2019年12月31日

大英帝国からの流出

Museo Horne Firenze.JPG

フィレンチェにホーン美術館というのがある。イタリアに魅せられフィレンチェで20世紀初期に活躍していた美術商というか美術蒐集代理人:英国人ハーバート・ホーンが古い館を買って住み、そこを財団によって美術館にしたものである。なんかあれた感じもあるところだが、予算不足なのかな、と感じた。イメージはそのチケット。

2018年02月09日 材木製スケッチブック
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/182367381.html

に書いたように、ホーンが高名な学者ロジャー・フライに出した手紙がかなりまとめて、APOLLO誌 1985年8月号に収録されている。

1902年11月19日付けの手紙に、

近年、英国から売買で流出した絵画がこんなにある。これらはナショナル  ギャラリーが獲得することができたのではないか??と煽って、リストを挙げている。当時の大英帝国でも、こういう悩みというか、流出はあったんだなあ、、と思うところがあり、
簡単に翻訳してみた。。

ベルリン
no.1614 いわゆる  ピエロ デッラ  フランチェスカ レディの肖像 1897年にロンドンのAshburnhamコレクションから購入
(訳者注釈::現在はポッライオーロと推定
https://en.wikipedia.org/wiki/Profile_Portrait_of_a_Young_Lady

no.557G デューラーの女性肖像  ヴェネチア風 1893年にロンドンのディーラーから購入
(訳者注釈::これはウイーンにある有名な女性像ではない。ベルリンにある少しケンの強い目つきの女性像
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Junge_Venezianerin_2_(D%C3%BCrer)

no.557F デューラー 聖家族 Lothian侯爵から購入
(訳者注釈::ベルリン美術館に現存 https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Madonna_with_the_Siskin_by_D%C3%BCrer

no.557C デューラー Froedrich des 肖像 1882年  Hamilton Palaceの売りたてで購入
(訳者注釈::ベルリン美術館に現存
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Albrecht_d%C3%BCrer,_ritratto_di_federico_III_il_saggio,_1500_ca._02.JPG




ベルリン
No.586D ホルバイン 肖像 1897年 ロンドン、Sir J.E. Milaisの売りたてで購入。
(訳者注釈:: Portrat des Anton der Gute, Herzog von Lothringen
  https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hans_Holbein_d._J._036.jpg

No.523B
ファン アイク 聖母子
1888年、Burleigh Houseの Exeter侯爵から購入

(訳者注釈::現在はペトルス・クリストスによる模倣作とされている:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Petrus_christus,_madonna_exeter,_1450_ca._01.JPG

No. 8281
レンブラント Anslo 肖像画
1894年、ロンドンのレディAshburnhamから購入

No.60A フラ  アンジェリコ 最後の審判、1884年、 Dudley家売りたて で購入。 
(訳者注釈::ベルリン美術館に現存するトリプティックだと推定される 

ベルリンにある多くのオランダ絵画、フランドル絵画はHOPEフェルメールのように英国から来たものです。
(訳者注釈::このHOPEフェルメールとうのはアムステルダムの青衣の女であって、ベルリンにいったものではない。これはホーンの間違いのようだ。

ベルリン ヘル James Simon
マンテーニャ 聖母子、
1897年ごろ、Bond Street のLaurieで購入。
(訳者注釈::現在、ベルリン美術館

パリ 、Rudoiphe Kann氏
 ドメニコ・ギルランダイヨ 肖像、1898年ごろ、ブライトンのWillet氏から購入
(訳者注釈::現在、マドリードのティッセン・ポルメニッサ美術館

パリ  アルフォンソ ロスチャイルド氏
 Raffaellino del Garboガルボのラファエリーノ;カポーニ家のレディの肖像
、1884年、 Dudley家売りたて で購入。 

ボストン イザベラ・ガードナー
ペサリーノ、ペトラルカの7つの勝利を描いた2つのカッソーネ
1899年ごろ、ケントのAusten夫人   から購入
(訳者注釈:: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Francesco_Pesellino_-_The_Triumphs_of_Fame,_Time,_and_Eternity.JPG
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Francesco_Pesellino_-_The_Triumphs_of_Love,_Chastity,_and_Death.JPG


