2019年09月30日

新発見とイデオロギー

大絶滅時代とパンゲア.jpg

グレタさん演説全文 「裏切るなら絶対に許さない」涙の訴え
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012095931000.html?__from=mixi
グレタさん>私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。
のバックに、どうも新たな、「世界の終わり・千年王国信仰」の危険な香りを嗅ぎ取ったので、少し調べてみました。
前、紹介した、海で二酸化炭素が飽和し、大量絶滅へ向けた転換期に達しつつあるという研究報告(米研究)
https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52276963/
このMITの地質学者ダニエル・ロスマン教授 のような、論調が、新たな 地球温暖化危機を叫び立てる理論的バックになっているのかな? と感じたものですから。
 これは、P-T境界(ペルム紀ー三畳紀)の大絶滅のような事態を人類が起こそうとしている、と脅かしているんですね。
 そういう臭いを感じたことと、実際のとこ議論百出でなんだかわからない状態のはずのP-T境界問題に関して、新しい情報を得たいと思い、この本を借りてきました。

大絶滅時代とパンゲア超大陸: 絶滅と進化の8000万年  – 2016/2/25
ポール・B. ウィグナル (著), 原書房
 原著::  Paul B. Wignall, The Worst  of Times   Princeton University Press (September 29, 2015)
  いやあ、読みにくい本ですね。ストーリーをあまりつくらず、新発見を列挙しては、論評するような感じなので、わかりにくいのです。ただ、わかるのは、著者が超大規模火山による地球の温暖化によって大絶滅が起こったと信じ込んで居ることで、繰り返し繰り返しそれがでるのでうるさい限り。同じ原因で「核の冬」が起きて大絶滅した、という意見もあったようだし。昔は大規模な氷河時代のため絶滅したと聞いた憶えもあったんですけどね。
  このイデオロギーのためか、もはや定説化したはずの「恐竜絶滅の隕石落下原因説」にも疑問を呈しておられ、火山爆発原因にしたいそうです。
 新しい発見や分析が多数入っているので、ありがたいのですが、論理が通らないので混乱するばかりです。
  どうも、そういうイデオロギーを信じ込んでいるのか、研究費や大学の地位のために、こういう信仰告白を繰り返ししなければならないのか、疑問におもいました。それにしても、この日本語版の表紙、なんで恐竜の絵なんでしょうあkね。殆ど関係ないのにね。
  実証的な発見を多数知ることができるという点では有用な本でした。
思わず外国のサイトにも下記コメントを書いてしまったぐらいです。英語で書くと考えがまとまりやすいこともありますね。
    This book offers many new paleobiological/geological descoveries for decades years. But this problem(P-T) has been controversy. Dtr. Wignall cannot make the logical solution. He insists and repeats the single solution without process. He also wants to refuse the Alvarez Theory for the mass extinction of the dinosaurs and many other living things during the Cretaceous–Paleogene extinction event. Probably, the ideology (hating CO2 and hot climate crisis fever) or the profit prevent him from discussing another various ideas. Useful book, but need critical reading.

posted by 山科玲児 at 09:43| Comment(0) | 日記

2019年09月29日

アングルの不気味さ

INGRES boymans.JPG


  アングルという画家は、堅い古典主義の権化・サロンの主のようなイメージの人だが、どうも、闇の部分があるようにみえる。

  来年のロンドン・ナショナルギャラリー展
https://artexhibition.jp/london2020/
に出品予定の、ルジェッロとアンジェリカは、画家自身が類似の絵を後年また描いた第二作第二ヴァージョン、レプリカ、というべきものだが、女性の顔の不気味さは、なお残っている。       ルーブルにある原作というか第一作では、さらに不気味で、死体か、なにかの病気をわずらっている女性の顔をモデルにしたのではないか、とさえ感じてしまう。
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Roger_d%C3%A9livrant_Ang%C3%A9lique_(Louvre,_INV_5419)

  また、ロッテルダムのボイマンス美術館にある下半身ヌードの素描(イメージ)もどうもなんとなくおかしい。ワトーの色っぽいヌードとは相当違うように思います。

ref and image source  Collection Koenig musee boymans , Dessins de Pisanello a Cezanne, Art et Style 23, Paris, 1952
posted by 山科玲児 at 17:40| Comment(0) | 日記

ヴィヴァルディ声楽曲のヴァージョン

失われた手稿譜.jpg

サルデッリ氏の「失われた手稿譜」
http://www.webmysteries.jp/topic/1803-04.html (東京創元社のサイト)
の、BGM 基調メロディ になっているのが、
アントニオ・ヴィヴァルディの『幸いなるかな』の第9曲「正しき者は、とこしえに記憶され」 です。

