2020年01月25日

ヴァチカンでカルロ・クリヴェッリ作品修理

ヴァチカンでカルロ・クリヴェッリの絵を修理したらしく、修理後のお披露目展があったようです。1月21日ごろに終了していたようですが、小さな展覧だったようですね。

イタリアの泉  様にご教示いただきました。

動画が公開されておりました。
Musei Vaticani, Mostra "L'Oro di Crivelli", 2019-11-14 - YouTube
posted by 山科玲児 at 19:57| Comment(0) | 日記

武漢 肺炎 外国メディア

フランスメディア BBC  中国メディア の番組に 字幕 翻訳 つけたものがニコニコ動画でありました。
再生回数も少ないのですが、貴重なものだと思います。

中国政府が新型コロナウイルス感染防止対策に武漢市封鎖措置を実施


日本マスコミとの違いがわかると思います。優劣・誤解は双方にあるでしょうけれど。。

posted by 山科玲児 at 19:14| Comment(0) | 日記

まついなつき氏 逝去



 マンガ家のまついなつき氏が逝去されました。五九歳。
  御冥福をお祈りします。新聞の片隅で偶然拝見しました。

 デビュー怍  狛江(こまえ)高校 から観てましたが、
  なんか逞しく  生活力のある方になったころから、離れておりました。


posted by 山科玲児 at 11:01| Comment(0) | 日記

細川ミラー 【画象追加】

洛陽金村鏡 永青.jpg中国戦国時代の美術チケット ss.jpg



財団設立70周年記念
「古代中国・オリエントの美術
 ―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」
   
会期: 2020年2月15日(土)〜4月15日(水)
※会期中、一部展示替えがあります
http://www.eiseibunko.com/exhibition.html#soushun


細川ミラー こと
国宝「金銀錯狩猟文鏡」ですが、

【2/15(土)〜3/15(日)限定公開】

だそうです。この鏡の発掘直後、撮った写真をイメージにあげておきます。北京でかなりクリーニングしたようだが、大きな変更・偽装はやっていないようです。ソースは、White, Tombs of Old Lo-yang(ref)。
 右は、天王寺の大阪市立美術館で「中国戦国時代の美術」特別展やったときに切符のイメージになってましたので、あげておきます。


壺中居の共同創業者  西山保氏(1900−1933)が、北京で昭和7,8年ごろ買い入れることができた至宝でした。

  この鏡の象嵌技法はかなり特殊なもののようです。何度も鑑賞したことがありますが、未だに、これを超える優れた象嵌作品は、中国考古品のなかでは、観たことがありません。

なお、   
国宝「金彩鳥獣雲文銅盤」は、公開期間が別になっています。

【3/17(火)〜4/15(水)限定公開】

こちらは、ずいぶん大きなものですが、細かい模様がビッシリ入っています。ただ、これについては類品が5つぐらいあるようで、比較検討した雑誌記事を読んだことがあります。

Ref. White, Tombs of 1White,    Tombs of Old Lo-yang, Shanghai, 1938  500部限定上海出版
タグ:永青文庫
posted by 山科玲児 at 10:50| Comment(0) | 日記

中国大陸の主要ミュージアム 肺炎のため休館

武漢肺炎 新型肺炎 流行のため

北京・故宮博物院は25日以降の休館

だそうです。

北京 故宮博物院HPのルートURL  でも確認しました。


****
上海博物館も休館
  一応、1月24日夕刻〜2月8日まで。

***
北京の国家博物館(旧  歴史博物館)も閉館
  1月25日  閉館、ネット予約は自動取り消し

***
主要とはいえないが、企画展が面白いことがある
マカオ芸術館 も 1月25日から休館。
***
香港芸術館はずっと増改築中でしたから、かえってよかったのかな。昨年12月開館予定でしたが、香港情勢が危うくなってましたから、開けてないのではないかと思います。

また、大きな図書館も休館するようです。
どうも、北京中央の指令で、あまり関係なさそうなとこも含めて、一律に休館させているようですね。ミュージアムではないのですが、やはり人が集まる上海のディズニー も一時閉めるようですし。。
 かなり深刻な事態だと北京中央がみているということでしょう。




posted by 山科玲児 at 06:15| Comment(0) | 日記