2019年07月21日

ガソリン40リットル


京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000091-mai-soci
は、本当に痛ましいテロ事件で、追悼の意を深くしている。

ただ、怖ろしいことに気がついた。

7月19日未明に起こったこの事件、なんか、小事件のようにみえる。

駐韓日本大使館前で焼身自殺の男性死亡 車内からガソリン
https://news.livedoor.com/article/detail/16798958/

しかし、中央日報 日本語  のより詳細な記事をみてみよう。

新華社 英語版も同じ内容を書いているが、車内にはガソリン40リットル、ブタンガスタンク20本(卓上コンロに使うあれか)があったという。別の英文ニュースでは、ガソリン20リットルがあった、とされていて、どうも数量が不確かだが、多量の可燃物と一緒に自爆テロやるつもりだったことは間違いないようだ。ゲートで止めなければ、京都アニメーションと同じ展開になっていたのである。

ほとんど同じ手口、ガソリン40リットルというのまで同じ、のテロがほぼ同時に、起こっていることに、なにか怖ろしい裏を感じて怖くなっている。
posted by 山科玲児 at 15:57| Comment(0) | 日記

国宝・重文 147件 行方不明

太刀 包永 静嘉堂.JPG香薬師July 1932.JPG


国宝・重文の所在確認が難航  なお147件不明、文化庁
https://this.kiji.is/523778445429736545

2019/7/16の、「あの」共同通信のニュースですが、まあこういうニュースでは嘘はないでしょう。

実際、
盗難を含む所在不明に関する情報提供について〜取り戻そう!みんなの文化財〜  文化庁
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/tounan/index.html

と文化庁自身が発表しております。

官僚は、自分のとこの問題を隠したがるものですが、文部科学省から前川喜平のような次官が追放されたから、文化庁も少しはましになったのかな。

こうみてみると、刀剣が多いようですね。この刀剣の図版は1955年ごろ出版された国宝図録からとったものかもしれません。国宝図録第三集から静嘉堂所蔵 太刀 包永の図版をあげてみますね。形式がそっくりです。
 また、文字を入れた天目茶碗も行方不明になっているんだなあ??  なんか昔、観たような観ないような、ちょっと記憶が定かではない面白い作品です。
  佐竹本三十六歌仙でも素性法師、朝忠  が行方不明になっています。ただ、NHK取材班が昭和59年に出版した「秘宝  三十六歌仙の流転」ではカラー図版がでていますから、そのころは、まだ存在はしていたはずです。

 一方、古い盗難で有名なものに、新薬師寺の香薬師 があげてあります。これについては、

2016年11月18日  香薬師像の背中
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/177717387.html

で背中の写真をあげましたが、もう少しフォトリタッチして、イメージをあげてみます。

これは、飛鳥園の東洋美術 1932年7月号にのっているものなのです。


posted by 山科玲児 at 08:23| Comment(2) | 日記