2019年07月02日

元青花魚藻文壺は更に発見されたのか??

元魚藻壷ImageB1.jpg

Tりょう 様 からのコメント・質問があって
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186190381.html#comment
多少調べたので、まとめておきます。

前に
青花魚藻文壺
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/184433857.html
を書いておきましたが、多少追加する話もありました。
繭山康彦氏(現在は西村姓に変更)の著書:骨董勉強ノオト(Ref1)では7点とされています。
大阪市立東洋陶磁美術館(旧  安宅コレクション イメージ  当方撮影)
東京富士美術館(ガーナー卿旧蔵)
東京国立博物館(田中芳男氏 明治13年(1880)寄贈)
梅澤記念館
ブルックリン美術館(William E. Hutchins氏  遺贈)
トプカピ宮殿博物館
北京 故宮博物院

  なんか、梅澤記念館のものって写真ないですね。

  こういうものですから、当然、多数の偽作・模作・レプリカが1970年代以降に制作されたんでしょう。いまでもネットオークションサイトや知らんような小さなディーラーサイトなんかで、模倣作を売っているのをみかけます。したがって当然、疑念はあるのですが、、

 1970年以降に発見されたということになっている、まあ、みこみがありそうなものが、2つぐらいはあるようです。

 まず一つは、2006年にクリスティーズででたもの
Christie's Chinese Ceramics and Works of Art, Including Export Art London
 11 July 2006
Lot 111
A MAGNIFICENT AND RARE YUAN BLUE AND WHITE 'FISH' JAR
YUAN DYNASTY (AD 1279-1368)
GBP 2,136,000
https://www.christies.com/lotfinder/Lot/a-magnificent-and-rare-yuan-blue-and-4746345-details.aspx
まあ200万ポンド以上という落札価格ですから、ひどい代物ではないと思います。

  もう一つは、かなり信頼性が落ちるんですが、
  英国の古美術商エスケナージが2002年に売りに出したもの(下イメージは販売カタログの表紙)
Asian art Fair2003
  エスケナージは、昔かなり危ないひどいものも売っていたのですが、筋の良いものも扱ってますし、確か不言堂の坂本氏が昭和47年に高額でおとした元の青花秞裏紅大壺も、結局、エスケナージの手に移ってエスケナージの顧客へ売られたようです。清濁併せのむ油断成らない大物という感じですね。

ref1. 繭山康彦、骨董勉強ノオト、 新潮社、昭和54

Eskenazi 2002.jpg
posted by 山科玲児 at 10:50| Comment(2) | 日記

大原美術館の「雅歌」

moreau  大原美術館.jpg

  大原美術館
https://www.ohara.or.jp/
がギュスターヴ・モローのカタログレゾネ
Mathieu, Pierre-Louis, Tout L'Oeuvre Peint de Gustave Moreau.Flammarion.1991
には入っていないなあ、と思ったら、紙に水彩(たぶん不透明のグアッシュ)だから、油彩を全部収録し、水彩は代表的なものだけ選んで収録したこのカタログには入っていないということがわかりました

東京上野の西洋美術館に20世紀末1995年に入った


も水彩・グワッシュですが、これは、収録されています。
東京ではあまり展示されないみたいですが、相当 有名な評価の高い作品なんですね。
確か、前はフランスのそうとう名のある家のもちものだったと記憶しています。
まあ水彩は色が褪色しやすいので、期間限定公開になるのは、無理もないのですが、ときどきは出してほしいものですね。


posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 日記

工作員 香港立法会 突入


若者ら数百人、立法会建物占拠 40人以上負傷 警察当局は催涙ガス 香港返還22年デモhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-00000095-mai-cn

  中国共産党から多大の資金をもらっているとガーディアン紙が報道した毎日新聞の記事なので、そういう立場での記事であることを念頭に置いて読むと、よく理解できる。

 前の雨傘のときも、中国共産党は香港ヤクザをやとって、分裂工作をやった。
 暴徒が立法院に入るのに警察はなんで放置していたのかね??
 機動隊程度の警備すらなにもないではないか??
 しかも,たくさんの連中に至近で取材させている。カメラが林立しているね。
 ヤラセですよ。スト破りの常道だ。

 大陸から来た人間は広東語をしゃべれないからすぐわかるとかデマを飛ばしているネット工作員もいるが、「広東省の人間」は広東語をしゃべっていないのかね??自明なウソを平気で書くやつらだね。

 これによって、武装警察を導入して一気に弾圧できる口実を北京政府はもった。
 香港市民は、一旦ストを止め、暴徒を非難すべきだろうね。もし一緒に立法院になだれ込むと暴徒との戦いになるし、それも口実にされてしまい、どっちにしても天安門事件になる。

posted by 山科玲児 at 07:30| Comment(0) | 日記