2019年06月30日

ギュスターヴ・モローのカタログレゾネ

Moreau flammarion.JPG


今度は大阪あべのハルカスで開催されるギュスターヴ・モロー展ですが、福岡でもやるそうなので、そちらで観る予定です。
ギュスターヴ・モロー展
https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=1461
2019年4月6日(土)〜6月23日(日)パナソニック汐留美術館 終了
2019年7月13日(土)〜9月23日(月・祝)あべのハルカス美術館 開始まであと13日
2019年10月1日(火)〜11月24日(日)福岡市美術館 開始まであと93日

このギュスターヴ・モローのカタログレゾネとして、最も手軽なのが、イメージのフラマリオン社出版のものです。

Les Classiques d'Art (Flammarion series): Tout L'Oeuvre Peint de Gustave Moreau.
Mathieu, Pierre-Louis, 1991(1998にも再版)、Flammarion、Paris

これは、れっきとしたギュスターヴ・モローの専門家の労作なので、手軽だからといっても、そういいかげんなものではありません。

 ただ、このフラマリオン社のTout L'Oeuvre Peint de のシリーズには色々な誤解・問題があります。もともとミラノのRizzoli社からでていたシリーズの翻訳から出発したシリーズなんですが、実はこのギュスターヴ・モロー集はイタリア語版はありません。パリのフラマリオンで独自に作ったものなんです。そうはいっても、本の構成や編集のしかたは、他のものとそっくりなんで、奥付をよくみないとわからないぐらいです。

  同様に、フランス語版だけがあるものとしては、
TOUT L'OEUVRE PEINT DES LE NAIN.
PIERRE ROSENBERG
Published by FLAMMARION, COLL. LES CLASSIQUES DE L'ART (1993)
があるようです。
  このミラノのRizzoli社からでていたシリーズから翻訳  派生したものには、米国ニューヨークのアブラムス社から出たもの、日本の集英社発売、リッツォーリ版世界美術全集 / 座右宝刊行会編(1973-1975) というのがありますが、相互に多少出入りがあります。必ずしも全てリッツオーリから出たものだとは言いがたいようです。また、もともとカタログ・レゾネ執筆者がフランス人や英国人だった場合、わざわざイタリア語からフランス語や英語に翻訳をしたのかどうか?実際には元原稿もらったんじゃないのか? とかいう疑惑もあります。
 日本版は23画家24冊という抜粋版になっています。 翻訳の無断省略があったり、古めかしい日本の「評論家」の解説があったりするので、翻訳の苦労は察しますが、当方としてはあまり尊重しておりません。

posted by 山科玲児 at 08:01| Comment(2) | 日記

キャラメル  ケーキ

Cafe  Margot (2).JPGCafe  Margot (1).JPG

長崎市役所前の弁当屋さん BENTO MARGOT

で売ってる キャラメル  ケーキ(100円) が出色でした。

クリーム  ブリュレのようによく焼いてある感じのものです。

しばしば、売り切れてるみたいです。

長崎市桜町5−5 土日祝休み 11:00ー14:00ごろ まだ開店早々なので、こういう営業
やってるみたいです。


タグ:長崎
posted by 山科玲児 at 07:33| Comment(0) | 日記

北京故宮サイトのアクセス

北京故宮博物院サイトのアクセスが
あまりよくないようだ。
観光情報だけを求める人は、観光サイトをみたほうがよいと思う。

上海博物館のサイトもあまりレスポンスがよくない。

中華人民共和国のインターネット検閲システムの影響なんだろうか??

posted by 山科玲児 at 05:43| Comment(0) | 日記

2019年06月29日

岳飛への書簡

高宗賜岳飛IMG2 detail.jpg

またまた、 台北故宮博物院の常設展示 (2019年1月〜3月25日)もう終わった展覧の話で恐縮だが、

筆墨は語る─中国歴代法書選 
で、
南宋 高宗「賜岳飛批剳卷

が、展示されていたそうだ。これは、國立故宮博物院の所蔵ではなく寄託されている美術品である。これは蘭千山館 林柏寿氏(故人)の相続者なり後継法人なりの所蔵なんだろうと思う。國立故宮博物院には、もう一つ同様の命令書があるが、それは内容が違っているので別の命令書であり、そちらのほうが有名である。

