2019年11月30日

オルメカ文明の石彫

historia Mexico10.jpg

 オルメカ文明の遺跡  ラヴェンタが石油開発のために破壊の危機にあるということは、昔々、ちらと聞いた覚えはあるが、それ以後ニュースも出なかった。

芝崎みゆきさんの旅行記によると、破壊は部分的で、メイン部分は免れたということである。

ただ、そういう事態のため、発掘された大きな巨石頭像や モザイク、石彫の大部分は、博物館へ移動されたようである。
 メキシコ・シティーの人類学博物館にもあるのかなあ???
   メキシコ・シティーの人類学博物館
     Museo Nacional de Antropologia
           https://mna.inah.gob.mx/
ただ、大きな巨石頭像の多くはタバスコ州  ビヤエルモサ市の
ラ・ヴェンタ公園博物館に移設されたようである。
https://www.mexicoescultura.com//recinto/65959/en/

入場料:USドルだとしたら、かなり高いね。ペソだとしたら安いけれど。。

  ここ数十年、みた人は皆ここに行っているようだ。オルメカのあの巨大頭については、
マーガレットとご主人の底抜け珍道中(坂田靖子のマンガに)も出ていたが、これはこの公園博物館じゃないかな? ラベンタの現地にはレプリカがあるそうである。

現地にそのままあってほしかったという感じもあるが、どうも、これらの巨石頭像は皆、土の中に埋納されていたもののようだ。とすると、ラヴェンタにあった当時も原初の位置を保っていたわけではないようだ。銅鐸の埋納のようなものだったのだろうか?
  モザイクについては、どちらかというと、原初環境保存のほうが望ましかったかもしれないが、破壊が迫っているという状態ではやむをえなかったか?
 遺跡公園というと、遺跡の場所そのものか、少なくとも近郊出土のものを集めた、というような感じがするが、ここはラヴェンダから100kmも離れていて、ちょっと性格が違うものである。案外、ここにきて、ここがラヴェンタだと勘違いする人もいるかもしれない。

   ハラパの博物館は、オルメカのものを多く集めているようで、サン・ロレンソ出土の巨石頭像はここに集まっているようである。

Museo de Antropologia de Xalapa
https://www.uv.mx/max/
 ここは、カリブ海側のオルメカ文明の遺物がどっさりあるとこのようですね。


また、マヤの長期暦だけは読めるが、ほかの文字が全く読めなかった、ラ・モハラ石碑  la Estela 1 de La Mojarraというのがある。
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_namerica_13.html
その原物もこの博物館に所蔵されているようである。

この石碑500字以上の字があるので、読めたという学者もいるが、その解読は間違いだという学者もあり、現代でも一応、未解読文字あつかいのようである。

続きを読む
posted by 山科玲児 at 17:55| Comment(0) | 日記

中国大物スパイ拘束 続


昨日書いた

台湾、中国の諜報幹部を拘束 元中共スパイの暴露を受けて
https://news.nifty.com/article/world/china/12241-479344/

台湾政府は11月25日、桃園空港で香港の上場企業である中国創新投資(China Innovation Investment Limited)の向心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を拘束した。オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏は23日、豪メディアに対して、同社が中国軍総参謀部の管理下にあり、向氏夫婦は中国軍の上級スパイだと暴露した。
>

この向心氏は、相当大物のスパイのようです。
どうも、AIT(台北にある米国大使館のような軍事基地のような施設)から、事前に、オーストラリアのスパイ王立強の放送を見るようにという通知が出ていたそうです。

この「向心夫婦」(向心と龔青)の逮捕は、米国のCIA DIAなどが主導した台湾の公安、オーストラリアの情報部が強力した多国籍作戦だったようですね。

台北101にスパイの拠点があるという報道もありましたが、中文の記事を、よく読むと、台北101の酒楼(バー・レストラン)を台湾の要人と会う場所に使っていたということのようです。30人ほどの要人が既に割り出されているようですね。



posted by 山科玲児 at 10:35| Comment(0) | 日記