詩篇111 Beatus Dir(主を畏れるものは幸なり)の一部
In memoria aeterna erit justus (正しき者は永久に記憶される)

ですが、実はこの曲3つのヴァージョンがあるようです。昔は4つあったらしいが1曲がなくなったようです。
Wikipediaでもイタリア語版でないとよくわからないのですが、、

https://it.wikipedia.org/wiki/Composizioni_di_Antonio_Vivaldi

RV597  二重合唱
RV598
RV599  亡失
RV795  soprano, 3 contralti, coro a 4 voci miste, 2 violini, viola e basso continuo

どうも、サルデッリ氏自身が「女声三人のヴァージョンのほうが心に沁みる」と書いていたそのヴァージョンがRV795のようです。
ただ、カタルーニャ語版wikipediaが無闇にこの件では詳しく、
RV598もソプラノ人、コントラルトの女声、4声合唱と書いてありました(Per a dues sopranos, contralt, cor (4 veus), corda i baix continu en si bemoll major)。 なので、サルデッリ氏が言っているのは、どっちかはよくわかりません。Youtubeなどで色々聴いてみたら、このRV598は8分ぐらいの短い曲で In memoria aeternaは入っていなかったようです。

  演奏によって、イメージが違うようにみえたのですが、実は曲そのものが違っていた。まあヴァージョンや調性や編成の違いぐらいで、大きな違いはないとおもうけれど、同じ曲だと思っていたら、そりゃ違和感があるわな。前、合唱の演奏は、編曲だろうと思ってたんですが、実はヴィヴァルディ自身のRV597 だったんですね。

この女声3声:RV795の演奏が、
Vivaldi - Beatus Vir RV 795 - Les Agremens - Leonardo Garcia -Alarcon
https://www.youtube.com/watch?v=3NHmH3W-6aU
0:01-4分10秒

これで聞くと女声としては異常なくらい低い声域を要求しており、女声テノールができる歌手じゃないと歌えないのではないか、と感じました。アラルコンは、ここでは、男性ソプラノ、2人のメゾソプラノ(そのうち一人はテノールまで歌える逸材)を使っています。

アレッサンドリーニは、女声だけで歌うのは難しいと思ったのか、
リナルド・アレッサンドリーニのライブ
https://www.youtube.com/watch?v=xja2Kq2mLd0
14m20s-18m33s
では、男性二人 女声1人でやっています。ただ、やはりちょっとアラルコンのほうが良いようですが、普通、演奏するときは、やはり男のテノール使はざるを得ないのかもしれませんね。


posted by 山科玲児 at 06:45| Comment(0) | 日記

2019年09月28日

世界最古の平和条約 原文英訳

ラムセス2世 ss.jpg

2019年09月20日 世界最古の平和条約

で、紹介したエジプト・ヒッタイト  平和条約の英語訳は、
ここ


にあります。日本語訳はゲオシティーズにあったみたいですが、ゲオシティーズとともに消滅しました。
イメージはラムセス2世(1932年の写真)

実は、
世界の碑文
http://www.toyoshorin.co.jp/detail.php?isbn=9784887217812
に期待したのですが、この本には碑文の全文はのっていないし、適当に欠落部分をおぎなった全文ものっていない。
 碑文の最初の部分の翻訳らしいものがのっているだけ。
 碑文  原石の美しいカラー写真がのっているのはありがたいのですが、碑文そのものへの執着はないような著者の姿勢でした。
 これは、著者が「作家」であって、歴史学者ではないことと関係があるのかもしれないなあ。

 逆のものが  筑摩世界文学大系の「古代オリエント集」で これは欠落部分まで明示した超良心的なものですが、「文学」なので条約はのっていない。「イブエルの訓戒」など歴史資料になりそうなものも収録されているんですけどね。


posted by 山科玲児 at 08:03| Comment(0) | 日記

2019年09月27日

贋作騒ぎ フォッグのレンブラント

Rembrandt_-_Head_of_Christfogg_Museum.jpg

フォッグ美術館の話が某所ででたので、関係する余話を。。。

1964年にスライブ教授がロスアンジェルス の小さな美術商で発見した レンブラント  キリストの顔  であるが、

2004年ごろ  偽物説がでて、騒ぎになったようだ。
BOSTON GLOBE 溌のニュース

 
Stephen Jordanという人が友人だった故人のハリウッドの俳優で画家だったデッカーという人が贋作したものだという主張をした。その主張には、Wilhelm Valentiner氏が鑑定しているが、彼がほんものとしたレンブラントの半分は違っていたという議論もあった。しかしながら、レンブラント・プロジェクト以前の鑑定の多くが覆されているわけだから、こういう議論は意味がない。
 そのあと、基底材の木材を年輪年代法で検査したところ、レンブラント絵画として妥当な年代だった。勿論、古い17世紀の価値の低い板絵の表面を削り落として偽物を制作するという方法もあるから、これだけで本物とはいえないが、傍証ではある。その後、結果も踏まえてか、2011年に「キリストの顔」特別展が企画されルーブル・フィラデルフィア・デトロイトなどを巡回した。他作品との比較で更に信頼性が上がったのだろうと思う。
Rembrandt and the Face of Jesus, Musee du Louvre, Paris Cedex 01, 04/21/2011 - 07/18/2011; Philadelphia Museum of Art, Philadelphia, 08/03/2011 - 10/30/2011; Detroit Institute of Arts, Detroit, 11/20/2011 - 02/12/2012