ボストン イザベラ・ガードナー
フラ・アンジェリコ 聖母の死と被昇天、
(訳者注釈::https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Death_and_the_Assumption_of_the_Virgin_by_Fra_Angelico_(Isabella_Stewart_Gardner_Museum)

posted by 山科玲児 at 20:30| Comment(0) | 日記

長崎の十割蕎麦屋

そばのわ 蕎麦 (1).jpgそばのわ.JPG


 最近、長崎にも十割蕎麦屋が何軒かできているが、一番 親しめるのが

 そばのわ

です。
 なんせ食券を買うというチープなしかけなので、高級蕎麦屋のあの威圧感ゼロ。
 家族連れが多い店です。

 長崎はうどんの町で、蕎麦は昔から弱体でした。子供の頃から蕎麦好きの私は残念に思っていたものです。

タグ:そば 長崎 蕎麦
posted by 山科玲児 at 09:25| Comment(0) | 日記

変奏曲だけのコンサート

おもに17世紀の変奏曲だけを、演奏したコンサート動画がありました。

もう長老というか大家のアスペレンによる、ニュールンベルクの美術館ホールでの演奏会です。2017年3月
楽器も1681年 イタリア製 Giovanni Battista Giusti, Lucca, 1681)というオリジナルな楽器を使っているようですね。ひょっとしたらこの美術館の所有なのかもしれません。しかし、鍵盤の数が少ないというか狭い範囲でよく演奏できるものだと思います。

Bob van Asperen - The Art of Variation (Sweelinck, Cabezón, Byrd, Pachelbel...)
https://www.youtube.com/watch?v=GkyGd5RsWAc

posted by 山科玲児 at 09:04| Comment(0) | 日記

2019年12月30日

消えたURL

maya azteca へっぴり紀行 ss.jpg


 当方の
 Ornamental paper in Sung Dynasty on "Pine Wind Pavillion Poem"
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/pine/opapere.htm
も、昔、台北故宮の大観展 図録の参考文献にあげられるという栄誉を受けたのだが、残念なことに、該当サイトサービスが終わってしまい、URLが無効になってしまっている。
  現在は、同じ名前で当方のサイトに挙げ続けているとはいえ、URL無効ということは、しょうがない。

   芝崎みゆきさんの本(イメージ)の参考 文献にも、ゲオシティーズgeocitiesをあげてあったが、今はゲオシティーズそのものがなくなってしまっている。 ネットから文献がなくなってしまったわけではない場合でも、新しくドメインをとって、URLを変えてしまった結果、昔のURLでアクセス不能になることが多い。

  本や論文に参考としてURLをあげるということは、常にこういうような問題をはらんでしまう。そうなると、ネット情報を本や論文では参照できないということになり、これは困ったことになる。

  100年ぐらい変わらない公的サービスとして、URL転送サービスというのが必要になるのではなかろうか?つまり、少なくとも文献や資料をあげたURLの移動・変更をした場合、公的に登録しておけば、参考文献のURLがなくなっても、現行のURLにいくようにしておけるだろう。また、一定料金をとって、死後のデータ保存と著作権管理も請け負うというビジネスもありえるのではなかろうか?
  現在、アルカイーブ事業がそれなりにあって、それがバックアップ機能を果たしているとことろもあるのだが、それほど知られていないように感じている。もっと認知度が高くなり組織的にならないものか?
  



posted by 山科玲児 at 20:21| Comment(0) | 日記

2019年12月29日

三国志  呉志残巻の書風


三国志  呉志残巻の書風
https://reijibook.exblog.jp/28774664/
をアップしました。
posted by 山科玲児 at 14:50| Comment(0) | 日記

