2019年08月20日

ファン マンデルの「北方画家列伝」注解

ファンマンデル.JPG



 23日に返却するので、ファンマンデルの本を大車輪で読んでいるのだが、
 どうもイライラ感というか違和感を禁じえない。

 というのも、従来もってきたネーデルランド絵画史の枠組み 鳥瞰図と、ファンマンデルが提示するものがかなり違うからだ。当方が従来もってきた15ー16世紀フランドルオランダ絵画に関する概念は,基本的にはMax J.フリートレンダーによるものである。フリートレンダーの「ファンアイクからブリューゲルまで」という名著によって地図をつくられ評価を学んだものであるといって、そう間違いない。この概念図をフリートレンダーはさらに先輩から学んだのかもしれないが、日本の多くの学者もだいたい似たようなものではなかろうか?
 ファン・マンデル本はフリートレンダーのモデルとはかなり違っている。

 ファン・マンデルの本は16世紀ロマニスト画家列伝と解釈すれば、そうおかしくはない。
 もちろん、ファン・アイク、ロヒール、メムリンクなどについて記述がないわけではないし、現在ではファンマンデルしか書いていない貴重な記述も多い。ハーレムに長くすんだせいか、ハーレムの画家らしい、アウワーテル、ヘルトートヘン・トート・シント・ヤンスの記述は詳しく、ひょっとしたらこのファン・マンデルの記述が2人の画家に関する信頼すべき唯一の記述かもしれないと思うくらいだ。

しかしながら、いわゆる「初期ネーデルランド絵画」にはかなり冷たい。フレマールの画家、ロヒール、ペトルス・クリストス、ディエルク・ブーツ、ヒューホー・ファン・デア・グース、 メムリンク、イッセンブラント、ヘラルト・ダヴィッドなどの記述が非常に薄いまたはないも同然である。これは、スキラ社 の Flemish Painting 第1巻が彼らで2/3が占められていることと著しい対照をなす。
  一方、ファンマンデルが称揚する画家はファンアイクは別として、ルカス・ファン・ライデン、スコーレル、デューラー、ヘームスケルク、スプランゲル、ホルティウスというラインである。
 16世紀の画家でも、スペインへ出稼ぎにいって「初期ネーデルランド絵画」の大作をスペインで制作したジュアン・フランダース(フランドル人のジョン)なんかはでてこない。

 つまり現在、私がもっている15、16世紀フランドル・ネーデルラント絵画史の概念とどうもうまくあわないのだ。
  一方、ヴァザーリの画家・彫刻家・建築家列伝 第2版(1568 )は、現在のイタリア・ルネサンス絵画史の概念とだいたい一致する。

  ただ、現在の15、16世紀フランドル・ネーデルラント絵画史の概念が、絶対に堅固なものかというと、当然、みなおしの余地は多いにあるだろうから、このズレが将来の研究を刺激する源泉になるかもしれない。

REF カーレル・ファン・マンデル、「北方画家列伝」注解,中央公論美術出版  2014
REF. Flemish Painting: The Century of Van Eyck  by Albert Skira (editor), Jacques Lassaigne 
Published 1957 by Albert Skira Lassaige
posted by 山科玲児 at 21:11| Comment(0) | 日記

好太王碑  拓本の所蔵施設



好太王碑  拓本は、質の善し悪しを問わなければ、あちこちにあったのだが、東京国立博物館には、あの拓本とはいえない酒勾本しかなかった。十年以上まえ、友人から電話があって、好太王碑(全套本、整紙本) 拓本を公共施設に寄贈したい所蔵家のご遺族がいるのだが??という問い合わせがあったので、どこがいいかな?? 東博がいいんじゃない?あそこにはないから??  え、ないの??まさかね??
  というような電話相談があって、その後、資料提供したりしたものだが、いろいろあった後、寄贈されたという話しである。今、東京国立博物館にあるのが、これと酒勾本で2本である。この拓本は石灰がかなり落ちたあとの拓本みたいだが、結構 自然なものだと思う。

なんで、東博を推薦したかというと大きな高い陳列ケースがあるからである。
好太王碑は、全套本、整紙本なら高さ5m半もあるから、全部拡げて展覧するというのが、とても難しい。台東区書道博物館には1,2階ぶちぬきの展示ケースが一つあるから、あるとき所蔵の大きな好太王碑拓本が展示されていた。こういうケースがないところでは、展示そのものが無理なので死蔵されてしまう。東京国立博物館の場合、平成館をはじめ大きなケースはあるし、幸か不幸か好太王碑拓本もっていなかったのでお互いの利害が一致したというわけである。

東京国立博物館、台東区書道博物館の他の公共施設にあるところでは、、
水谷悌二郎氏由来の最古に近い優れた本として、

水谷整紙本が、
  千葉  国立歴史民俗博物館
https://www.rekihaku.ac.jp/outline/aboutus.html
にある。

また、
岡山の、金光教 金光図書館
http://www.konkokyo.or.jp/konko-library/

好太王碑  水谷精拓本
http://www.konkokyo.or.jp/konko-library/cont/gallery/g01/koutaiou.htm
があるようだ。

他にも、大学、書学院などの書道団体所蔵のものなど、結構あるようだ。




posted by 山科玲児 at 08:19| Comment(0) | 日記

ファン アイクへの道 展の紹介動画 URL変更

2015年04月15日 アニメ:ファン アイクへの道
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/119548594.html

で、紹介した解説動画は、URLが変わったようです。
Youtubeで残っているようですね。
The Road to Van Eyck
https://www.youtube.com/watch?v=Xs6Q3IciYG0

これは、 オランダ  ロッテルダムのボイマンス美術館で2012年10月13日〜2013年2月10日で開催されたファン アイクへの道 展の紹介動画です。 
posted by 山科玲児 at 07:02| Comment(0) | 日記