  フォッグ側は、「デッカー氏が描いたのは別の作品なんだろう」というというスタンスである。どうも名声に終着する男性の常として、悪名でもほしいという心や、あの賢人ぶった教授たちの鼻をあかしてやりたいというルサンチマンが、ある種の人々にはこういう思いこみ贋作ュースを吹聴する動機になるのだろう。そういえば、ジョルジュ・ド・ラトウールの「女占い師」( メトロポリタン) について、修復家DIONの贋作という話が騒ぎになったことがあったが、それもそういう動機によるものだろうか。
 この騒ぎが起こったのは、高齢のスライブ教授がご存命だったころなので、騒がせたんだろうが、たぶん年輪年代法で一段落ついて、当時なら様々な科学的手法によって20世紀の俳優の作品ではないぐらいすぐわかったと思う。スライブ教授は安心して晩年を送られたと思っている。
https://hnanews.org/memoriam-seymour-slive/

 もともとサインもなく確たる伝世の書類もない絵画なので、レンブラントには推定されているだけである、ただ、このフォッグのサイトの画家推定欄は、おもしろい記述になっている。
最初は
レンブラントの追随者の作品

レンブラントの作品

と信頼性が上がっているのである。
 科学調査の結果、むしろ信頼性が上がったということだろうか。これは、この作品にとって良いことだと思っている。レンブラントに属する同類の作品は数点あり、皆同じモデルを使ったもののようである。ただ、ものによっては工房の弟子に描かせたものもあるだろう。この「キリストの顔」は小型の板に油彩で描かれているのだが、キャンバス画が多いレンブラントとしては少数派だ。実は同様の絵が1964年ごろは、これも含めて7点指摘されていた。それら全てがほぼ同じ大きさの板に描かれていた。現在は9点あげられているようだ。1964年のリストから単純に増えたのではなく出入りもあり、ちょっと怪しいものもある。ベルリン、フィラデルフィア、デトロイト、フォッグ、ブレジウス、は不動のようだ。
https://en.wikipedia.org/wiki/Head_of_Christ_(Rembrandt)

REF  藝術新潮  1967年11月号

posted by 山科玲児 at 09:35| Comment(0) | 日記

間違ってるグレタさん演説



グレタさん演説全文 「裏切るなら絶対に許さない」涙の訴え
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012095931000.html?__from=mixi

  なんか、色々問題のあるセレブの少女(ヨットは誰のものでしたでしょうか? 航海費用は誰が出したのでしょうか?)を

煽り立てて国連演説させるなんて、本当に嘆かわしいことだと思います。

 地球気候については、現状維持が一番よいのですが、温暖化か寒冷化のどちらを選べといわれると 温暖化を選ぶのが当然だとおもいます。また、水月湖 堆積物による約20万年の、古気候学研究によると、激しいぶれのある気候変動は、氷河期開始の前兆なんだそうで、当方は非常におそれております。それなら温暖化ガスをもっとだすことによって氷河期到来を少しでもおくらせたいと念願するところです。

  古気候学と歴史が教えるところでは、寒冷化した時代には戦争 干ばつ、疫病、北方からの遊牧民族侵攻があり 不幸な時代でした。 歴史では気候の寒冷化のために北方の牧草地が使えなくなり遊牧民が南下したという推測をしばしばみうけます。一方、温暖化した時代には文明文化が発達したよい時代でした。
  例えば、
・ 古代ローマ帝国は古代温暖期に膨張し、3世紀以降の寒冷化により収縮した。
・ 3〜5世紀頃の寒冷期にユーラシア大陸全土で北方騎馬民族が南下した。
・ それがゲルマン民族の侵入を引き起こし、古代ローマ帝国は476年に滅亡した。

 また、

グレタさん>私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。

というのは、皮肉にもそうかもしれませんね。なぜならCO2が少なすぎるからです。PーT境界の大絶滅は大気中CO2が現代に近く減ったあとに起こりましたからね。CO2をもっと増やさないと大絶滅が近づくのでは、と思っております。

