2020年01月31日

手書き文字と活字

JP.JPG



芝崎みゆき  さんの古代文明 解説・旅行記はすべて手書き文字であり、300p、250pという厚みの、びっしり文字と絵が入っている本が、すべて手書きなのには驚嘆する。

例えば、、
芝崎みゆき、マヤ・アステカ遺跡へっぴり紀行 : メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス・ベリーズの旅
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784794217639

しかしながら、こういう手書きの様式というのは1970年代末ぐらいのマンガ同人誌、タウン紙、旅行ガイド、観光地地図などで 少なくなかったと思う(イメージ)。
 柴崎さんは1965年ごろ生まれというから、そういう伝統の延長線にあるのだろうか? 書体もいわゆる丸文字系である。
 実際、みっちりつめて書く場合には、こういう向勢の丸い文字のほうがよいのは、小字麻姑仙壇記(下イメージ)にみるとおりである。

 実はこの文を書くときに、古い時代の手書き文字をみたくて、戦後すぐ、貸本時代の水木しげる「墓場鬼太郎(はかばのきたろう)」の復刻版(サラ文庫)をひっぱりだしてみたが、主要せりふは全て活字だった。そうとう古い時代のマンガでも活字をいれているものが殆どのようである。[ネームを貼る]「写植を貼る」とかいう古くからのマンガ業界用語は、もともと活字であったから出てきたものだろう。
  マンガにふさわしい書法がなかったことも一因なのだろうが、出版社側や、マンガ家自身に活字でいれるものという固定観念が日本では、強かったのかも、と感じる。「日本では」というのは、欧米のマンガの場合、文字が手書きのことが多いからだ。スヌーピーなど、、

スヌーピー美術館 SNOOPY MUSEUM
https://snoopymuseum.tokyo/s/smt/page/gallery?ima=0000

  活字信仰というか活字で印刷した本だけが正統な本であり、手書きのものは未完成なものだ、という固定観念があったのかもしれない。


小字麻姑IMG_1.JPG
posted by 山科玲児 at 09:19| Comment(0) | 日記

中国科学院 研究所は動かなかったのか?




  今回の新型肺炎武漢流行で、不思議なのは、武漢には中国一番、最高級のウイルス研究所があるのに、そこが全く流行制圧活動をしていないようにみえることだ。中国最高クラスの研究者・技術者・医者が集まっているはずでしょ。 本来なら先頭に立って、研究・製薬・指導・情報発信をすべきなのは、この研究所だろ。ま、研究所だから治療環境や病床はあまりないだろうけれどね。まさか全員逃げたとか、全員罹患再起不能状態になったとかいうのではないだろうね。

P4実験室が稼働開始、危険ウイルスの研究条件が整う--人民網日本語版--人民日報
http://j.people.com.cn/n3/2018/0105/c95952-9312172.html?ref=pc_watch_description

中国科学院 武漢病毒研究所 江夏区鄭店園区

武漢にはもう一つ立派な研究・製薬施設まである。

武漢生物製品研究所 武漢江夏区鄭店黄金工業園路一号


 これらから、全く活動がきこえてこないので、研究所からウイルスが漏れたんじゃないか?  と疑われる原因にもなっている。中国の例をみると、こういう研究所は、地域の伝染病制圧に全くやくにたっていないじゃないか! といわれてもしょうがないだろう。

 その上、なんと武漢は、もともと病院が多く、医療が盛んな大都市のようである。決して病院が少ない田舎町ではないのだ。
それで、あの惨状だとは。

 武漢スタイル (2018年3月)JETRO のPDF文書
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2018/b39e40751b805f5b/9-r.pdf
>武漢の街を歩いてみると、病院が非常に多いことに気がつくだろう。総合病院から、眼科などの専門病院まで、多種多様な病院が集積する武漢は、「中部医都(中国中部地域における医療の中心都市)」とも称されている。  武漢市民のみならず、周辺地域(湖北省の他の都市や安徽省、湖南省、河南省、江西省など)からも質の高い治療を受けるために武漢にやってくるほど。 >

posted by 山科玲児 at 08:31| Comment(0) | 日記

2020年01月30日

七星桧書画巻

南京本.jpg



生誕550年記念 文徴明とその時代 / 東洋館 8室   2020年1月2日(木) 〜 2020年3月1日
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1998

 これは、類品がいくつかあります。
  文徴明  作とされるホノルル  アカデミー
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%27The_Seven_Junipers%27_by_Wen_Zhengming,_complete.jpg

これは、趙子昴の絵を模写したものだと、文徴明自身が書いてますが、相当執拗なエキセントリックな絵画です。


沈周とされる 南京博物院(イメージ)のものの三檜巻と、今回、台東区書道博物館で通期展示されている大阪  阿部コレクションのこれ、は、そっくりです。

小さな写真では区別がつきません。どちらも、同じ原本からの模写かもしれませんね。どちらも(伝)ですから。




posted by 山科玲児 at 09:02| Comment(0) | 日記

2020年01月29日

200万部

2019年07月16日に紹介した SPY×FAMILY
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186279791.html

最新話 掲載WEBサイト
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156648240735

ですが、コミックス3巻合計で200万部突破しました。
  当方の眼もそう節穴じゃないようですね。
posted by 山科玲児 at 11:57| Comment(0) | 日記

