2019年09月17日

エトルリアの壁画

Couronne


 芳賀 京子、 芳賀 満, 西洋美術の歴史1 古代 - ギリシアとローマ、美の曙光   2017/1/29
http://www.chuko.co.jp/zenshu/2017/01/403591.html

で、

南イタリア  ナポリの南  パエストム
ダイバーの墓
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Tomb_of_the_diver_in_Paestum
の壁画を賞賛し、
ローマ以北のエトルリア壁画「豹の墓」壁画を貶してますが、エトルリア壁画でもギリシャ絵画そのもののようなものがありますから、芳賀さんは、少し見識がせまいなあ。「豹の墓」がやや水準が低いのは事実ですが、Tomba del Triclinio は水準高いしね。ここの壁画は、イメージのように、ユルスナル翻訳のギリシャ詞華集「冠と竪琴」のカバーにも使われています。もっとも、こういうエトルリア壁画もギリシャ人画家が描いているかもしれないしね。いずれにしても、地方だけで分類するのはちょっと問題だよね。

2019年06月24日には、
タルクイーニアの壁画 という記事を書きました
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186181967.html
Tomba del Triclinioの壁画イメージは、こちらで、、博物館のなかに移築されているようですね。
Category:Tomba del Triclinio (Tarquinia) - Wikimedia Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Tomba_del_Triclinio_(Tarquinia)


エトルリアの水準の高い他の壁画の動画もあるようです
Tomba degli Scudi, Tarquinia (VT)
https://www.youtube.com/watch?v=ntrll2FJ0QA


posted by 山科玲児 at 08:57| Comment(2) | 日記