この、あまり知られていない岳飛への命令書については、貧架にモノクロコロタイプ複製があるので、2000年に、

岳飛にあてた宋皇帝の勅書
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/Yufei/yufei.htm

で紹介しておいたので、ようやく一般に精密なカラーイメージが出回るか、と感慨深い。イメージはモノクロ複製からとった部分拡大である。

この巻子、まず冒頭の華麗な乾骼の装幀が眼をひく、そして、これは乾驛Rレクションではなく嘉慶帝のときに宮廷に入ったものなので、乾隆帝のあの大きな印の数々は、事実上押されていないようにみえる。冒頭近くにある「乾骭范濫V寶」印はかなりあやしい。あるい嘉慶帝のときも10年ほど乾隆帝はご健勝だったので、そのころの印なのかもしれない。嘉慶帝のとき宮廷に入ったものには、畢家の家財を没収したときのものが多いのだが、これは畢家とは関係ないようだ。

なんとなく末尾に紙のよじれや破損があるのではなかろうか? 妙に「付岳飛」と高宗皇帝の署名が傾いているのはなにか紙自体のゆがみのせいじゃないかと思う。

 項元ベンの 細楷の跋はとてもしっかりしたものだと思った。



posted by 山科玲児 at 10:24| Comment(0) | 日記

公平な台北國立故宮博物院

異趣帖 藤井.JPG

今年、早春  台北故宮博物院の常設展示 (2019年1月〜3月25日)もう終わった展覧の話で恐縮だが、

筆墨は語る─中国歴代法書選 
で、(伝)梁武帝「異趣帖」(藝珍堂本)が
展示されていたそうだ。これは、國立故宮博物院の所蔵ではなく寄託されている美術品である。

ちょっと感動したのは、このサイトの「展示作品解説」が、極めて公平で学術的なことだ。

よく見ると、薄墨と濃墨を使って2度書きしてあり、草法にも誤りがある上、続け字の線も不自然である。18-19世紀の間に、京都市の藤井斉成会有鄰館が所蔵する「異趣帖」を参考に複製されたものではないかとの指摘もある。今後の研究が待たれる。
 昔は、もともとついている題簽や伝承筆者を無批判に受容して、寄託していただいたコレクターに媚びたような文章や、國立故宮博物院の所蔵品の価値をさげないように無闇に褒めまくるような解説が少なくなかったが、時代は変わったものだ。現代では台北國立故宮博物院の研究員が、世界で一番科学的批判的に中国書画をみているかもしれない。

ひょっとしたら、当方が2005年に公開した論説:

2つの梁武帝:異趣帖


を参考にされているのではないか?と思う。
  なぜなら、大観展のときのカタログでも、当方の宋代装飾料紙に関する解説を参考REFとして、掲載していただいたからである。その後、URLを変えざるをえなくなってしまったのは無念だが、参照していただいたのは、
Ornamental paper in Sung Dynasty on "Pine Wind Pavillion Poem"
である。

(伝)梁武帝「異趣帖」(藝珍堂本)の鮮明で大きなカラー写真のデジタルイメージが出たのはこれが初めてだと思う。写真自体はずいぶん昔に出版された
藝珍堂書畫,二玄社, 1979
で出ていた。
  それのモノクロコピーをもとにして、詳細比較し、2005年に、該当論説を公開したのだが、ようやく業界の一般常識になってきたようだ。