情報弱者



 日本政府が派遣する予定のチャーター機への希望者のなかには「1月20日から武漢のホテルに滞在している」という人たちも何人もいるようである。

  ジャーナリストで、武漢の現状を報道する人ならともかく、どうも普通の会社員らしい。

  どこまで情報弱者なんだろう、と驚かざるを得ない。1月16日ぐらいから以後は、ISとの戦闘をしていた当時のシリアのダマスクスにいくぐらいの覚悟じゃないと 武漢にはいけなかったと当方は思っていたが、ノホホンと行ってしまった人がいるようだ。
  生き馬の目を抜くという国際ビジネスマンだとしたら、まったく才能がないといわざるをえない。

posted by 山科玲児 at 09:02| Comment(0) | 日記

2020年01月28日

国内、日本人感染者一号


コロナウイルス、武漢渡航歴なく感染

中国のツアー客乗せた奈良在住バス運転手


これは、悲惨だ。観光業界のドン、二階幹事長、どう謝罪するつもりだね。

なお、毎日新聞なんかは隠蔽しております。


posted by 山科玲児 at 19:26| Comment(0) | 日記

本のページ汚れクリーニング

CLEANER.JPG



  本のページに乾いた汚れがついていたとき、それをある程度とる方法があるようです。
 小林製薬の「便座スプレー」をレンズ拭きめがね拭き用の使い捨て薄い不織布に少しスプレーして、それでこすりとる。スプレーはアルコール度が高いのでたちまち蒸発し、ページの紙にしみることはほとんどありません。もっとも紙質が悪いと破れることもあるかもしれませんから、完全保証はしかねますけどね。

 以前は、同じ小林製薬の「便座除菌クリーナ」を使っていましたが、これは、消毒用だから当たり前ですが、アルコールがたくさんしみこませてあるので、ややページへのしみこみが心配だし、汚れていない不必要な部分にも触れてしまう心配がありました。

 ところが、スプレーならアルコール量を加減できるので、ほんの少しいれて掃除に使うことができる。まあ、高濃度アルコールスプレーでも同じなんだが、安易に買えかつ使えるという意味で、この組み合わせが良いようです。
posted by 山科玲児 at 09:38| Comment(0) | 日記

武漢肺炎 発生源  推理  フィクション

武漢肺炎の発生源については、野生動物からの感染ではないか? と推測されてます。タケネズミ、コウモリ、ヘビなど。

発生源の
>武漢華南海鮮市場には、野鳥や蛇、鼠などのジビエ(狩猟獲物)が多く売られていた。
のです。

一方、
2018年1月5日 人民日報で、
P4実験室が稼働開始、危険ウイルスの研究条件が整う--人民網日本語版--人民日報
http://j.people.com.cn/n3/2018/0105/c95952-9312172.html?ref=pc_watch_description

 がありました。ここから漏れたウイルスなんじゃないか? という疑念をもってる人も多いようです。

 実際、英国では、2年前、この施設と体制に、病原菌が漏れる危険を心配している、という文章がNatureで発表されていましたね。

科学専門誌 Nature
Inside the Chinese lab poised to study world's most dangerous pathogens
Maximum-security biolab is part of plan to build network of BSL-4 facilities across China.
    David Cyranoski
22 February 2017
https://www.nature.com/news/inside-the-chinese-lab-poised-to-study-world-s-most-dangerous-pathogens-1.21487

 万一、仮にそうであったとしたら、どういうシナリオが考えられるでしょうか?

 動物実験、必ずやりますよね。 その動物は、当然、殺して完全焼却するんでしょうけれど、殺害焼却を請け負った担当が、ひょっとしたら 市場に肉・商品として横流ししたんじゃないでしょうか。おそらく犯人は病気でもう死亡していると思います。これなら、全てが繋がります。

 このシナリオは、空想に過ぎませんが、可能性はないことはないのではないかと思います。実は台湾の医師も同じことを既に公言しているそうです。

posted by 山科玲児 at 09:08| Comment(0) | 日記

帰国後の隔離



ロイター :
28日にも全日空機を派遣、武漢など滞在の日本人帰国へ=関係筋
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000085-reut-cn


2週間14日の隔離(フランスと台湾政府の見解)と日本政府の「感染してません」という書類を隔離後の人へ与えることが必要です。そうでなければ、自宅に帰った父親が家族から家に入るのを拒否され、扉の前で窮死する、、という悲劇が生まれかねません。人住まいでもアパートやマンションの住民ならまわりからクレームを受けることになるでしょう。

空港近くのホテルを借り切ったり、寮などの施設を使えばいいでしょう。ウイルス自体は75%アルコールなどで消滅させることができますので建物の再使用にはあまり問題はないはずです。

posted by 山科玲児 at 07:51| Comment(0) | 日記

2020年01月27日

細川ミラーのちらし

朝日百科 中国戦国時代ss.jpg

細川ミラーのチラシが公開されています
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1207199410955771906/photo/1


細川ミラーは  週刊朝日百科 戦国・秦・前漢 の表紙(イメージ)になりました。
この黄金の板のようにみえる部分も実は細い金線の集まりなんだそうです。
posted by 山科玲児 at 08:25| Comment(0) | 日記