2019年11月08日

啓功先生 旧蔵 碑帖オークション




啓功先生の遺品の碑帖拓本(原拓本)と影印本が11月18日に北京  嘉徳でオークションされるようだ。

啓功先生旧蔵金石碑帖
碑帖拓本320種、影印本352種

影印本としても、啓功先生の自筆コメントが入っているものが多いので、むしろ啓功作品として評価されるのだろう。
ただ、紙の劣化が心配なところがある。酸性紙の劣化を再生する方法があるなら、こういう場合はやる価値があるのかもしれない。啓功先生の墨蹟の保存のためである。

碑帖も啓功先生の書跋・題簽などがあるところが評価されるのだと思う。
珍しいものでは、松江本急就章 旧拓、というのがあり、
中国美術全集 魏晋南北朝書法 1986
に収録されていた、
posted by 山科玲児 at 07:58| Comment(0) | 日記