2019年08月07日

ガット弦


 バロックチェロのエキスパート:懸田 貴嗣 先生の、福岡での演奏会・講演会で聞いて、目が開いたことだが、チェロやヴァイオリンが全面的にスチール弦になったのは、なんと第二次世界対戦後、ハイフェッツのころからだという。つまり20世紀前半まではガット弦のほうが使われていたというのだ。
 なんか19世紀ごろからガット弦が駆逐されたようなイメージをもっていたが、全く間違いだった。ワーグナーもリヒャルト・シュトラウスもガット弦で演奏していたのだ。

 そうなると、1910年代ごろのドルメッチによる古楽復興とガット弦は関係がなくなるのでは。。

 また、「ガット弦の優雅な音色」を売りものにしていた コレギウムアウレウムのスタートは、1962年である。 スチール弦による征服完了が1950年ごろとしたら、10年強しか離れていない。そうなると、1970年代ごろに、ガット弦演奏、古楽演奏にあれほどの悪罵を投げつけていた評論家たちもひょっとしたら、若いころ教室でガット弦で練習したり、ガット弦演奏を聴いたりしていたのかもしれない。

 また、第二次世界大戦によってガット弦製造職人で亡くなる人が多く、大打撃を受けたためだという説も講演会で聞き知った。
 第二次世界大戦の惨禍が 演奏様式の記憶 常識に及ぼした影響は、意外に知られていないのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 16:17| Comment(4) | 日記

台北故宮はいきどきか?



  中華人民共和国が8月1日から、台湾への個人旅行を暫定停止したようです。


中国、台湾への個人旅行を暫時停止──かまえる中国軍
>2019年7月31日付で、中国大陸側の台湾向け旅行などを担当する「海峡両岸旅游交流協会」は「8月1日から中国の47大都市に居住する者の、台湾への個人旅行を暫時停止する」

  となると、台北國立故宮博物院のあの無闇に混んでるところも空いてるでしょうね。
そういう意味ではいきどきかもしれませんが、あまり良い展示は今やってないんだよなあ。

  まあ、常設展で混んでて常にパスしていたところを観るのにはいいのかな。白菜の周辺とかね。。
posted by 山科玲児 at 07:39| Comment(0) | 日記