2020年02月03日

九博で ベルばらの衣装

九博で2月4日(火)から開催のフランス絵画の精華、宝塚歌劇「ベルサイユのばら」衣装を特別展示!
宝塚歌劇 花組公演『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編−』(2015年)明日海りお(ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン) 、花乃まりあ(マリー・アントワネット)コピーライトマーク 宝塚歌劇団
https://twitter.com/kyuhaku_koho/status/1222682464163942400
posted by 山科玲児 at 11:22| Comment(0) | 日記

ソニア プリーナ

Sonia Prina

というコントラルト歌手、かなり評価高いようですね。ヘンデルのオペラやオラトリオ、ヴィヴァルディのオペラなどに、出ているそうです。コンサートでも、オペラに出ているように手が演技してるもんな。

posted by 山科玲児 at 09:51| Comment(0) | 日記

マスコミとマスク

マスコミにでる有識者どもが、急にマスクは役に立たない、と合唱しだして、ほんとにうるさく感じております。

たぶん、この反対が正しいんだろうな。

posted by 山科玲児 at 09:45| Comment(0) | 日記

新型肺炎の治療薬

タイ政府「新型肺炎、エイズ・インフル薬で治癒」発表


程度の低い日経の記事しかないので、しょうがないのですが、

英文記事に基づいて、少し補足::

エイズ薬を使う試みは、上海・北京で行われていましたが、
武漢肺炎の薬


今回はタミフルとの併用が良かったようです。
エイズ薬は商品名カレトラ(アッビイ社)米・日とも2000年から実用されている古い薬日本では1錠322円
一般的な薬みたいですね。ただ、新型肺炎 保険適用は厚生労働省がOKしないとね。既存の薬でも、別の病気に処方することができないということになってます。

Physician's Weekly によると、3例試して2例成功、1例はアレルギーがでて失敗だそうです。
Physician's Weekly


他に、エボラ出血熱  の治療薬として開発されたものの、2018年の治験では、あまり効果がなかったremdesivir 
が、米国での試用では効果があった(1例)とされてます。
ただ、これは新薬なのでかなり高価になると思いますよ。というより、米国でもまだ治験状態ですから。
ただ、ロイターによると中国に売りつける気満々みたいですね。現地でいきなり人体実験できるものね。


しかしながら、薬剤耐性ウイルスの出現やアレルギーなどを考えると、複数の薬が必要だとは思います。


posted by 山科玲児 at 08:47| Comment(0) | 日記

温州市  封鎖

浙江省 温州市が 新型肺炎のため  封鎖されたそうです。

武漢から遠く離れた温州も都市封鎖、買い出しは「2日に1度 各世帯1人」中国



 靴製造の下請けで有名なとこでしたが、今は過去のことで、多くの企業が倒産撤退、他に移ったようですね。
  私の靴もミャンマー製

posted by 山科玲児 at 07:52| Comment(0) | 日記