  研究費利権に溺れたのか、
海で二酸化炭素が飽和し、大量絶滅へ向けた転換期に達しつつあるという研究報告(米研究)
https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52276963/

を発表している教授先生もいらっしゃるようです。PーT境界の堆積物は還元的であり、酸化的ではないんですけどね。硫化水素あたりが妥当なのに、硫化水素というとCO2悪者説にならずに、研究費がもらえないから、こういう戯言を言っているのでしょう。金には皆弱いからねえ。

  案外、グレタさんの思想的バックは、このMITの地質学者ダニエル・ロスマン教授  なのかな。

posted by 山科玲児 at 08:53| Comment(0) | 日記

2019年09月26日

フランスの民家から、13世紀イタリア絵画を発見

cimabue Compiegne 2019.jpg



イタリアの泉  様に教えてもらいました。
https://blog.goo.ne.jp/fontana24/e/af00b315cb6ec055aef2f08a6082530e

英紙 The Guardianの記事だと
https://www.theguardian.com/artanddesign/2019/sep/24/jonathan-jones-the-cimabue-in-the-kitchen-is-the-miraculous-discovery-all-that-it-seems

老婦人が家を売りたいということで、家財の再評価をしてもらう段階で気がついたみたいですね。

フランスの記事で部分拡大がありましたのでイメージに借用させていただきました。


これがチマブエかどうかは、わかりません。当方にはシエナの絵かフィレンチェの絵かの区別すらわかりませんから。
いずれにせよ、小さいものですから、13−14世紀の
小画面を組み合わせたような シエナにあるマエスタのような祭壇画の一部、なんだろうとは思います。

 おそらく、ナポレオン戦争時代とその後の荒廃時代に多量のイタリア絵画がフランスに流入した形跡がありますから、その名残じゃないかと思います。
posted by 山科玲児 at 08:11| Comment(0) | 日記

トーマス・クック破産 と 中国




英旅行大手トーマス・クック、破産申請 旅行者15万人の帰国作戦が開始

https://www.bbc.com/japanese/49792020

筆頭株主は中国資本  復星集団でした。

これは、海外資産を買い漁った中国マネーが逆流しているためだと思います。つまり、海外資産を売却してドルなどの外貨に替えているということです。中華人民共和国内がドル不足のため、北京政府から大企業にも「外貨を中国内にもってこい」という指令がでているのでしょう。ドイツ銀行の筆頭株主であった海航集団(HNAグループ)も殆ど売却してしまっていて、往事の一〇分の一以下になっていて、筆頭株主ではなくなっています。

  これ以上の投資はまかりならぬ。むしろ投資を回収して外貨を中国にもってこい、という北京政府+復星集団の方針なのではないか?と思います。そりゃ筆頭株主なら、配当や取締役報酬や、会社の金を背任すれすれで使えるのはカルロス・ゴーンのケースでみた通りです。しかし、そういう利得を超えて、切迫して現金や現金化できる資産が欲しいという事情があったのではないかと思います。
  また、これは推測にしか過ぎませんが、トーマス・クックは二十数台の旅客機を初めとした資産をもっています。英国の破産法・会社更生法は知りませんが、株式は紙屑になったとしても筆頭株主としての権利はあるでしょうし、復星集団はトーマス・クックに金を貸していた債権者でもあったでしょうから、そういう資産を差し押さえることができるはずですしね。トーマス・クックのような古い会社の場合、借金はともかく内部の資産が大きいことが多いので、そういうものをめあてにして倒産させたという疑惑も感じます。筆頭債権者として、資産の大きな部分を我が物にできるからです。いうまでもないことですが、いくら巨大な資産をもっていても、目先の現金がなければ倒産します。それを悪用する、潰してもうける というビジネスがあるくらいです。

 ハウステンボスも、うっかりのっていたら、当然、破産させられたでしょうね。



posted by 山科玲児 at 06:32| Comment(0) | 日記

2019年09月25日

破産を免れたハウステンボス




2019年09月25日 中国資本 トーマス・クック 破産
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186602690.html
を書いたが、結構 深い意味があるように思った。

まず、長崎のハウステンボスがほぼ同じ条件で株式取得を提案されていて、それを断っている。

ハウステンボス、中国企業の出資受け入れ撤回 2019年2月13日16時11分
https://www.asahi.com/articles/ASM2F3VX2M2FTIPE00F.html

おそらく、受けいれていたら、今年中には、倒産していただろう。
理由は、後ほど書きたいと思う。
posted by 山科玲児 at 19:46| Comment(0) | 日記

中国資本 トーマス・クック 破産

英旅行大手トーマス・クック、破産申請 旅行者15万人の帰国作戦が開始

実は、筆頭株主は中国資本  復星でした。




posted by 山科玲児 at 12:22| Comment(0) | 日記