2019年11月24日

月のピラミッドでもトンネルを発見



  ちょっと古い話ですが、メキシコシティの近く、古代都市遺跡テオティワカンの月のピラミッドでも地下トンネル・洞窟が発見されたそうです。地中約10メートルの深さにあるそうです。どうも、掘ったわけではなく、科学的な間接的方法で透視したものみたいですね。

 もともと、太陽のピラミッドのど真ん中の地下に長い洞窟があって其の中に遺跡があるということも有名なんですが、月のピラミッドのほうにもあった、ということですね。もう少し小さなケツアルコアトル神殿の下のトンネル発掘は実施したようで、大きな成果があったらしい?  どうもピラミッド神殿の地下には洞窟があることが多いようですね。

「死のピラミッド」で謎のトンネルを発見
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/071100262/

  どうも、このトンネルはまだ未発掘のようです.
この件はTwitterで訊いてみようかな?発掘開始なのかどうか?

 Youtubeに挙げられているトンネルのイメージは別のトンネル、ケツアルコアトル神殿下のトンネル・洞窟発掘のときの映像のようですね。
ケツアルコアトル神殿下のトンネル・洞窟発掘のときのヴィデオ動画

なんと、無人調査ローバー(火星でも活躍したな)の名前がトラロック(メキシコの雨神)になってました。


posted by 山科玲児 at 13:16| Comment(0) | 日記

キングスボロー卿の本を閲覧



さて、ネットでキングスボロー卿の本を原寸じゃないとしても読めるところがないか?
と探してみたら、マドリード  王立歴史アカデミーのサイトで読むことができるようです。

Antiquities of Mexico : comprising fac-similes of Ancient Mexican Paintings and Hierogliphics, preserved in the... (1831)
http://bibliotecadigital.rah.es/dgbrah/i18n/consulta/registro.cmd?id=5968

ただ、当方の環境では1Pでてくるのに時間がかって苛立たしいですね。


ドレスデン絵文書は、第3巻の80Pぐらいのところです。、第二次世界大戦の「連合軍」によるドレスデン爆撃にともなう大被害のため、ドレスデン絵文書は、そうとう傷めつけられ亡失部分判読不能部分も多いのですから。この模写出版は重要でしょう。


そういう豪華本古書なんで現在の市場価格は揃いで400万円ぐらいのようです。
Christie's  Printed Book and Manuscrits NY  SALE 1998 Dec 9th
https://www.christies.com/lotfinder/Lot/kingsborough-edward-king-viscount-1795-1837-antiquities-of-1402366-details.aspx
posted by 山科玲児 at 10:25| Comment(0) | 日記