2019年08月18日

好太王碑 改竄説の評価

書品 100 好太王 (2).JPG

  在日朝鮮人のち韓国籍取得の故:李進煕教授(最後は、和光大学名誉教授)が1972年ごろに提起した、改竄説は間違いだったことは確定している。中国で酒勾以前の拓本と記録が発見されて意図的改竄はないことが明らかになったからだ。写し間違いはあったかもしれないが。。

 韓国では、未だに盲信している人もいるようである。
https://japanese.joins.com/article/554/219554.html?servcode=100&sectcode=120

  しかし、最近、東大の人が書いたもので、
広開土王碑の拓本
 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/digitalarchive/collection/saotome_masahiro.html
>その後の研究により、この「改竄説」は否定されることとなったが、李進熙氏の提起は、酒匂本のみを頼りに碑文研究をしてきた学界に大きな反省を促した。


となっているが、奇妙な評価だと思う。嘘で研究を混乱させた、と非難しないのはおかしい。

 なぜなら、 水谷悌二郎「好太王碑考、 「書品」100号、東洋書道協会、一九五九年六月、123〜173頁).
というように、改竄説がでる13年も前に9点の拓本を研究した詳細な研究がでている(イメージ)からである。

 とすると、2つの結論のどちらかが論理的に導かれる。

  @「酒匂本のみを頼りに碑文研究をしてきた学界に大きな反省を促した。」というのが間違いである。
 A当時の学会は勉強不足の無能な学者か、社会主義者で北朝鮮に媚びたイデオロギー優先の学者しかいなかった。

 なお、最近「好太王」と云う名前がよくないという意見を言う人もいるが、1946年に慶州の新羅古墳から発掘された青銅容器の底に下のような銘文があるのだから、よいのではなかろうか。
好太王壺イ.JPG
posted by 山科玲児 at 11:13| Comment(0) | 日記

ブラウン管テレビ




2019年07月16日に紹介した SPY×FAMILY


https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156648240735

だが、1ヶ月で30万部突破だそうだ。

冷戦期1970年代ぐらいを念頭に置いて、かなり時代考証をして制作しているらしい。
それを実感したのが、家庭のテレビがブラウン管テレビだったことだ。

21世紀の現在では、子供達は、もはや観たこともないのではなかろうか??

当然、スマホもケータイも出てこない。固定電話である。ウォークマンタイプのものもでないだろう。まさか、計算尺とかでてくるのかな? 


posted by 山科玲児 at 07:41| Comment(0) | 日記

韓国が北にミサイル供与??




北朝鮮のミサイル、米国製と酷似で“機密漏洩”疑惑浮上! もし「某国」が横流しなら…東アジアの安保環境“激変”の大事態に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000010-ykf-int

これの最初の記事は、これだった。

驚愕、韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与か/中国やロシア製ではなく韓国陸軍も装備する米軍ATACMSに酷似
2019.8.14(水)西村 金一
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57307

  あやしい「専門家たち」の反論もあって、少し沈静している。しかし、話半分でも技術漏洩があったとしたら、在韓米軍が韓国を軍事占領・青瓦台(大統領府)鶏龍台(韓国軍司令部)を制圧、ハンファテックウィン(サムスン)、現代へのMP捜査、大韓民国憲法停止、米軍司政官統治になってもおかしくない。

  逆にそれが起こっていないのは、これがフェイクニュースである証拠なのか、あるいは北朝鮮の工作(ニセの写真で米韓を争わせる)なのか、あるいは証拠固めと軍事作戦準備中なのか?  それはわからない。


更に深刻なことは、北朝鮮が前回使ったイスカンデル型のミサイル製造技術ですら、韓国からの横流しである可能性があることだ。
韓国軍の玄武2と呼ばれるミサイルはロシアのイスカンデルを闇で買ってまねて作ったもの。
つまり、韓国はイスカンデル ミサイルとATACMS ミサイルの両方をもっている。その両方が北朝鮮に流れているのは偶然だろうか??

posted by 山科玲児 at 06:24| Comment(0) | 日記