衆受けする耳に快いBGM風器楽曲の作家というレッテル貼りがあり、柴田南雄先生がある先輩から聞いた感想として、「気の抜けたバッハ」という酷評があったようです。
  しかし、柴田南雄先生はむしろ褒めていて、
柴田先生のテレマン評::
・多作でありながら比較的マンネリズムに陥ることなく(その点ではヴィヴァルディをしのいでいる)
・作品にむらがなく、他人の作からの転用や借用が少ない作曲家(その点ではヘンデルをしのいでいる)
・作品はほとんどあらゆる曲種にわたっており(その点ではバッハをしのいでいる)曲種による長短得失もまた非常にすくない。
彼は実に希有の人物というほかない。
**
  テレマンの作品は膨大で、ギネスブッククラスであり、少なくともオペラ40曲、室内楽200曲、協奏曲170曲、管弦楽組曲600〜700曲、受難曲46曲、教会カンタータ1700曲以上、ミサ15曲以上、20世紀中にはテレマン全集が完成せず、21世紀中に全部でるかどうかも怪しい、
という状態ですから、

柴田南雄先生>「研究が進むにつれてこの巨人の思いもよらぬ未知の側面が発見されることもありえよう」

実際、「12のファンタジー集」は、かなり面白い曲で、色々な楽器で演奏されているようです。なんか、音楽の考古学・掘り出し物がありそうな巨大倉庫という感じもいたしますね。

最近、聴いたテレマン曲では、パリ四重奏曲の一部である「シャコンヌ」が良かったと思います。

Chaconne (Modéré) - Georg Philipp Telemann - NEVERMIND (Besson, Creac'h, Pharo, Rondeau) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=VX7CDkrYDZk

Telemann-Paris Quartet in E-minor Modéré, Ensemble Barockin' - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=lyBt11rYjP4

REF   柴田南雄、西洋音楽の歴史 (中)、音楽之友社、昭和44年   
    
posted by 山科玲児 at 10:51| Comment(0) | 日記

ドンナ メンシャの肖像画

2016年09月20日
ボス展のカタログを読む その14 ドンナ メンシャ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/176941419.html
で紹介したドンナ メンシャこと、メンシャ・デ・メンドーザの肖像ですが、もう一つあったようです。

それも、あの「ベリー公のいとも豪華な時祷書」がある北仏蘭西、シャンテイーのコンデ美術館にありました。
コンデ美術館
http://www.musee-conde.fr/
1886年にオーマール公のコレクションとして入った、整理番号PE99
最新のアトリビューションはヤン・ホッサールト、以前はヨース・ファン・クレーブ、その前は、クールエなど、、
oil on wood panel 41x32cm
Mencia de Mendoza
http://46.182.7.202/musee/conde02/images/PE-99-RMN06-510702-2295.JPG

というものなのだそうです(右イメージ)
左イメージは、前あげたベルリン美術館のものですが、これは羊皮紙に描いた肖像画をパネルに貼り付けたものです。
服や指輪の数が違いますね。帽子は同じもののようです。
こうして並べてみると、コンデのほうが、2,3歳年上にみえますね。ただ、指輪はベルリンのほうが多い。




posted by 山科玲児 at 09:54| Comment(0) | 日記