2019年09月03日

ミヒール・コクシーは、パクったのか??


カレール・ファン・マンデルの北方画家列伝註解
というのを遠くの図書館から借りてきてよんだのですが、

・メヘレンの傑出した画家ミヒール・コクシーの伝記   
223p
構図のヴァリエーションはあまり豊かでなく、じじつイタリアの作品から借用していたのである。そのため、ラファエロの「アテネの学堂」が版画で出帆されたとき、ヒエロニムス・コックにたいして強い憤りをおぼえた。「アテネの学堂」を研究して、ブリュッセルの聖グダールの「マリアの死」の祭壇画のなかに大いに活用していただけに、その借用が白日の下に曝されることになってしまったからである。版画にして刊行したので、コクシーがブリュッセルの聖グダールの「聖母の死」祭壇画で「アテネの学堂」を模倣したのがバレたので怒った。

と書いてあります。


実は、マリアの死祭壇画は、プラドにメイン画面含めて3面あるんで、ラファエロのアテネの学堂と比較することができます。

https://www.museodelprado.es/coleccion/obra-de-arte/la-muerte-de-la-virgen-centro-el-nacimiento-de-la/099c0135-9f05-486c-b65c-cbcb8bec64fa

https://www.museodelprado.es/coleccion/obra-de-arte/nacimiento-de-la-virgen-anunciacion-adoracion-de/11619e55-2fef-4a5b-a9b4-8412f998a3c0

https://www.museodelprado.es/coleccion/obra-de-arte/presentacion-de-la-virgen-en-el-templo-visitacion/83102419-311f-418b-9d41-d10666357e3f


どこがパクリなのか、さっぱりわかりません。

 Michiel Coxie(1499 ーー 1592)は95歳という高齢で事故死しています、ラファエロやパルミジャミーノのような優美な作品が優れているようです。

 なんか、ファン・マンデルは、コクシーに遺恨でもあったのかなあ。こういう言いがかりを書いてるところからすると。



posted by 山科玲児 at 09:43| Comment(0) | 日記

外国語掲示


今月の『東方』 2019年9月 463号
https://www.toho-shoten.co.jp/toho/tohonew.html
日本の公共施設などに見られる中国語表記――都内スポーツセンターの表記を例に  続三義(東洋大学)
という1文があったが、続三義先生は英語が読めないのだろうか? 例に挙げた「某スポーツセンターのサウナの」掲示では英語掲示もひどい。表現がひどいのではなく、誤り。
第1項で既に、間違っている。
 ✕ Please use from wipe the body
  〇 Please use after wiping your body
つまり、全部ひどいので、別に中国語だけおかしいわけではない。それなりに外国語ができる人に英中韓全部つくってもらうには、費用がかかるだろうから、英語だけにして、良質な掲示にすれば良いと思う。中国韓国の方々は英語が日本人より上手いと自慢しているようだし、問題ないだろう。

間違っているわけでもないが、冗長な英語表示はよくみる。
長崎のバスの中で、多数のカードの絵をあげて
You can't use these cards
とあげてあるが、
単にUNAVAILABLE! 一語かThese unavailableでもよかったかもしれない。
posted by 山科玲児 at 08:05| Comment(0) | 日記