2020年03月23日

ウッチェルロとジャバーウォッキー

Paolo_Uccello NG London.jpgJabberwocky.jpg




詳注アリス 完全決定版
https://www.akishobo.com/book/detail.html?id=928

の「鏡の国のアリス」の中のノンセンス詩:ジャバーウォッキーの注釈は、やはり色々面白かったのですが、ちょっと気になったことがあります。

ロンドン ナショナルギャラリー所蔵の、パオロ・ウッチェロ《聖ゲオルギウスと竜》(左イメージ)の龍が、テニエルの挿絵(右イメージ)の怪物とよく似ているという指摘です、なんかさるご婦人からの手紙だったとか。

実はこの絵は、今回、日本に来ています。ただ、コロナウイルスのために臨時休館になってる展覧会です。
https://artexhibition.jp/london2020/

果たしてテニエルはこの絵を観たのでしょうか? テニエルが絵を描いたのは「鏡の国のアリス」出版年 1871年末より前です。ところが、ウッチェロのこの絵が最初に記録されたのは1898年、それも英国ではなく、ウイーンでなんですね(REf 532-533p)。

これじゃあ、無理でしょう。ひょっとしたら、版画とか模写とか模倣作品とかあって、それが影響したという可能性はありますが、直接は無理です。ジャックマールアンドレの同じ主題の絵の龍はテニエルのとは似ていませんしね。 Martin Daviesの分厚ーい本、こういうことで役立つとは思わなかったなあ。実は、この影響関係の話は英文Wikipediaにもガードナーを引用して堂々と出ているので、困ってしまいます。どうせまたテレビで嘘解説する評論家が出るだろうなあ。。



Ref. Martin Davies, The Earlier Italian schools.
National Gallery (Great Britain)

 Publications Dept. National Gallery, London,  1961.
posted by 山科玲児 at 06:46| Comment(0) | 日記

2020年03月22日

ボスの絵本

Bosch Borchert.jpg


久しぶりにヒエロニムス・ボスの画集が出た。
ヒエロニムス・ボスの世界
ティル=ホルガー・ボルヒェルト/著 -- パイインターナショナル -- 2019.12 -- 723.359
https://pie.co.jp/book/i/5232/

  本屋で立ち読みしたが、解説がやや薄味のようである。まあ細部拡大図版を楽しみたいむきには良いのでは。価格は米国で売ってる英語版より安い。もともと絵本やデザイン本を出版しているパイインターナショナルの出版なので解説には重点はおいていないような感じがする。ただ、図版だけなら謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)でも良いような気もする。他にも良い図版の本があるようだ。ただし、ボイマンスの大洪水、ウイーン最後の審判の一部拡大などは良いかもしれない。 真贋の問題、注文者の問題などについては、当方かなり異論がある。

 ティル=ホルガー・ボルヒェルト先生はブリュージュの博物館監督で、良い本も書いているのだが、この本の件ではちょっとどうだかなあ。。図書館にも入っているようなので、再度精査してみたい。
 しかし、これと反対の濃厚な仕上げである論説:プラドの女傑 学芸員 Pilar Silva Marotoおばさんの論説を、だれか全訳してくれないかな、と思っている。現代の機械翻訳はプロ用のソフトを使えば、かなりいい線いくだろうから、それに大幅に加筆訂正すれば迅速な翻訳が可能なのではなかろうか?

2016年07月09日 ボス展のカタログを読む その2
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/176006073.html
タグ / ボス展のカタログを読む


で縷々 紹介したような怒濤の大解説なので、一世を画するものだと思う。



posted by 山科玲児 at 07:49| Comment(0) | 日記

旅行するな!

米、全渡航の中止勧告 帰国要請、日本も対象
https://www.sankei.com/photo/story/news/200320/sty2003200002-n1.html


共同通信がどこまでフェイクニュースやってるかは、わからないので、本家本元 米国国務省(外務省)の公式発表(米語)
をあげておく。
「旅行するな!」という極めて直裁な見出しがつけてある

Global Level 4 Health Advisory – Do Not Travel

https://travel.state.gov/content/travel/en/traveladvisories/ea/travel-advisory-alert-global-level-4-health-advisory-issue.html

この英文での、
On March 14, the Department of State authorized the departure of U.S. personnel and family members from any diplomatic or consular post in the world who have determined they are at higher risk of a poor outcome if exposed to COVID-19 or who have requested departure based on a commensurate justification.
は、ちょっとわかりにくい気がするが、おそらく

産経>各国の米大使館と総領事館の職員や家族について、感染リスクが高いと判断した場合の国外退避を許可したと明らかにした。

というような意味だと思う。他は明快で高校生でもわかる英文である。

posted by 山科玲児 at 06:30| Comment(0) | 日記

2020年03月21日

傑出した細密画




上野の西洋美術館で  ロンドン・ナショナルギャラリー展と並行して開催される予定だったものに、

[新館 版画素描展示室]
内藤コレクション展U「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」
https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2020manuscript2.html

がある、大学のお医者さんのコレクションで、一部は西洋美術館が購入、多くは西洋美術館に寄贈されたものだという。
 目玉というかパンフの表紙になっている
《時祷書より:受胎告知》リュソンの画家、1405-10年頃、
彩色、金、インク/獣皮紙、内藤コレクション
 は、相当 傑出しているようにみえる。

今回、鑑賞は難しそうだが、今後も、ときどき展示してほしい。

なお、展示会サイトの写真が暗すぎる質の悪いものだが、チラシ
https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/pdf/2020manuscripts2.pdf

