2020年03月18日

ボッテチェルリ  春の修理前画像

ufitti ボッテチェルリ  春の修理前画像


をアップしてみました。今ウフィッチ美術館は、武漢肺炎のため休館していますが、また開館するでしょうし、この傑作についての議論もまたでてくるでしょう。

しかし、ウフィッチの館長がドイツ人というのは、どう考えても納得がいかないな。

posted by 山科玲児 at 09:29| Comment(0) | 日記

写本で普及

漢画習 冊.JPG


芥子園画伝のような版画本それ自体は、 一部の画家にはしられていたかもしれないが、実際に普及したのは、竹田1810年ごろからではなかろうか。
 翻刻本  宝暦3年の京都での河南版が最も早い。しかし、こういう豪華本を画家が所有したり借りたりして学習できたことはあまりなかったんじゃないかな。
立命館ARC
https://www.arc.ritsumei.ac.jp/db1/books/results1024.php?f1=BM-JH095-5&f12=1&enter=portal&skip=33&enter=portal#
https://www.arc.ritsumei.ac.jp/

  イメージのような、版画を写したのではないか?と推測できる無名画家の肉筆絵手本が多量に残っていることからして写本による図像普及のほうが多かったと考えられる。
 今日では 印刷本のほうが安く入手しやすいと勘違いしやすい。ところが古い時代の学術書稀覯本では実は写本のほうが安いことが多い。実は半世紀ぐらい前まで、教科書を手書きで写して学ぶとか、インデックスを作って学ぶという学習方法がまだ残っていた。江戸時代には本を借りてそっくり写した複本を作った学者の話がいくらでもでてくる。
 大阪の適塾にはオランダ語の辞書ドーフ・ハルマは写本の原本が1冊あるだけで、それを写すことが重要な仕事であり学習でもあったようだ。


posted by 山科玲児 at 08:09| Comment(0) | 日記

2020年03月17日

古代の書物の性格

法華義疏.jpg


  聖徳太子の法華義疏(イメージ) について、いろいろな人がなんくせつけているのをきく度に、古い時代の著作というものの性格が、現代の著作とはかなり違うことを、無視してるんじゃないか、と感じることが多い。それは特に注釈書に甚だしい。例えば、王先謙の「荘子集解」は私が初めて手に取ったまとまった漢籍であるが、王先謙の著となっていたのに王氏の言葉が殆どみあたらないようにみえた。注解ですら殆ど先人の注の引用なのである。これでは王先謙の著作といえるのかと疑問に思ったものだ。

  私が恵心僧都:源信の往生要集をはじめて読んだとき驚いたのは、ほとんどが引用文で著者のオリジナルな文章が少ないということだった。経典や先輩の仏教書から縦横に引用して本を書いているのである。穏健な学僧である源信だからそうなのかな、とも思ったが、きくところによれば、あの急進的な親鸞の教行信証もまた、多くが引用だそうである。 こういうふうに経典や古書を引用して自分の主張の裏打ちをしながら論陣を張るというのが、当時は一般的な著作の方法であった。

 勿論、古代の佛教関係の本でも、円仁の入唐求法記のような実録では引用はほとんどない。しかし、法華経の注釈・講義・注解書は、もともと上記のような性格のものだったのだから、聖徳太子の法華義疏に聖徳太子自身の見解があまりみうけられないということで失望するのはお門違いであろう。古代ギリシャ・ローマでもアテナイオスの本なんか、引用だけで構成されている部分が多い。

  また、古い時代の王族や高官の著作は、集団制作の場合が多い。例えば阮元の十三経注疏 は阮元一人が全部やったとは誰も考えていないだろう。また、文選も梁の昭明太子が一人で編集したと考えている人は少ないだろう。

posted by 山科玲児 at 07:08| Comment(0) | 日記

2020年03月16日

しるこ

しるこ  里の露.JPG松永  豆P1050602.JPG

長崎の松永つまみもの店で、里の露 という名前のしるこ を買いましたら、
上品で良かったと思います。130円

タグ:長崎 しるこ
posted by 山科玲児 at 07:51| Comment(0) | 日記

2020年03月15日

日本の楷書 その2

良寛 小楷 (1).jpg


良寛 小楷  漢詩巻 の一部です。

特異な感じの楷書ですね。一説には経典への書き込みの楷書に影響された書風だといわれています。

posted by 山科玲児 at 17:33| Comment(0) | 日記

金柑がいい

金柑.JPG

まだ、安い金柑が買えるので、少し食べてます。
ハインラインの「ジョナサン・ホーグ氏の不愉快な職業」
の最後のところで、ジョナサン・ホーグ氏が賞味するのが、金柑なんですね。


posted by 山科玲児 at 12:14| Comment(0) | 日記

簡易マスクの作り方の1つ

マスク メモ.JPG


医師から、簡易マスクの作り方の一方法をもらいました。

posted by 山科玲児 at 11:57| Comment(0) | 日記

2020年03月14日

九州国立博物館  休館延長  フランス絵画は諦め??


3月16日以降に行くつもりでしたが、甘かった。残念です。エジンバラのワトーとルブランは観てみたかった。東京富士美術館は、遠いので東京の人も、あまり行く人は多くなかったのではないかと思います。

九州国立博物館
>政府の要請により、新型コロナウイルス感染防止のため2月27日(木)から 3月16日(月)まで臨時休館としていましたが、本措置の継続を、 あらためて要請がありましたので、3月17日(火)以降も当面は臨時休館を延長いたします。 なお、その後の予定につきましては、あらためてお知らせいたします。
posted by 山科玲児 at 12:28| Comment(0) | 日記

毛公鼎金文の拡大

毛公鼎金文の青銅器表面の銘文写真の拡大写真イメージが公開されているようです。

台北の國立故宮博物院のサイト、です。

銘文の回りには方格の名残があるという話ですが、この部分には見えませんね。

posted by 山科玲児 at 11:53| Comment(0) | 日記

アマゾン ペイ フィッシングメール

「【重要】 Amazon Pay ご請求内容のお知らせ」という詐欺・フィッシングメールが来ました。
他にも受け取った人は多いようです。

かなり巧妙で、詳細ヘッダーをみても一見、アマゾンからのメールのようにみえます。

要注意です。

posted by 山科玲児 at 04:39| Comment(0) | 日記