2020年02月04日

NHKと中国版画


浮世絵と中国版画 構図など共通点 相互に影響か 専門家
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012267431000.html

というNHKの記事があるが、かなりおかしいなあ。小林宏光氏って、浮世絵知ってるんだろうか? いわゆる 蘇州版画と歌麿なんかの豪華な版画を比較すれば、全く違うものであることがわかるでしょうにね。

技術的影響は大正時代の大村西崖ごろから認識されていたし、いまさらいうようなことなんですかね。油絵のタブロー画の確率ががベルギーでも、ヴェネチアのヴェロネーゼ作品は、ベルギーのファンアイクのものとはかけ離れているようなものです。

それとも、NHKが切り取り・ミスリード報道してるだけなのかな。こういうときの切り取り発言は90%ぐらいは信用できないと思わないといけません。「そんなことは言っていない」というやつです。

NHKは「二つの故宮」なんかも全くひどいもので、中国美術に対する無知蒙昧をさらけ出していました。こういう分野では、奇妙なことながら、朝日新聞社のほうがNHKよりずっと見識が高い。

なお、ここでとりあげてある、海の見える杜美術館
ですが、これは旧称「王舍城美術寳物館」です。
海の見える杜美術館
 http://umam.jp/index.html

 もともと、宗教団体「平等大慧会」の設立ですね。まあ、MOAも世界救世教の設立ですし、天理図書館にも優れたコレクションがありますから、どうこう言うこともありませんが、一応。

 町田市立国際版画美術館 、 中国古代版画展  昭63 (1988)で、ここ王舍城美術寳物館から、多数の出展があって、面白いところがあるもんだな、とは思っておりました。

posted by 山科玲児 at 09:35| Comment(0) | 日記

マヤ遺跡の説明会?


2013年06月22日 マヤ文明の遺跡が発見される
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/69814126.html

を書いたが、実は、他にも二十一世紀に発見・整備されたマヤ遺跡がユカタン半島にあるようで、

その現地説明会・ガイドのような動画があったので、紹介させていただく。

クルバ遺跡  メリダから170kmほど東のカリブ海に近いところ。ただし海沿いではない。

Kulubá, la nueva zona arqueológica de Yucatán - Reflejo Público
https://www.youtube.com/watch?v=GEb8g--3Fso


AFP記事:これは、従来の建築物以外に新たに宮殿が見つかって発掘中ということのようだ。
https://www.afpbb.com/articles/-/3261542
まあ、こういう遺跡は結構な数があって、保存・保護のほうがついていけないのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 07:36| Comment(0) | 日記