は、優れた写真なのでチラシをみてください。
posted by 山科玲児 at 11:28| Comment(0) | 日記

建石修志画伯の鉛筆画

建石 ss.jpg

建石しゅうじIMG_1691.JPG


建石修志「自薦絵本原画」展
http://aokigallery.jp/2011ex/tateishi2020_ehon/




にちなんで、ご紹介。
1987年に青木画廊の個展で購入した建石修志画伯の鉛筆画とそのデティール、
なかなか佳作だと思っております。

当時は、バブルだったと思いますね。今は、当方は全くダメな金欠ですが。。


タグ:建石修志
posted by 山科玲児 at 09:57| Comment(0) | 日記

2020年03月20日

UFFIZI ボッテチェルリ  春の修理前画像 続

primavera (2).JPG

UFFIZI ボッテチェルリ  春の修理前画像 続


好評だったので、更に出しました。
posted by 山科玲児 at 14:58| Comment(0) | 日記

戯鴻堂帖と水滸伝



東京大学アジア研究図書館デジタルコレクション
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/asia/page/home

で。碑法帖をいくらか閲覧できるようである。
 この中では、戯鴻堂帖が全ページ閲覧できることが一番いいかな。なぜなら、戯鴻堂帖は全部の影印が極少ないわりには、珍しい資料が散在しているので、閲覧に苦労することが多いからである。また、停雲館も佳拓ではないとはいえ全ページ閲覧できるという意味では良い。泉州本淳化閣帖というものも「青州文庫」ということであるのだが、一〇巻完備ではないが多少興味深い。この泉州本というのは巻八の巻頭右下の「晋王羲之」が草書になっているところが「泉州本」とか「馬蹄帖」とかいわれるものの目印であるから「泉州本」としているのだろう。「泉州本」は実は違うという議論もあり、「泉州本」自体が甲論乙駁なので、この名称が正しいのかよくわからない。また、宋時代の拓本かどうかは全くわからないので、表紙の題簽は怪しい。
 他の星鳳楼帖とか宣和なんとかとかいろいろあるのは偽ごう帖とおなじくいわゆる偽帖で、中は全く信用おけないことには注意。ただし、珍しい変な資料が紛れ込んでいる可能性が全くないわけではない。

一方、このサイトでは有名な水滸伝の版本が数種類も全ページ閲覧できるようである。水滸伝ファンの人にとってはなかなか貴重かもしれない。私はファンでないので、猫に小判だ。
posted by 山科玲児 at 06:50| Comment(0) | 日記

検査でなく治療を



PCR検査の無意味さを、これほどまでに示す例があるでしょうか?

大邱の17歳高校生、発症6日目に急性肺炎で死亡の謎 (朝鮮日報 記事から)
https://news.livedoor.com/article/detail/17987785/

>嶺南大学病院によると、この患者は13日から17日まで8回にわたり検査を受けたという。結果はずっと陰性だったが、17日に行われた8回目の検査で一部陽性反応が出た。

 新型コロナウイルスの病気でなくて、他の病気だったかもしれないでしょうし、2つの病気に感染していたのかもしれない。なぜ新型コロナウイルスの検査ばかりやっているのでしょうか? 他の病気だったら救う方法があったかもしれない。新型コロナウイルス感染なら、現在は対症療法しかない。そもそも検査は治療のためにやるもので検査のための検査じゃ本末転倒です。
  七回陰性だったら、仮に感度を50%と低くみつもっても武漢肺炎である可能性は1%もないのですから。

posted by 山科玲児 at 04:01| Comment(0) | 日記

2020年03月19日

PCR検査は誤差が大きい



専門医は軒並み反対なのに……「希望者全員にPCR検査を」と煽るのはなぜ間違いか?
https://bunshun.jp/articles/-/36554
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00036554-bunshun-soci

全くそのとおり。文春にしては出色のまともな記事で文句のつけようがない。
PCR検査は誤差が大きくて、偽の陽性患者を多量に生み出す。  無感染者1000人をテストすると100人以上が感染者と誤判定するそうだ。 肺に間質肺炎の影があり、熱が継続し、その他の症状がある人に対して、他の理由による肺炎ではなくコロナウイルス肺炎であることを解明するためにやる検査ですよ。

たぶん、検査でもうけたい企業がマスコミの裏にいるんだろうな。また、日本を医療崩壊させたい中韓工作員もいるだろう。

posted by 山科玲児 at 11:34| Comment(0) | 日記

建石修志  絵本原画展

建石修志 (3).JPG


故  澁澤龍彦氏にその鉛筆画のマチエールを賞賛された 建石修志 画伯の鉛筆画を中心とする個展が銀座  青木画廊で開催される。

建石修志「自薦絵本原画」展
http://aokigallery.jp/2011ex/tateishi2020_ehon/

2020.04/04(土)〜2020.04/17(金)
平日11:00〜19:00/日曜12:00〜18:00/最終日17:00迄/4/12は休廊
青木画廊
http://www.aokigallery.jp/

上は、その案内はがき
画伯の封緘用シールは可愛らしいので公開したいと思ったが個人情報が入っているのでそこは白抜きにした。



また、東京 国立市の
コート・ギャラリー国立

での鉛筆画の展覧会:
第19回 鉛筆派展

2020年4月23日〔木〕〜4月28日〔火〕

11:00〜18:00最終日16:00まで
にも参加とのこと。






posted by 山科玲児 at 08:03| Comment(0) | 日記