偽の終止



バロック時代の変奏曲には、聴衆を騙して、面白がらせるためか、「偽の終止」がしこんであるものがあるのではないか?
と最近感じてます。

それは、フレスコバルディのパッサカリアによる100のパルティータの素晴らしい演奏(ライブ)
   Yoann Moulin - Cento partite sopra Passacagli
     https://www.youtube.com/watch?v=qiDverVuLKk
ヴァージナルという四角な箱のようなクラブサン・チェンバロでの演奏です

9分4秒  で、聴衆が終わりと間違えて拍手をいれています。感極まってというのでは、ないのでは。。


また、アルカンジェロ・コレッリのヴァイオリンソナタというより変奏曲  ラフォリアは、有名な曲ですが、
エミリーオータムの面白いライブ演奏でも、。
 http://www.youtube.com/watch?v=PPabOLRi3DM

4分27秒のところで、聴衆が終わりと間違えてます。これはオータム自身も意識的に騙しているのではないか?と思わせるところですね。

どうも2例もあると、一種の伝統になっているのかもしれません。長い変奏曲を飽きさせないためにアクセントをつける意図かもしれませんね。。


posted by 山科玲児 at 12:06| Comment(0) | 日記

縄文時代の大掃除

縄文土器 小林  日本の美術6 s.jpg



年末の最後のゴミ出しをやって思い出したのですが、

日本の美術 145号 縄文土器(小林達雄編、至文堂、1978 ..

によると、縄文時代の遺跡で、新品・壊れていない土器のまとまった多量廃棄というのがあるそうです。当然、土器だけ廃棄したわけなくて現在は消滅した木竹器 衣類なども廃棄したのでしょう。日本人は縄文時代から大掃除やっていたのかな。

この考古学者:小林達雄先生:  対談ヴィデオ動画があるようですね、なるほどこういう顔、こういう声、こういう話し方のかただったのか、、、
https://www.youtube.com/watch?v=LZfWmgc2t7s


posted by 山科玲児 at 07:43| Comment(0) | 日記

2019年12月28日

撮影自由  刀剣展

九州国立博物館の新年正月からの展示は

三国志展(2019年からの連続)
刀剣展(新規)
この刀剣展  撮影自由なんだそうで、嬉しいですね。だいたい最近のスマホカメラでも感度が良いので、フラッシュなしでも十分撮影できるのが普通なのです。まして、ちゃんとしたデジカメならフラッシュなしでOK。

 やたらにフラッシュ使っていたルーブルの中国人観光客は、一体どんなカメラを使っていたんだろう。全く腹立たしい連中でした。

posted by 山科玲児 at 18:01| Comment(0) | 日記

伝)長沙もの



 楚帛書が出た長沙について、少し書いておく。上左の小冊子にも書いてあるのだが長沙ものという長沙から発掘された古代遺物が盛んに取引されたのは1930年代から、らしい。木製品がかなり出たらしく、たいてい COX氏が売買したもののようだ。楚帛書もCOX氏が売買したものだ。COX氏は上海を本拠としていたようだが、長沙と深いコネがあったようである。
 伝  長沙のものには、木製品以外にも玉製品や青銅器物も当然ながらあるのだが、他の地方ではあまり出なかった木製品がめだったのである。上の写真では槍の柄がよく保存されている。
 陶磁器では、前記のような漢時代というような古いものではなく、晩唐の長沙窯の陶磁器が有名であるが、コックス氏はこれも集めたようだ。
  また、一方、長沙で活躍した学者には商承[示乍]がいる。彼には長沙古物聞見記 という記録もある。楚帛書の破片を持っていた人である。

ref.  天理ギャラリー、第36回展  長沙ーとその周辺、1973年、7月


posted by 山科玲児 at 17:38| Comment(0) | 日記

表にでない人

 やはり、CIA長官:ジーナ・ハスペルGina Haspelは、公の場に殆ど出てこない人のようですね。騒ぎになったトランプ大統領の指名後、全く、秘密のベールの中で仕事しているようです。ほとんどニュースに出てきません。

 わりと政治家的で表に出ることを好んだポンペオとは対照的ですね。秘密工作をやるにはより適任だとはいえるでしょう。

posted by 山科玲児 at 12:29| Comment(0) | 日記