イメージは、京都、藤井有リン館 所蔵の別本、たぶん有リン館本のほうがより良いものだと思う。





posted by 山科玲児 at 08:00| Comment(0) | 日記

2019年06月28日

やちむん―沖縄のやきもの

東京国立博物館は歴史が古いので、膨大な収蔵品があり、当然長い間日の目をみていないものもある。
そういうものを再発掘するのも、研究員や外野の勤めだろう。

今回、小企画展として、沖縄のやきもの が展示されたことは、なかなか意欲的な活動だと思う。

沖縄の焼き物というとシーサーばかりがクローズアップされるが、もっと多様なおもしろい物がある。

やちむん―沖縄のやきもの
出品リスト
posted by 山科玲児 at 09:07| Comment(0) | 日記

CTRLキー

ブラウザーもノートパッドさえも、動きがおかしくなったので、いろいろ修復作業したあげく、マイクロソフトを呪詛したりしていたんだが、

なんと原因はキーボードのCTRLキーが押し込まれっぱなしで常にONになっていたことだった。
キーボードを予備の安物に替えて回復。

マイクロソフトさん、ごめんなさい。


posted by 山科玲児 at 08:41| Comment(0) | 日記

2019年06月27日

マカエンセ レストラン ガイドらしい

Macau_PedroTheatro.jpg

2019年05月19日 マカエンセ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186018331.html
を書いたが、マカオのポルトガル系を含むレストランの観光ガイドサイトがあるようである。
【Asian Journey3-3】新・食の都はここにあり! 世界を魅了するマカオの美食  Voyager アジア旅を愛する大人のWebマガジン
   https://jaime-voyager.net/2019/01/15/asianjourney-macao3/
実際、これらのレストランに食べに行ったわけでもないので、無責任だが、
ポルトガル系料理店の紹介という意味では面白いのかな。ここで紹介されているのは、「支店」のようだが、本格的に食べまくるのなら、「本店」(アントニオとかレストラン・フェルナンド)のほうがいいのかもしれない。私としては、まだ健在で営業中ならソルマーで十分という気もする。

イメージ は, マカオのペドロ劇場(当方撮影)

posted by 山科玲児 at 09:39| Comment(0) | 日記

松方コレクション展にでていた

Madonna christ and Stjohannes.jpg




2019年04月02日 西洋美術館のイタリア絵画
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/185801182.html
で、書いた
16世紀ボローニャ派  聖母子と洗礼者聖ヨハネ
http://collection.nmwa.go.jp/P.2010-0002.html
ですが、

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019matsukata.html

に出ているようです。
posted by 山科玲児 at 07:31| Comment(0) | 日記

2019年06月26日

横浜で「原三溪のコレクション」特別展

三渓園 絵葉書.JPG




横浜美術館開館30周年記念
 生誕150年・没後80年記念
ということで、
原三溪の美術 伝説の大コレクション
会期2019年7月13日(土)〜9月1日(日)
https://harasankei2019.exhn.jp/
というのが開催されるそうです。

原三渓コレクションというのは、日本の古美術業界ではブランドであり基準作なんですね。
展覧会サイトの「みどころ」に書いてあるように、
>コレクションは没後に分散しますが、国内各地の美術館や博物館を代表する所蔵品となり、また個人などに受け継がれています。

なので古美術市場に出る可能性もあるという意味で、コレクターを誘惑する「ブランド」でもあります。

  同じようなブランドに「益田鈍翁 旧蔵」というのがあります。日米戦争敗戦後GHQと財務省の悪辣な「財産税」によって全て散逸しました。その事情は益田氏の子孫の方が証言されております。ただ、三井財閥の大番頭だった益田孝氏の収集品は量がはるかに巨大莫大で、当然やや玉石混淆の感も全くないわけではないので、ブランドとしては「原三渓 旧蔵」のほうが上でしょう。より洗練された選び抜かれたコレクションという意味です。[原三渓 旧蔵]なら、きっと本物で名品に決まっている、、というような信頼性があるんですね。当然ながら[原三渓 旧蔵]を偽装した偽物もきっとあるだろうなあ。。。

この展覧会の英文副題に、
The Eye of a Connoisseur
とついているのは、全く同感ですね。

 原三渓氏の趣味や鑑識眼に、全面的に賛成するわけではないのですが(あの孔雀明王像はあまり好きではない)、それでも凄いとは思ってます。
  なにより、今回も展示される、原三渓が自分で描いた日本画「白蓮」を昔実見したことがありますが、その不思議な印象を今でも憶えておりますし、何人かの識者が同様に原三渓の蓮の絵(何点も描いたらしい)を賛美しております。実見する前はパトロンへのお追従かとも思っていたのですが、どうもそうではない、確かに独自のものをもった「画家」でもあったようです。

原三渓の形ある遺産として、まとまって残っているものに横浜本牧の三渓園があります。私も訪ねたことがあり、なぜか絵葉書セット(イメージ)を買いました。畿内から古建築を移築しているところが驚きですね。あの塔や茶室も全て重要文化財の本物なんですから。
再現もののテーマパークじゃありません。

posted by 山科玲児 at 06:58| Comment(3) | 日記